ニューヨーク/マンハッタン

見た人の心が揺さぶられる『王様と私』 - The King and I

LCT-TKI-0061M-TelechargeAssets-5x7in-4C

マーガレット・ランドンが1944年に発表した小説『Anna and the King of Siam』を原作として、1951年に初演されたミュージカル作品。当時はアンナ・レオノーウェンズ役にガートルード・ローレンス、シャムの王様役はユル・ブリンナーが配役され、トニー賞の最優秀ミュージカル賞、主演女優賞、主演男優賞を勝ち取りました。その後、アンナ・レオノーウェンズ役はリバイバルのために何度も変わりましたが、シャムの王様役はほぼ変わらず、ユル・ブリンナーが演じていました。また、1956年に映画化された作品もシャムの王様役はユル・ブリンナーが出演しています。

音楽はロジャースとハマースタイン(最近までブロードウェーで公演されていたシンデレラも彼らの作品)、「Shall We Dance?」「Getting to Know You」など聞いたことがある音楽が流れます。今回の『The King and I 』のリバイバル作品ではアンナ・レオノーウェンズ役はケリー・オハラ、シャムの王様役は渡辺謙が演じています。

 

☆★ストーリー☆★
舞台は19世紀のタイ。イギリス人女性・アンナはタイ王国の王子・王女の家庭教師として、首都バンコクの王宮に迎えられる。アンナは、封建的なタイ王室に近代の風を取り込もうとして、伝統としきたりを重んじる頑迷な王様と対立してしまう。しかし、衝突と対立を繰り返しながら二人は次第に心を開き始める。

 

☆★見どころ☆★
6月7日のトニー賞でリバイバル作品賞と主演女優賞、助演女優賞、コスチュームデザイン賞の4部門を受賞。主演女優賞のケリー・オハラは6回目のノミネートの末の初受賞。彼女の歌唱力と演技力は見ものです。

The King and I Kelli O'Hara and Ken Watanabe Bartlett Sher: Director Credit Photo: Paul Kolnik studio@paulkolnik.com nyc 212-362-7778
また、渡辺謙が演じている時よりコミカルな一面を見せる王様にもどんどんひかれていきます。


でも、一番の見所は「Shall We Dance?」でアンナと王様が一緒にポルカを踊るシーンです。
胸がじーーんとしてきます。。

トニー賞の受賞を受けチケットが手配が難しくなるかと思います。鑑賞をご希望の際にはお早めにご予約ください。

 

by ムラ

JTBルックアメリカンなら日本語で格安チケットがすぐに購入可能。チケットの事前郵送もなく、当日窓口受取だから紛失や盗難の心配もないので安心。ぜひご利用下さい。

お得なショーチケットを今すぐ検索!

【劇場】
Vivian Beaumont Theatre
150 West 65th Street
New York, NY 10023
(Lincoln Center内)

 

【関連記事】
『Aladdin』 is a whole NEW world!! ~ ミュージカル アラジン ~
奇妙で無表情な3人組、ブルーマンって一体何だ??
『オペラ座の怪人』ニューヨークに来たらまず観てみたいブロードウェイ
感動のミュージカル!ライオンキング【THE LION KING】
「ウィキッド」WICKED 大人気の秘密!
ミュージカル【シカゴ】が今熱い! Broadway Musical “CHICAGO”
マンハッタンとニューヨーク郊外の情報満載の【NY特集サイト】はこちら!

【関連ツアー】
ブロードウェイ・プリシアターディナーとミュージカル・ナイト
ニューヨーク1日市内観光 ~マンハッタンストーリー・デラックス~
夜景ざんまいツアー ~マンハッタンの夜景を満喫します~
ニューヨーク発ナイアガラ1日観光 ~往復航空機利用、昼食付き~
「鉄道の旅」アムトラックで行く首都ワシントン1日観光
メトロポリタン美術館 「美術専門ガイドによる解説ツアー」

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.