この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

サーファーだけじゃない!だれでも一味違ったハワイを楽しめる憧れのノースショア その1

 サーファーの憧れの地「ノースショア」冬にはビッグウェーブが押し寄せて、たくさんの観光客で賑わいます。ワイキキから32マイル、約40分強で来ることができます。

ワイキキからハイウェイーH1を約6マイル、H3を北に乗り換えて80号線から99合繊に乗り換え、ドール・プランテーションを過ぎてパイナップル畑を走ると、前方にハレイワの町、視界の端から端に広がる水平線が目に入ってきます。  まさに絶景!

サーファーのメッカだけあって、町の北にある「サーフ&シー」というお店には、サーフボードがところ狭しと並べられてます。

ここでは、サーファーが主役。サーファー横断中という標識がブランドになったT-シャツ。 これはお土産としては面白い!

ここでは、オリジナルなT-シャツがファッションです。自分だけ気に入ったTシャツをどう着こなすか?たかがTシャツでも、いろいろ見ていると見る目が肥えてきました。
しかし、ここのお店のスタッフはみんなイケメン、中には日本語のできるスタッフもいました。

ワイキキとは一味違うローカル・テイストのあるお店が集まったノースショア・マーケットはMust Seeです。地元のアーティストの作品を集めたギャラリーもあります。ギャラリーの軒先ではガラス細工のデモンストレーションもやってます。

ノースショアでは、老舗のマツモト・シェイブ・アイスも有名ですが、ここコーヒー・ギャラリーも地元のファンが多いところ。もう20メートル先からコーヒーの香りがしてきて、迷わず店に入ってしまいます。

コナ・コーヒーはあるの?」店の棚にはコナ・コーヒーの豆は売ってますが、ここでは飲めません。飲めるのは、地元で取れたコーヒー。 これがまた、美味しい! 

ローカル色のあるお土産は数ありますが、このオバマ人形は笑えます。来年もこの棚に並べてあるかは、わかりません。

ここノースショアで似合う車は、カマロ、コルベットのコンバーティブルよりも昔のビートルやミニ・クーバーの個性のある、原色系のかわいらしい車がしっくり来ますね。

ノースショアはサーファーでなくても、ワイキキと一味違うハワイを楽しめること請け合い!ツアーで来ても良し、レンタカーでぶらりと来ても良しです。ちなみにダラー・レンタカーだと日本語のドライビング・マップが内蔵されたナビを借りられます。

JTBの" Fun Drive in Hawaii"というパンフには詳細なドライブ・マップと観光スポットが満載。出発前に是非チェックください。

【関連記事】
ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
ハワイ王国7代目カラカウア王の命で建てられた宮殿『イオラニ・パレス』
時間があれば是非足を運んでみたい『ビショップ・ミュージアム』 
ワイキキでゆっくりと過ごしたいなら、ハレクラニ ホテル。
ワイキキで特別な日に行きたい❤ レストラン 『ラ・メール』 
アラモアナ・センターの高級デパートにあるマリポサ・レストラン

【関連ツアー
ハワイ島日帰り観光
マウイ島日帰り観光
アトランティス・プレミアム・サブマリン
サークル・アイランド・ツアー
3スター・ディナー・クルーズ(送迎付)
ポリネシア文化センター スタンダード
ポリネシア文化センター デラックス
ドルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズ
パールハーバーとアリゾナ記念館&戦艦ミズーリ・ツアー
ジャングル・ハイキング・ツアー

 

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.