この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

樹齢4,000年以上の老木が林立するエンシェント・ブリストルコーン・パイン・フォレスト 世界最古の木と言われる推定樹齢4,844年のメトセラが現生するインヨ・ナショナル・フォレスト

カリフォルニア州には世界最大の巨木と言われるジェネラル・シャーマンと呼ばれる木が「セコイア・キングスキャニオン国立公園」にあります。そして、世界一高い木といわれるセコイア「ヒューぺリオン」がカリフォルニア州の北にある「レッドウッド国立・州立公園」にありますね。では、世界最古の老樹というのはどこにあるのでしょう??

答えはカリフォルニア州です。

DSC_9196

ロサンゼルスから北に395号線を約5時間ほど走った、Inyo National Forest内のホワイト・マウンテンに樹齢4,000年を超えるブリストルコーン・パインという樹木がなんと十数本もあります。

DSC_9307

世界最古と樹木と言われるブリストルコーン・パインの木は、900才以上生きたといわれるノアの洪水以前のユダヤの族長の名から、メトセラ(Methuselah Tree)と命名されています。

DSC_9214

メトセラという名はブリストルコーン・パインの研究に一生をささげたシュルマン博士が命名したもので、1957年に測定した際は樹齢4,789歳だったので、現在は樹齢の4,845歳です。これは紀元前2,832年に発芽したというになります!

DSC_9237

ブリストルコーン・パインは標高約3,000メートルの高地に生息し、強い紫外線や過酷な気候条件(乾燥地、決して肥沃ではな土壌、斜面、極寒、積雪など)に耐えて、10年間に2~3センチメートルという遅い成長速度で何千年も生き抜いて来た種です。

DSC_9249

世界一の老樹と聞くと、セコイアのような巨木をイメージしますが、ブリストルコーン・パインは成長が極端に遅いので4,000年以上の老樹でも小ぶりです。

DSC_9271

ブリストルコーン・パインの寿命は約5,500年と言われていますが、確認されている最も高齢だった木は1964年に研究のために伐採されてしまった、プロメテウスと名付けられたブリストルコーン・パインの木で当時で4,844歳、もし伐採されなければ4,893歳になります。

DSC_9301

エンシェント・ブリストルコーン・パイン・フォレストにはビジター・センターから出発するトレイルが2つあって1つは約1マイル、もう1つは約4マイルです。最長寿のメトセラは4マイルのトレイルの近くにありますが、場所は保護のため残念ながら一切公表はされていません。

DSC_9304

ブリストルコーン・パイン・フォレストには、樹齢4,000年を超える老樹が十数本あるそうですが、保護のため看板が出ているわけでは無いので、特定はできませんが樹齢2,000~3,000年の木は至る所にあります。

DSC_9230

標高3,000メートルのトレイルから広がるシエラ・ネバダ山脈のパノラマ・ビューそして数千年の風雪に耐えて今もなお行き続ける、ブリストルコーン・パインの老木の数々。ヨセミテ国立公園、セコイア国立公園からも数時間のドライブ、世界一の巨木と、世界一の老樹を見る、一味違う旅行をされてみてはいかがでしょうか?

[geo_mashup_map]

【参照サイト】
Inyo National Forest
www.fs.usda.gov/main/inyo/home

【関連ツアー】

・ヨセミテ国立公園・エクスプレス 2日間 (ヨセミテ・ビューロッジ)
・ヨセミテ国立公園・エクスプレス 2日間 (ヨセミテ・ロッジ/日本語コース)
・ヨセミテ国立公園・エクスプレス 2日間 (アワニー ホテル/日本語コース)
search 「ブラックキャ二オン国立公園」 700メートルの断崖絶壁がある知る人ぞ知るコロラドの秘境  行ってみたい国立公園・モニュメントから簡単に選べるツアー一覧表! 

【関連記事】
ヨセミテ国立公園、セコイア、デスバレー3大国立公園を制覇! 旅行記
ヨセミテ国立公園 ちょっとマイナー見所いろいろ
ヨセミテ国立公園に行ったら、アワニーホテルでお食事を!
灼熱の「デス・バレー国立公園」何も育たないアメリカで最も暑い場所!

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.