この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

『BLT ステーキ』 ワイキキ・トランプ・インターナショナル・ホテルにある取っておきのステーキ・レストランBLT Steak House Waikiki

ニューヨークの57丁目、ちょっとレストラン街からは離れていても地元のヤッピー族(古い!)に人気のBLTステーキがワイキキにも進出。

やっぱりニューヨークらしくトランプ・インターナショナル・ホテルの1階にあります。あの、ハレクラニからも歩いてたったの1ブロックです。

ホテル・ロビーからもは入れるバー。バーにしては、昼間は太陽がサンサンと入り込んで、夜にならないとバーの雰囲気になりません。

ステーキ・ハウスといえば、硬いぶつ切りのパンと相場が決まってますが、BLTは、なんと!しゃれたカフェで良くでてくるポップオーバーが出てきます。

そして、そしてチキンレバー・パテとトーストしたイタリアン・ブレッドも出てきます。ステーキ・ハウスとしては、ちょっと気が利きすぎてますね。

はたまた、なんとポップオーバーのレサピーも。ワイキキという観光地のせいでしょうかね?スゴイ!

。。。で、ポップオーバーは食べていくとこのようになります。美味しいので食べ過ぎると、あとがキツイのでご注意。

この日の3コースディナーの前菜は、はまちのポン酢和え。お寿司にしたら5~6巻ができそうなぶ厚さ!でした。

ステーキ用のソースも3種類も出てきます。ここまで来ると、えッ! ホントですか? って感じですが、これで万人向けのステーキの出来上がりってわけですね。

ハニーで和えたポテト。 これも気が利いた味付け。でもですね、、こんなにステーキの前にいろんな味を食べてしまうとホントの肉の味がわかんなくなってしまいませんか?

出てきました! 骨付きテンダーロイン16オンスの本命。厚さはちょっとわかりにくいですが、ゆうにクレジットカードの高さ以上。アメリカレストランにしては、焼き方がアンダーです。

お肉の前に出るものが意外に凝ってて美味しいので、やっぱり肉の味の印象は薄くなった感じがしないでもない。もちろん、味はトップクラスです。

7月のサンセットは8時くらいですが、デザートの時間には西日がうっすらと赤みを帯びてくるのが楽しめる、テラスのテーブルがいいですよ。

デザートも洗練されてます。でも、ピータールーガーのように昔からある、ごついぶ厚いお皿で出てくるとにかく甘くてでかいデザートが、ステーキハウスにはなんとなくしっくり来ると思うのは時代遅れなんでしょうか?いやいや、やっぱり固定観念でものを見てはいけませんね。美味しいものは素直に美味しい!これが正解でしょう。

ワイキキへ行ってみたくなったでしょうか?

icon_tourinfo_5

[geo_mashup_map]

【参照サイト】
BLTステーキ ワイキキ
223 Saratoga Road
Honolulu, HI 96815
http://www.e2hospitality.com/blt-steak-waikiki/

【関連記事】
アラ・モアナ・ショッピング・センターの「白木屋」銘菓プラザ
ビーチだけがハワイじゃない! 早起きして朝日を見に行こう!
ハワイで人気のステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」
「熱帯雨林を歩く」 ハワイのエコツアー

【関連サービス】
● ハワイ島日帰り観光
● マウイ島日帰り観光
● アトランティス・プレミアム・サブマリン
● サークル・アイランド・ツアー
● 3スター・ディナー・クルーズ(送迎付)
● ポリネシア文化センター スタンダード
● ポリネシア文化センター デラックス
● ドルフィン・ウォッチング&ウェスト・オアフ・クルーズ
● パールハーバーとアリゾナ記念館&戦艦ミズーリ・ツアー
● ジャングル・ハイキング・ツアー

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.