この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

サンフランシスコ発ナパバレー・ワイナリーツアー SFO郊外のワインカントリーを訪れる人気ツアー その①

先月10月のある週末、我らのMyBus ニューヨーク市内観光ツアーなどで活躍の長谷川ガイドが、反対側の西海岸はサンフランシスコの小旅行へ。おいしいワインに対する情熱が伝わってくる、ナパ・バレー ワイナリーツアーのリポートが届きましたので皆様にも紹介させて頂きます。ちなみに、長谷川さんが参加されたのは、このツアーです。

カリフォルニア・ワイナリーツアー

Napa-Mondavi-grape1-500x375

数年前にロングアイランドのノースフォークのワイン地帯に魅せられ、ワインについて独学するうちに、1976年にパリで開催された万博で起きた、ワイン史上、前代未聞の出来事を知りました。パリのワイン商が主催したフランス対カリフォルニアのワインのブラインドテイスティングで、権威あるフランスのワイン評論家らが、赤白ともカリフォルニアに軍配を挙げたというもの。フランスワインが負けるはずはないとたかをくくっていた評論家の驚きはいかばかりだったでしょうか。この時、出品されたカリフォルニアワインの一つが、ナパの北、カリストガにあるシャトー・モンテリーナのシャルドネでした。この出来事をまとめたタイム記者の著書「パリスの審判」を読んでとても感銘を受けた私は、ずっと米国のワインの聖地に詣でることを夢見ていました。

Napa-Mondavi-500x375

<写真:ロバートモンダビワイナリー>

サンフランシスコ市内からゴールデン・ゲート・ブリッジ(金門橋)を渡り、美しいマリーナのあるサウサリートを通過。そのうち畑や牧場の丘陵地帯になり、牛がのんびり草をはんでいる光景や、ニューヨーク・ロングアイランドではあまり見かけない糸杉やポプラが並ぶ風景が広がってきます。やがて私たちのミニバスは、ぶどう畑が一面に広がるワイナリー街道に入ってきました。

6b44f70ff667a4106bbd-L

<写真:地下秘密基地のようなオーパスワンワイナリー>

10月はぶどうの収穫が一段落する時期ですが、遅摘みのぶどうを積んだトラックが、私たちの横を走り過ぎていくのが見えたりし、だんだんワインの気分になってきました。ワイン酒屋で見覚えのあるカリフォルニアワインのワイナリーも次々に見え、ロバート・モンダヴィ・ワイナリーはボトルのラベルとそっくりで胸が躍りました。

9a1e7680176daa56392e-L

<写真:ワイントレイン>

62ac229f90946fed2cd1-L

ワイン街道に沿って、列車を豪華レストランに改造したワイントレインの駅が見えました。そこを過ぎるとまもなく一軒目のガーギッチ・ヒルズ・エステートに到着です。

>>後編につづく・・・・

【関連記事】
・高品質なカリフォルニア・ワインの育ての親ロバート・モンダヴィのワイナリー
ナパバレーを眺望できる丘の隠れ家的リゾート『オーベルジュ・ド・ソレイユ』
・V.サットゥイのオーナーが12年間かけて完成させたナパバレーの愛の城
ワイナリーの全ての施設が洞窟の中にあるという驚きのワイナリー
世界を驚かせた1976年のパリス審判で白の王者となったワイナリー
『神の雫』で「幻の銘酒」と呼ばれたマーサズ・ビンヤードのカベルネ
1986年のパリスの審判リターンマッチで赤ワインで1位のカベルネ

【関連ツアー】
ナパ・ワイナリー ~シャトーモンテレーナや最高峰ワイナリーと洞窟ワイナリー
ナパバレー・ワイントレイン アンティークなグルメ車両+ワイナリーツアー付き
ナパ・ワイナリー ~一味違ったナパバレーの古城や宮殿風のワイナリー
【JTB限定】ケンゾー・エステイト・ワイナリーとナパ・ワイントレインツアー
ナパ・ワイナリー・ツアー ~パリスの審判でゆかりのあるワイナリー
・ヨセミテ国立公園とグレーシャーポイントとマリポサ グローブツアー3日間
サンフランシスコ半日観光+アルカトラズ島1日観光

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.