ニューヨーク/ブルックリン

もうすぐ日本にも上陸。ブルックリンのとっておきのブランチスポット「Buttermilk Channel」で本場アメリカのパンケーキ

ブルックリンの人気急上昇中のエリア、キャロルガーデンにあるButtermilk Channelを紹介します。店名のバターミルクチャンネルというのは、ニューヨークのガバナーズアイランドとブルックリン間の海峡の名前なのだそうです。なんだか、かわいい名前ですよねー。

img_5

ここ、地元の人たちに大人気のブランチスポットなんです。オープン30分後で、この混雑ぶりです。

img_1

ブラッディ・マリー(Bloody Marys-The Classic)とベリーニ(Bellini)
ブラッディ・マリーに刺さってるのは自家製ピクルス。ブラッディ・マリーは、このクラシックの他にも、生牡蠣が添えらえたものなど3種類ありました。ミモザはオレンジジュースですが、ベリーニは、スパークリングワインをピーチで割ったカクテルです。

img_2

バターミルクパンケーキ(Buttermilk Pancakes)
日本でブームの予感のアメリカのパンケーキ。お店の名前にも入っているバターミルクは、日本では、手に入りにくいミルクの一種。そのバターミルクを使ったパンケーキ。日本のホットケーキのようにパーフェクトなまん丸ではなく、ちょっといびつななのがアメリカ風。手作り感があって、良い感じだと思いませんか?3枚重ねでボリュームたっぷりのシンプルなパンケーキは、しっとりふわふわで、やみつきになりますよー。私たちは、ここのお店にくると、つい、いつも注文してしまいます。

img_3

エッグス・ハンティントン(Eggs Huntington)
エッグス・ハンティントンは、ここバターミルクチャンネル以外で見たことがありませが、イングリッシュマフィンの代わりに、バターミルクのビスケットを使ったエッグベネディクト。ビスケットは、イギリスのスコーンのようなもので、アメリカ南部の朝食の定番です。焼いたハムではなくて、生ハムが使われているのも珍しい。この生ハムが、ものすごく美味しかったです。付け合わせのサラダは、ドレッシングというよりは、塩中心の味付けで、とてもあっさりしていました。

img_4

フライドチキンや、フレンチトーストも美味しいですよー。なんと9月末に、原宿に、支店がオープンする予定だそうです。日本でも人気爆発の予感です。最寄りの駅は、地下鉄FとGラインのSmith-9th Stの駅で、そこから徒歩4分くらいですが、地下鉄FとGラインのCarroll StreetやBergen Stの駅を利用して、おしゃれなお店が集まるスミスストリートやコートストリートをぶらぶら散策しながらレストランに行くのも楽しいと思います。

img_6

by ya

Buttermilk Channel(バターミルクチャンネル)
524 Court St,
Brooklyn, NY 11231
http://www.buttermilkchannelnyc.com/

【関連記事】
ウィリアムズバーグのかわいいカフェ、ニューヨーク生まれのマカロン WOOPS!
今、ニューヨークで一番予約が取りにくい絶品イタリアン〜Lilia
人気のブルックリンのダンボでブロックパーティ
★Brooklyn Lager★ ブルックリン・ブリュワリーでビール三昧!
ブルックリンのトレンドセッターが集まる「ブルーボトルコーヒー」Brooklyn
ブルックリンで造られたオリジナルワインはいかが?『Brooklyn Winery』
ニューヨーク、ブルックリンのダンボ地区とウィリアムズバーグをお散歩
ブルックリンでオリジナルアクセサリーをつくる!〜BROOKLYN CHARM〜
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.