この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

時間があれば是非足を運んでみたいハワイ州最大規模の博物館『ビショップ・ミュージアム』 Bishop Museum

ビショップ・ミュージアムは200万点のコレクションを誇るハワイ最大の博物館です。創立は意外と古く100年以上前の1889年、明治21年です。

ビショップ・ミュージアムの正式名称はバーニス・P・ビショップ・ミュージアム実業家のチャールズ・リード・ビショップ氏が、妻のバーニス・パウアヒ・ビッショップを称えて造ったためなのだそうです。

この愛妻家のビショップ氏はニューヨーク生まれで、ビショップ博物館創設者であるばかりでなく、現在の、First Hawaiian Bankの創設者でもあるとの事。

ビショップ氏が友人とはるばるニューヨークからハワイにやって来たのが1846年、24才の時、1849年にはハワイ王国の市民権を取得、そして1850年には周囲の反対を押し切ってカメハメハ王朝の子孫であるバーニス・パウアヒ・パキと結婚したのだそうです。

バーニス・パウアヒ・パキという方は、カメハメハ大王の直系、ひ孫にあたる王女でハワイ州のなんと9%にあたる土地を個人で所有していたのだそうです。

後にカメハメハ最後の王、カメハメハ5世となった、ロット・カプアイワ王子と結婚するはずだったため、ビショップ氏との結婚式には家族はほとんど参列しなかったとの事。

バーニス・パウアヒ・ビショップは乳癌のため52才の若さで他界しますが、当時44000人しか居なかったハワイの人々のために、2つのカメハメハ・スクールの建設を遺言として残したのだそうで、ビショップ氏がそれを実現したのだそうです。現在のビショップ博物館の建物は、その最初の学校だったとの事。

カメハメハ王朝の最後の王、カメハメハ5世は1872年に42才の短い生涯を閉じますが、その直前にバーニス・パウアヒ・ビショップに王位継承をお願いするも、断られてしまいカメハメハ王朝は断絶する事になってしまいました。バーニス・パウアヒ・ビショップが何故に断ったは夫のビショップ氏に送った手紙に綴られていたようですが、その手紙はサンフランシスコ大地震で破壊されてしまい、今も謎のままなのだそうです。ビショップ博物館はハワイの美術工芸品ばかりでなくバーニス・パウアヒ王女が相続した王家伝来の美術工芸品の数々を見ることができます。時間が許せば是非、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

[geo_mashup_map]

【参照サイト】
Bishoop Museum
1525 Bernice Street
Honolulu, Hawaii 96187
(808)847-8291
www.bishopmuseum.jp

【関連記事】
ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
ハワイ王国7代目カラカウア王の命で建てられた宮殿『イオラニ・パレス』
時間があれば是非足を運んでみたい『ビショップ・ミュージアム』 
ワイキキでゆっくりと過ごしたいなら、ハレクラニ ホテル。
ワイキキで特別な日に行きたい❤ レストラン 『ラ・メール』 
アラモアナ・センターの高級デパートにあるマリポサ・レストラン

【関連ツアー
ハワイ島日帰り観光
マウイ島日帰り観光
アトランティス・プレミアム・サブマリン
サークル・アイランド・ツアー
3スター・ディナー・クルーズ(送迎付)
ポリネシア文化センター スタンダード
ポリネシア文化センター デラックス
ドルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズ
パールハーバーとアリゾナ記念館&戦艦ミズーリ・ツアー
ジャングル・ハイキング・ツアー

 

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.