この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

「世界遺産グアナファト」 "鉱山で発展したコロニアル都市" グアナファト大学やオペラハウスもある文化と歴史の街

guanajuato

メキシコシティーから北西にグアナファトへ向かう途中には世界遺産のケレタロや世界遺産サン・ミゲル・デ・アジェンデ、メキシコ独立の配所の民衆蜂起の地ドローレス・イダルゴなど風情のあるコロニアル都市が沢山あります。

DSC_7725

グアナファトはこの地域に住んでいたオトミ族から、"Mo-o-ti" (Place of Metal)と呼ばれていたように、銀の鉱山として栄えた町でもありました。今でもバレンシアーナ鉱山は銀を産出しています。(今も稼動しているバレンシアナ鉱山の近くにある、バレンシアナ聖堂↓)

la valenciana church 2

ケレタロやサン・ミゲル・デ・アジェンデが農業や酪農を中心としたコロニアル都市だとすればグアナファトは鉱山を中心としたコロニアル都市です。同じく世界遺産のプエブラにあるロザリオ礼拝堂の眩いばかりの22Kの金箔はグアナファトから運ばれています。

guanajuto

街の中心にあるグアナファトのカテドラル(大聖堂)

DSC_7731

グアナファトの鉄道の駅だった建物で、今でも3本のホームの跡が見えます。現在は庶民のマーケットになっていて週末は家族連れに賑わっています(↓)

DSC_7722

スペイン植民地時代に穀物倉庫だった建物(現在は博物館になっている↓)1810年に民衆蜂起が起こり、グアナファトの貧しい鉱夫だったピピラが決死の覚悟で岩の盾を背負って入り口の木の扉に火を放ち襲撃した所で、今でも多くの銃弾の跡が壁に残っています。

DSC_7723

グアナファトではバスも車も地下道を走っています。元々は3つの大きな川が街中を流れていたのですが、鉱山で水を使い果たしてしまったためそこが道路になったという訳ですが、今でも下水道の跡などを見る事ができます。

DSC_7728

グアナファトの名物「口づけの小径」(↓)貧しい鉱夫の若者(左の建物)と裕福な家の娘(右の建物)が数十センチしか離れていない窓越しに恋におちたラブストーリですが、最後は娘さんは父親に殺されてしまうという結末。

DSC_7727

街の中心にある「フアレス劇場」(Teatro Juarez)マリア・カラスもメキシコ公演の際にここで公演を行ったとの噂もありますが、事実関係は調べられませんでした。

DSC_7732

今もオペラやコンサートを定期的に催しているとの事。大変立派な劇場です。

DSC_7733

グアナファトのもう1つの見所「ミイラ博物館」(↓)200体以上のミイラが展示されていて、あまり気持ちのいい展示ではありませんが腐らずに保存されているのはグアナファトの土壌と気候がなせる業です。

DSC_7724

 鉱山で銀の精製で使った大量の水銀が土壌に残っていたために腐らなかったとの説もあるようですが、、こちらの信憑性は薄いようです。

guanajuto2

グアナファトはまた、学生と若者の街でもあります。週末は近隣の街から若者が集まってきてナイトライフを楽しんでいます。

DSC_7735

18世紀からの歴史を誇るグアナファト大学は、ハイスクールを含めて30,000人の生徒がおり、世界中からのも留学生を集めているそうです。

DSC_7736

農業と酪農を中心として発達したコロニアル都市ケレタロ、サン・ミゲル・デ・アジェンデとは富の蓄積が違うためでしょうか、、芸術・文化の厚みさえも感じられるグアナフォト。是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

[geo_mashup_map]

関連ツアー】
メキシコ中央高原・世界遺産と銀の街道 5日間
メキシコ中央高原 世界遺産の旅テキーラとマリアッチの故郷を訪ねて~
メキシコ中央高原・6つの世界遺産と天使の街 5日間
メキシコ世界遺産巡り 9日間(デラックス コース)
メキシコ世界遺産巡り9日間(スタンダードコース)
マヤ遺跡、ユカタン半島とカンクン 7日間(デラックス コース)
マヤ遺跡、ユカタン半島とカンクン7日間(スタンダードコース)
メキシコシティとカンクン5日間 (デラックス コース)
メキシコシティとカンクン5日間 (スタンダードコース)

【関連記事】
「世界遺産ケレタロの歴史地区」1531年に始まったコロニアル都市
世界最大級のピラミッドが盛り土で隠されて頂上に「ロス・レメディオス教会」
世界遺産『プエブラ歴史地区』16世紀の最先端の都市計画で造られた
世界遺産サン・ミゲル・デ・アジェンデ」 17~18世紀の趣きのある建物
サムライたちがメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点
世界遺産「チチェン・イツァ遺跡1日観光」マヤ文明の秘密を探る!

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.