この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

涼しい時間・ウォータータクシーでボーエンアイランドへ行ってみよう!アーティストの集まる島 "Bowen Island"

バンクーバー島に行く場合、フェリーターミナルまで約1時間かけて移動し、その後BC FERRYに揺られて行くのが一般的ですが、バンクーバーから一番近い島・ボーエンアイランドへは、グランビルアイランドからウォータータクシーで直行もできます。その時間、なんと...35分!あっという間に癒しの島に到着です。

ウォータータクシーを運行しているのは、English Bay Launch社という小さな企業です。地元でもあまり知られていないこのウォータータクシー、歴史は意外と長く、当社は2代目です。2009年10月、当時運行していたウォータータクシー会社が閉鎖することになり、ボーエンアイランドに住む島民の足として、ボーエンアイランドを訪れる観光客の早い移動手段として、ウォータータクシーを存続させたいと引き継いだそうです。

12名乗り(1台)と8人乗り(2台)計3台が、週末の2日間、1日6便の往復運航を行っています。運航期間は、5月第3週目(祝日:ビクトリアデー)から9月第1週目(祝日:レイバーデー)までの毎週末です。プライベートチャーターは、どの季節も手配可能です。

街の中心から出発する便利さのみならず、35分間の景色はクルーズに劣りません。

ウォータータクシーは、グランビルアイランドを出発後、バラード橋下を抜け、右にダウンタウンやイングリッシュベイ、左にキツラノやUBCの景色を臨みながら、太平洋に出ます。

通常は岸から遠くに見ている停泊中の大型船も間近かに見えます。

「まつうら」と書かれた停泊中の船舶

途中、ウエストバンクーバーの灯台や高級住宅地、連なる山々などの風景も楽しめます。

ボーエンアイランドは、人口3400名の小さな島です。バンクーバーの避暑地的な役割りもあり、夏の休暇だけを過ごす別荘も多くあります。

バンクーバーの避暑地的な役割りもあり、夏の休暇だけを過ごす別荘も多くあります。島では、2-3時間の森林浴ハイキング、ゴルフ、シーカヤックなどを楽しんだり、地元アーティストの作品が並ぶ屋外マーケット(週末のみ)で、ゆったりとした”涼しい時間”を過ごせます。

[geo_mashup_map]

Comments are closed.