この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ナイアガラの滝観光 ニューヨーク発 の人気ツアー~世界3大瀑布を体験~ 旅行記①

 日帰りのニューヨーク発着の現地ツアーの中でダントツの人気ツアー!~世界3大瀑布 ナイアガラの滝を1日で観光~一日日帰りでカナダへ入国!  往復飛行機利用! ナイアガラのが見えるレストランでの昼食付き!滝壺へとむかって行く遊覧船「霧の乙女号」(※1)は想像以上のド迫力!そんなお得感たっぷりのツアーへ参加して憧れの「ナイアガラの滝」へ行ってまいりました!

Niagara

JFK空港での集合時間は7時30分。(※2)ねむーい・・・いつにも増してまわらない頭、しょぼしょぼの目、ぼさぼさの髪のまま、空港へむかう。旅の道連れ衆であるYさん&Kくんと集合場所で合流。おーはーよー・・・(ゾンビ状態)(マンハッタン市内指定ホテルからの送迎つきコースもあります!)このツアーは、フライト中の添乗員さんはつかないのだけど、旅行会社の係員さんが空港で待っていて、Eチケットの発券手続きなどを代行してくれたので、最新設備に弱い私なぞ、横で「ほー」と無責任に感心している間にぜんぶ終わってしまった。楽ちんだ・・・しみじみ感動。セキュリティーチェックを早々と済ませ、ゲート前で紙コップのコーヒーをすすりながら雑談し、そうこうするうちに搭乗案内が流れて搭乗。利用するジェットブルーの飛行機の中では、真っ青のポテトチップス(おいしい!)にものけぞったけど、座席前のモニタでアメリカのテレビ番組も選ぶことができて、さらにびっくり。料理番組を見ること約50分、あっという間にバッファロー空港に着いてしまった。 到着ゲートをでたところのバーガーキングが現地のスタッフの方と合流する目印。

01

ゲートをでたところで、今日1日お世話になるガイドさんと合流したあと、ミニバスに乗り込んで、ナイアガラへ出発!バスの中では、ガイドさんの自己紹介からはじまり、入出国時の注意事項、ナイアガラの歴史などに耳を傾ける間にも、ナイアガラの滝は徐々に近づいてくる。じつは昨日の夜、インターネットで確認したときは「ナイアガラは雷雨」の予報で、でも、こればっかりはしかたないよね・・・と覚悟していたのだけど、現地は「曇り」で、雨もふっていない。こりゃあ幸先がいいぞ!「普段の心がけがいいからねー」とそれぞれ自分の鼻を指さして、恩を着せ合っているうちに、アメリカとカナダを結ぶ国境の橋「レインボー・ブリッジ」に到着。

いったんここでバスをおりて、カナダに入国・・・といっても、小さな建物に入り、パスポートに「ぽん!」とスタンプを押してもらうだけ。所要時間5~10分。なんと・・・こんなに簡単に国境を越えられるとは。 ※3 国境を越えたあと、またミニバスにのって、滝の上流へ。難破船の残骸エピソード、タルに入って滝つぼダイビングに挑んだ人の話など、ガイドさんの話は尽きない。

 難破船の残骸
02

その後「テーブルロック」にて、約20分の自由行動。
03

 

 テーブルロック。滝壺を見るならここ!
04
カナダ滝のすごいことといったら、目の前でドウドウと轟音とともに滝へ落ち込んでいくその迫力!わー手が届きそう! 今日は水しぶきがすごい!少し離れたところでも、滝の水しぶきが霧雨のように降り注ぎ、これなら多少雨がふっていても気がつかないのでは・・・ハイシーズンにはまだちょっと早い時期とあって、だんだん肌寒くなってきたので、ショッピング・アーケードに避難。タオルを持っていってよかった。天然のマイナスイオンをたっぷり浴びたあとは、滝から歩いてすぐの「シェラトン オン ザ フォールズ」ホテルの中にあるレストランにてランチタイム。シェラトンでのランチへいく途中で、クリフトン・ヒルをチラ撮り。

14

 さて、テーブルロックから歩いて数分にあるシェラトン。
05

窓の外に滝が見える上に、大好きなバイキング形式で「うっほほーい!」状態。あれもこれもと欲張ったあとで、デザートの巨大ケーキにも手をだしてみる。コーヒーは無料だったけど、ビールは追加料金が必要だった。

 滝の見えるレストラン♪ 
06

ランチの後は、本日の目玉「霧の乙女号」の乗船。船着き場の手前で、ビニール製の青いカッパ(霧の乙女号ロゴ入り/お持ち帰りOK)をもらって、いざ乗船!

 船着き場の青カッパ軍団
07
アメリカ滝。崖部分にぽちぽちとある白い点が人間です
滝の大きさがわかるでしょうか?
08
 エキサイティングですっごく楽しい「霧の乙女号」。
ストレス解消にもぴったり!
09

アメリカ滝あたりまでは「おお、滝だ」くらいの気持ちだったけど、徐々に風が強くなる、水しぶきが激しくなる、轟音が大きくなるーーー! うわあぁぁぁぁぁぁぁl!

 Niagra_Falls_4024745_highres

 ※観光ルート、内容は変更となる場合があります。
※1 冬は「滝の裏側のトンネル」を観光します
※2 集合時刻はその日の利用フライトパターンによって異なります。
※3 米国・カナダ出入国に必要な書類はお客様各自の責任のもとご参加下さい。

arrow0603ナイアガラの滝1日観光の旅行記 その②に続く・・・・・・・・・・・・・・・

 

【関連ツアー ニューヨーク発】
・ ニューヨーク発ナイアガラ1日観光 ~世界3大瀑布のナイアガラの滝~
・ニューヨーク発 ナイアガラの滝1泊2日 (デラックスホテルに宿泊)
・ニューヨーク発 ナイアガラの滝 1泊2日(スーペリアホテルに宿泊)
・ニューヨーク発 ナイアガラの滝 1泊2日(スタンダード・ホテル利用)

【関連ツアー バッファロー、ナイアガラ発】
・バッファロー空港発ナイアガラ1日観光
・バッファロー空港発ナイアガラ1泊2日
・ナイアガラ アドベンチャーパス

【関連記事】
ナイアガラ・オン・ザ・レイク 200年以上も前のイギリスの風景
ナイアガラ・オン・ザ・レイクのワイナリー シャトー・デ・シャームs
ナイアガラの滝観光 ニューヨーク発 の人気ツアー~世界3大瀑布を体験
ナイアガラカナダ滝とアメリカ滝「シェラトン・オン・ザ・フォールズ」 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.