ノーマン・ロックウェルが描いたストック・ブリッジ「レッドライオン・イン」 

 ノーマンロックウェル美術館とストックブリッジの町を訪ねて

秋も深まる10月、ぶらっと一行は紅葉がきれいなニューイングランド地方の町ストックブリッジを訪れます。ここはアメリカの人気近代画家ノーマン・ロックウェルが晩年を過ごし、多くの作品を残したことで知られています。ランチタイムには彼の作品を彷彿させるこの可愛らしい町を散策し、由緒ある“レッドライオン・イン”のレストランで、レトロな雰囲気の中お食事はいかがでしょう? そして町郊外の森の中に建つノーマン・ロックウェル美術館に足を踏み入れれば、「あ!この絵見たことある!」そんな作品がたくさんご覧頂けます。

お席は残りわずかです! 今すぐ上記からオンライン予約、または次までご連絡ください。1-800-LOOKJTB(566-5582)   look@jtbtn.com

 マンハッタンから北へ約・3時間、マサチューセッツ州の小さな可愛らしい町ストックブリッジがアメリカ近代画家の巨匠ノーマンロックウェルの愛したそのままの姿で残っています。

f339d7ee8a594155c9c5-L

あのどこかで見たことのある街並みが当時描かれたままのたたずまいを残しています。

ef0b8b904b2e456bdbd6-L

当時と変わってるのは、車と歩道わきの木々のサイズくらいですね。それからの人の服装も。

b07d602586814f0819c7-L

街のメインストリートにひときわ大きな白い建物・レッドライオンが。今回はこの宿泊施設でもあるレッドライオンの由緒あるレストランへ。

3cf9d87170a5cd16f713-L

ロビーだけでもレトロでゴージャスな雰囲気!

0146b2e3f381f1b6226a-L

ダイニングエリアもクラシックでセンスの良いスタイル。

eab0abf907e33695cd55-L

今回はランチタイムということでこのダイニングルームではなく隣に隣接するちょっとカジュアルな雰囲気のカフェレストランTovernへ。古めかしいデコレーションと簡素なスタイルにアメリカちっくなジャズのBGM.とっても落ち着きます。

5ea85d16b106066896be-L

バーの後ろにあるとっておきのテーブル。ここで数十年前にプロポーズをしたなんてカップルもいるんでしょうね。

81ca7aaa4d72ca9ce92a-L

カフェTovernではダイニングルームメニューも注文は可能(※ダイニングルームではTovernのメニューは頼めません)さて、今回注文したのは以下3品。レッドライオンスペシャル・ブルーチーズの載ったバーガー。久々に肉のしっかりした味を楽しみました!

edb94677b939702ecdb8-L

グリルしたサーモンの載ったディジョンドレッシングのサラダ。サーモンが油がのっていてとても美味でした!

dc56c834388b9d1f4623-L

バルサミコドレッシングであえたほうれん草とサーロインステーキのサラダ どれも美味。美味。美味。

b8d2d52d7503796f6e4b-L

お食事の後はギフトショップへ。色々なレッドライオングッツを発見!ここで今回食べたサラダのドレッシングも購入可能! その他クランベリーソースやニューイングランド風クラムチャウダーも売っていてお土産にぴったり!

4f6261c553c0532be579-L
9ec7a40b7396548a2ab6-L
3b829e6f894a2947e5ea-L

ロビーのいたるところに由緒ある絵や写真がさりげなく飾られていますが、よく見るとノーマンロックウェルのオリジナルのエッチングなんかもあって時間のたつのが忘れてしまいます。

62d599d21a94ddda72ab-L

ギフトショップを出て アンティーク調のチェステーブルが素敵なロビーの一角、ソファーに座って一休み。 ふと壁にかかった写真に目をやると・・・

c62a8dcd1be483ccfd2a-L

天皇皇后両陛下と若かれし頃の指揮者小澤 征爾の3ショットです!なぜこんなところに・・・  理由は定かではありませんが、こんな場所で思いもよらない‘日本’との遭遇になんだか妙に嬉しくなります。このレッドライオン、お食事を頂く時間は無くともギフトショップやレトロな雰囲気を味わいに訪れるだけでも価値はありますよ。 【カワ】

[geo_mashup_map]

【関連記事】
ノーマンロックウェル美術館 ~マサチューセッツ州~
豪華マンションが林立するアメリカ最古のリゾート「ニューポート」
ジョン・F・ケネディーの生家を訪ねる。アメリカ人の心に生きる偉大な大統領
ニューヨーク郊外ナッソーカウンティー美術館とアインシュタインの言葉
テディ・ルーズベルト邸とバンダービルト邸を訪ねて(旅行記①)
NY5番街のミュージアム・マイル「フリック・コレクション」「グッゲンハイム」etc..
メトロポリタン美術館の分館 「クロイスターズ」

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.