ニューヨーク/マンハッタン

ニューヨークのガバナーズアイランドで贅沢キャンプ、グランピング〜Collective Retreats

夏の間だけ解放されるニューヨークの島、ガバナーズ島にあるCollective Retreats(コレクティブ・リトリーツ)で、グランピングをしてきました。 グランピングとは、自然の中で、豪華で、ホテル並みな快適なキャンプを楽しむ、新しいカタチのキャンプ。最近、日本でも、流行っているみたいですねー。
img_1ガバナーズ島へは、フェリーで約10分。フェリー乗り場からコレクティブ・リトリーツへは、徒歩10分くらいでした。チェックインをすると、このミサンガをつけてもらいます。これは、ガバナーズアイランドの警備員が、私たちが、コレクティブ・リトリーツの宿泊者だと一目でわかるようにするためのものです。一般の人がガバナーズ島は、夜間は、閉鎖されるので、島に宿泊できるのは、このコレクティブ・リトリーツに滞在している宿泊者だけになります。夜間は、コレクティブ・リトリーツのい敷地内から出ることはできませんが、朝は、一般公開前の7時から10時まで、このミサンガをつけていれば、自由に歩くことができます。
img_2これが、今回私たちが泊まったサミットテント。めっちゃおしゃれだと思いません?インスタ映え間違いなしの、このインテリア。見た目だけじゃなくて、このキングベット、マジで、寝心地良かったです。テントの入り口と裏口、窓には、それぞれ、メッシュのインナーがついていて、虫が入りにくくなっています。それでも、夜中に蚊に刺されてしまいましたが。。。 エアコンはありませんが、扇風機が置いてありました。8月にテントは暑いかな?と心配していましたが、外から、風も入ってきて、に快適でした。9月に入って、だいぶ涼しくなってきたので、今の時期、グランピング にちょうどいいかもですね。寒い日用に、この電気ストーブも置いてあります。枕ものとには、携帯等の充電できるUSBポートがありました。ベットの後ろは、カウンターになっていて、下はセーフボックスとシャツ等がかけられるハンガーラックと棚、上には、電気ポットや、コーヒー、紅茶が置いてありました。クラーボックスもありました。img_3 img_4

私たちが利用したサミットテントは、2つのテントが繋がっていて、後ろ側が、専用の温水シャワー、水洗トイレ、洗面台のテントになっています。バスタオルやヘアドライヤー、バスローブも完備。アメニティは、全てビークマン1802で揃えてあって、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ローションとハンドソープがありました。ちなみに、サミットテントより小さめのジャーニーテントに宿泊の場合は、温水シャワー、水洗トイレ、洗面台は、共用だそうです。私たちが利用した時は、まだ工事中でしたが、専用バスタブやエアコンがついたシェルターもあるそうです。img_5これがテントからの景色。ベッドに寝転がりながら、自由の女神が見えるなんて、信じられません。img_8違う方向の窓からは、ニューヨークのスカイランが見えます。
img_9

昼間は、一般の人たちがいるので、ガヤガヤしていますが、夕方になると、日暮れ頃には、ずっと静かになりました。ニューヨークとは思えないくらい、静かで、リラックスした雰囲気が楽しめます。テントの前には、デッキチェアに座って飲むコーヒー格別でした。img_10 img_11夜のアクティビティも用意されています。まずは、キャンプの定番、ファイヤー。有料ですが、マシュマロを炙って、スモアができます。私たちは利用しませんでしたが、家族向けの映画の上映もあるそうです。img_12夜景も最高です。img_13日中は、ヘリコプターやフェリーの音が聞こえてきましたが、夜中や朝は、とっても静か。明け方、目が醒ますと、窓の外がピンクに染まっていました。テントから出てみると、こんな素敵なサンライズを見ることができました。感動ーーーー。
img_14 img_15初めてのグランピング 、とっても快適でした。自分でキャンプ用品を持って行ったり、テントを張ったりしなくても、キャンプ気分が味わえるし、アウトドア初心者というか、普段、全くキャンプに行かない私でも、ラクシュアリーに自然を楽しめて、グランピング、クセになりそうです。コレクティブ・リトリーツは、ニューヨーク州ハドソンバレー、コロラド州ヴァイル、イエローストーンなどにも、グランピングの施設を運営しているので、また試してみたいなと思います。ガバナーズアイランドのコレクティブ・リトリーツは、今年は、ガバナーズ島の一般公開が終了する10月までの限定です。いつもと違ったニューヨークの旅をしてみたい人や、週末のプチバケーションにもおすすめですよー。
img_16

by ya

Collective Retreats(コレクティブ・リトリーツ)
https://www.collectiveretreats.com/retreat/collective-governors-island/

Governors Island(ガバナーズアイランド)
https://govisland.com/

【関連記事】
オープンエアが気持ちいいガバナーズアイランドのレストラン〜Three Peaks Lodge
眺め最高なガバナーズアイランドのオイスターバー〜Island Oyster
おしゃれ度NO1のブルックリンで、BBQ外ごはん〜Pig Beach
季節限定で、ハドソン川に浮かぶ、おしゃれな船上バーGrand Banks
ジャージーシティからマンハッタンを一望できるルーフトップバー「Roof Top at Exchange Place」
驚く美味しさ!ハドソンヤードにオープンした新鮮魚介のスペイン料理「MAR」
夜景ざんまい『ゴールド』〜ディナーと夜景とエンパイアを満喫〜
ニューヨーク・ステーキハウスの人気ランキング☆ New York Best Steakhouse
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.