この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

クロアチア旅行記③ Day2: 11/20 クロアチア首都ザグレブへ

前の記事を読む<マドリッド編>》

マドリッドからドイツのフランクフルトへ、そこから乗り換えてクロアチア首都のザグレブに移動。前日の夜更かしのせいかどちらのフライトも機内で爆睡。離陸や着陸の瞬間もよく覚えていない・・・あっという間にザグレブに到着してしまった。どこでも寝ることができる自分の図太さに我ながらあっぱれである。

さて、ザグレブの話に入る前に簡単にクロアチアについて話をしておこう。

国名クロアチア共和国 (Republic of Croatia)
アドリア海に面した国で、旧ユーゴスラビア国の一つ。民族構成8~9割はクロアチア人。現地では自国を<Republika Hrvatska>と呼ぶらしい。(我々がJapanをニッポンと呼ぶのと同じことだろう)ちなみに英語だとCROATIAは“クロエーシャ”に近い発音。

言語:クロアチア語
飛行機の中で、出発直前に購入したガイドブックをもとに必死に簡単なクロアチア語の単語や挨拶を覚えようとするが睡魔を相手にK.O.・・・英語が通じるはず!となんの根拠もないのに強気でクロアチアに乗り込むことに・・・。

通貨:クナ(Kuna) ※補助通貨はリーパ(Lipa)。大体US$1=5Kn程。(2010年現在)

気候:首都のザグレブは内陸部なので大陸性気候、アドリア海沿岸は地中海性気候と地域によってだいぶ雰囲気が違う。

国の形はこんな感じ。 今回は地図上のZAGREB, SPLIT, DUBROVNIKの3都市周遊だ。

(お土産に買ったマグネットなので余計に見づらいかも知れない・・灰色の部分がクロアチア領土)

さて、ザグレブの空港から市内までは20~30分。到着便に合わせて出ている空港シャトル(30Kn)でバスターミナルまでやってきた。ここからトラム(路面電車)に乗り換えて市街へ。一応下調べによると「トラム乗車時に車内の刻印機で切符に刻印しないといけない」とあったので刻印しようと思ったが・・・・刻印方法がわからない・・・冷汗 というより、回りを見渡すと乗客で刻印をしている人がいないなので私も切符を握り締めたまま無言の着席。苦笑

※あとで地元の人に聞いた話によるとトラムはほとんどタダ乗り状態だそうだ。たまに車掌が回ってくるらしいが、そんな時地元の人は携帯で切符が簡単にオンライン購入できるらしく車掌さんがやってくる前に即座に購入して見せるそうだ。(ずる賢いというか便利な世の中になったものだ・・・)観光客ならやっぱり切符はしっかり乗車前にキオスクなどで購入しておくのがベター。

この時期(11月中旬)の日の入りは4時半頃と早く、この日はあまり観光らしい観光ができずに日が暮れてしまった。夕飯には少し早かったが、お腹が空いていたので事前にウェブサイトで読んだクロアチアの郷土料理の食べられるレストラン“VINODOL”へ足を運ぶことにした。

Vinodol(ヴィノドル)

伝統的な造りの建物はクラシックな雰囲気で地元の人にも人気だそうだ。

ここには“ペカ”という肉と野菜を鉄の蓋(鉄製の鈴型の蓋)をしたナベにいれて炭火の中で焼いた伝統料理が食べたいと思って訪れたのだが、人気である上スペシャルメニューの為売り切れといわれてしまった。 そこで、内陸部で有名なシュトゥルークリというチーズディッシュをオーダーすることにした。アペタイザーとしてメニューに載っていたが、これだけで満腹。量というよりその濃厚さにお腹が満たされた。

<シュトゥルークリ>

地方やその村によって味は異なるそうだが、クリーミーなチーズが柔らかいパスタにつつまれたパスタのような感覚。私が食べたのは塩味だったが店によっては甘いデザートとして出すそうだ。

そしてデザートにはオーストリアや中欧でおなじみのシュトゥルードル。「お勧めは?」と訪ねると季節のナッツのシュトゥルードルが出された。

<シュトゥルードル>

実は駅で買って食べた下の写真のようなフルーツ系が好みなのだが、甘党の私、もちろんナッツのシュトゥルードルも完食。

決して安いとはいえないが、気軽にザグレブで郷土料理を試したい方にはお勧めの一軒。

Restoran Vinodol
Teslina 10, Zagreb, HR
Tel: 38514811427
www.vinodol-zg.hr

あれだけ機内で寝たのにまだ疲れがとれていなかった。なのでクロアチア1日目は早々に就寝。
次回はザグレブ散策についてご紹介。

《次の記事を読む》

[by:カワ]

[geo_mashup_map]

【関連記事】
● ドゥブロヴニク:紺碧の海とオレンジ瓦♪
● クロアチアの国章に謎の生物!?
● 南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ
● 旅行に便利なiPhone/Touchアプリ紹介!【指さし会話touch&talk】
● フランス旅行を存分に楽しめる「マイバス」 カリスマ・ガイドの辻さんがお勧めコースをご案内!
● オーストリア音楽散歩 「散歩の始まりはモーツァルト像とト音記号の花壇から~」
● ギリシャ 「天空の修道院」メテオラ  ~ギリシャの世界遺産を訪ねる~
● イギリス・チェシャー州「不思議の国のアリス」と英国庭園巡り
● アテネのパルテノン神殿(世界遺産)
● Ciao, Italyヾ(≧∇≦*)〃

 【関連ツアー】
● クロアチア・スロベニア7日間
● 麗しのイタリア8日間 ~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
● スペイン満喫 7日間
● オーレ エスパーニャ7日間 ~3つの世界と魅惑のアンダルシア地方を訪ねる~
● 情熱のスペイン 7日間 ~アンダルシアの白い村とラ・マンチャの風車~
● マドリード市内半日観光 (午前)
● スペインハイライト 5日間
● トレド半日市内観光 (午後)
● セゴビア半日観光 (午前)
● マドリード フラメンコ・ツアー(飲み物付)
● マドリード旧市街徹底観光とチューロスとチョコラーテのおやつ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.