この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

「世界遺産サン・ミゲル・デ・アジェンデ」 17~18世紀の趣きのある建物と街中にアートが溢れた散策が楽しいコロニアルな街

DSC_7347

メキシコシティーから車で約3時間で世界遺産のケレタロに着きさらにケレタロからが小1時間でサン・ミゲル・デ・アジェンデに到着します。

migel de allende1

サン・ミゲル・デ・アジェンデのシンボル、ラ・ポロキア教会(↑)は17世紀、この地に住むゼフィーノ・グティーレス(Zeferino Gutierrez)という石工がヨーロッパのゴシック様式の教会の絵ハガキからインスピレーションを受けて建築したのだそうです。絵葉書1枚が設計図というのは、物凄い創造力です!!

DSC_7237

ラ・ボロキア教会はその威容からカテドラルと思われがちですが、司教は居なくあくまで地元の教会です。グアナフォト州のカテドラルはグアナフォトにあります。

DSC_7233

ラ・パロキア教会の直ぐ近くにメキシコ独立戦争の英雄イグナシオ・アジェンデ(Ignacio Allende)の家(↑)があります。現在は博物館(↓)となっていますが、風格があります。

DSC_7264

イグナシオ・アジェンデは、ケレタロ市長の妻のセーファ・オルティス・デ・ドミンゲスや独立の父を言われるミゲル・イダルゴと連携し、反乱軍の首長となり善戦するもアメリカからの帰途に部下の裏切りでスペイン軍に捕らわれ、斬首させられてしまいます。

DSC_7242

イグナシオ・アジェンデは今もメキシコシティーのラ・フォルマ通りにある独立記念碑の地下の霊廟に他の3人の英雄と共に永眠しています。以前は地下にある霊廟の見学ができたそうですが、現在は残念ながら拝観する事はできません。

DSC_7293

スペイン人は当初サン・ミゲル・エル・グランデと名で呼んでいましたが、1826年にイグナシオ・アジェンデの業績を称えて、彼の名を街の名に加えました。

DSC_7248

サン・ミゲル・デ・アジェンデのスターバックス(↑)、そしてホテル(↓)アメリカにある薄っぺらな佇まいとは趣が全然違いますね。

DSC_7266

サン・ミゲル・デ・アジェンデはまた坂の多い街です。

DSC_7282

最近では裕福なアメリカ人に人気が出ているようで、引退してから不動産を購入してこの街に移り住むカップルも増えているようで、所々にサザビーの不動産売りますの看板が見られました。

DSC_7252

世界遺産に指定され、ケレタログアナフォトと並び観光客に人気の街ですが20世紀初頭には一時、ゴーストタウンになり掛けていたそうです。

DSC_7278

美しいコロニアルの街に憧れた芸術家達が徐々に住み着くようになりアートスクール施設などが増えて現在に至っているのだそうです。

DSC_7286

今では裕福なリタイアしたカップルや観光客に加えてアーティストやライターを目指す外国からの留学生も多いそうです。

DSC_7309

17世紀、18世紀のコロニアル様式の趣の深い建物が立ち並び建物の奥には趣味のいいギャラリー、レストラン、民芸品のお店やカフェがあって、散策するだけで楽しい街です。

DSC_7312

ケレタログアナフォトまでも近く、生活の不便も無い、しかもアメリカには絶対に無いコロニアルの風情のある町並み、アメリカ人のお金持ちに人気があるのも十分に頷けます。 それは日本人にも同様! 是非訪れて見てはいかがでしょうか。

[geo_mashup_map]

【関連記事】
おすすめブランチ特集4:NYナンバー1(!?)ほわほわのパンケーキ
おすすめブランチ特集1:”good enough to eat” ホワッホワ!」のパンケーキ
ニューヨークのハンバーガー「元祖」バーガーショップ-BURGER JOINT-
ニューヨークのチーズケーキ☆人気ランキング【第1位】
ニューヨークのベーグル☆人気ランキング【第1位】
おしゃれビル内のタイムワーナーのオススメcafe BOUCHON BAKERY
小さいけれど、おいしいカフェ☆FALAI PANETTERIA☆
search 「ブラックキャ二オン国立公園」 700メートルの断崖絶壁がある知る人ぞ知るコロラドの秘境  マンハッタンとニューヨーク郊外の情報満載の【NY特集サイト】はこちら!

【関連ツアー】
ニューヨーク1日市内観光 ~マンハッタンストーリー・デラックス~
夜景ざんまいツアー ~マンハッタンの夜景を満喫します~
ニューヨーク発ナイアガラ1日観光 ~往復航空機利用、昼食付き~
「鉄道の旅」アムトラックで行く首都ワシントン1日観光
メトロポリタン美術館 「美術専門ガイドによる解説ツアー」

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.