サウスダコタ

~アメリカンスピリッツを求めて②~ 「バッドランズ国立公園」バッファローと共に生きるネイティブアメリカンの聖地へ

前回「美しきアメリカの田舎」サウスダコタ州のハイライトのひとつ、マウントラッシュモアについて書きましたが、今回はサウスダコタ州にある2つの国立公園のひとつバッドランズ国立公園をご紹介したいと思います。
前回のブログはこちら→

 

バッドランズ、そこは荒れた地であり、聖地

ラピッドシティから大平原の中を約1時間ほど車を走らせると、忽然と岩山が姿を現します。

SD2_1

ここはサウスダコタ州唯一の国立公園「バッドランズ」。その名の通り「荒れた地」で、もともとはスー族インディアンの保留地でした。19世紀後半にアメリカ政府はこの地を永遠にスー族のものと認定しましたが、すぐに国立公園に指定してしまったそうです。50万年の歳月をかけて堆積と侵食を繰り返してできた壮大な荒野は絶景です。化石の宝庫でもあります。

SD2_2 SD2_3 SD2_4

トレイルもいくつかありますので是非足を踏み入れて自然の驚異を体感してみましょう。
バッドランズを間近に感じたいにお勧めなのは「ドア・トレイル」。1周約1.2キロほどで、前半は整備されたボードウォークを歩くのでとても歩きやすく、途中岸壁のふちに立って壮大なバッドランズのビューを楽しめます。

SD2_5 SD2_6 SD2_7

SD2_8

ヘビに注意!

ラピッドシティに戻る途中、世界最大のドラッグストアとして有名な「ウォール」に立ち寄りました。
ここはドラッグストアというより、サービスエリアのような施設で、レストランやショップ、ミュージアムやゲームコーナーなどがある楽しいレジャースポットです。

実はこの「ウォール」には興味深い歴史があります。
1931年に何もないこの地にハステッド一家が小さなドラッグストアを開きましたが、なかなかお客さんがきません。通りすがりの車を見ていた奥さんが当時エアコンのない車で長距離ドライブに疲れきった観光客を多く目にし、「Free Ice Water」(無料の冷たい水)という看板を道路脇に立てたところ、多くの人が立ち寄るようになり大繁盛しました。そして観光客を楽しませるように今のような大規模な店になったようです。

SD2_9 SD2_10

ウェスタンハットやブーツなども豊富でアメリカらしいお土産が見つけれらるかも。他にも人気のアイスクリームやドーナツもあるのでゼヒお試しください。

SD2_11

名物のバッファローバーガーも食べました。
バッファローバーガーはビーフより脂肪分が少なくて、とてもヘルシーです。もっとパサパサしているのかと思いましたが、思ったよりビーフに近くてあまり味の違いは感じませんでした。

SD2_12

 

バッファローとネイティブアメリカン

バッファローを食してしまいましたが....  サウスダコタを旅する上で語らなくてはならないバッファローについて少しお話ししたいと思います。

カスター州立公園では野生のバッファローが数多く生息しています。
バスの横を悠々と歩くバッファローにも遭遇したりします。

SD2_13

昔からこの地に住んでいた先住民にとってバッファローは切っては切れない密接な関係にあります。バッファローはアメリカ大陸にかつて1500万頭が生息してたといわれ、先住民の大切な食糧であり、生活の道具でもありました。

SD2_14

この看板にあるように、バッファローの身体全てを生活の為に使っているという説明があります。
例えば毛皮は衣服やベッド、住居のテントを作るのに利用し、膀胱は水筒、骨は調理器具や狩猟の道具など、ありとあらゆる部分を使って生活していました。先住民にとってバッファローは生きていくために欠かせない存在であり、また神聖な動物として大切に敬い共存してきたのです。

ところが、19世紀半ば、アメリカの白人は先住民を支配下に置くため、彼らが食糧にしていたバッファローを殺害するようになりました。1902年には、イエローストーン国立公園内の個体はわずか20数頭にまで減少して絶滅の危機にありました。その後、懸命な保護活動によって生息数が現在は3万頭くらいまで回復しているようです。

ところで、バッファローとは実は俗称で、正式な学名はアメリカンバイソンです。
もともと、先住民たちの言葉で「バイソン」と呼ばれていたのですが、白人の入植者たちが、なじみのあるヨーロッパの水牛(バッファロー)と呼んでから定着していってしまったようです。
ここからは正式にバイソンと呼びましょう。

SD2_15

そしてちょうど、サウスダコタを訪れていた、昨年の2016年5月9日、このバイソンがバラク・オバマ大統領より「アメリカ国定哺乳類」に指定されました!
その理由は、バイソンはアメリカの歴史的な象徴であり、多くの先住民の経済および精神生活と密接に結びついているからだとのこと。アメリカの国鳥、白頭ワシとともに晴れてバイソンがアメリカを象徴する動物と認められたのが嬉しいですね。

サウスダコタの先住民の歴史、生活を語るにはバイソンは欠かせない存在なのでした。
みなさんも今なお根付くアメリカンスピリットを求めてサウスダコタを旅をしてみませんか。

by フィオナ

【関連記事】
バッドランズ国立公園 50万年の歳月が生み出した想像を絶する荒野
マウントラシュモア国立記念公園 世界中から300万人訪れるアメリカ民主主義の殿堂
サウスダコタの観光はラピッドシティーから!歴代大統領の銅像がいたる所にある街
マウントラッシュモア/アメリカのもう1つの象徴
~お客様体験談~『マウントラッシュモア体験記』 - Mt. Rushmore
~お客様体験談~ イエローストーン、マウントラッシュモアと化石採集の旅①
クレージーホースに魅せられたケビンコスナー 映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」製作
国立公園内に宿泊!1日目:世界遺産イエローストーンとグランドティトン3日間

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.