この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

コロラド州デンバーはとってもおしゃれな街だった。 - Denver, Colorado

コロラドデンバー 人口約300万人の都市。まわりをロッキー山脈の14ERに囲まれていて空港からダウンタウンへ行く眺めは絶景。14ERというのは、14000フィート(4.26キロ)以上ある山々をフォーテインナーズと地元ではよばれています。(うまく発音できません)デンバーの街中では、フリーモールライドというのが街のメインストリートを走りなんと2分に1回は無料のバスがやってくる。

1_1

これに乗ればホテルからスタジアム、レストランなど簡単に移動できます。また街のあちこちに“PLAY ME”という看板とともにピアノが置かれていて、なんともおしゃれです。

2
最初に訪問したのは、デンバーで一番由緒あるホテル ブラウンパレスホテル前回、2010年4月のブログのほうが写真がきれいなので、詳しくはこちらをご参照ください。冬の寒さが厳しい地域では、このようにSKYWAYとよばれる屋根付きの通路がビルとビルの合間によく見られます。

3

このブラウンパレスホテルとコンフォートインホテルは同じオーナーで経営されているので、「コンフォートインの中では一番レベルの高いホテルでは?」というのがデンバーでの噂でした。こちらはブラウンパレスホテルの中。吹き抜けのロビーエリアが採光を上手に取り入れて自然の光で暖かい雰囲気です。

4

5

6

次に向かったのはRockmount Ranch Wearとよばれるお店で西部劇に必要は洋服はなんでもそろえることができるお店です。

皮のブーツ

7

カウボーイハット

8

他に、刺繍入りのシャツ(ちなみに$80)など。青い熊???

ミニチュア_1

この小さな熊の置物は本物がデンバーコンベンションセンター前にあります。

コンベンションセンター_1

青い熊がコンベンションセンターを覗き込んでいますよね。

巨大_2

その次に向かったコロラドヒストリーミュージアム

外
名前からは固くまじめな場所を想像していたのですが、さすがアメリカ、中身はまるで遊園地。1階にはタイムマシーンを思わせる館内案内があります。

museum
2階のバッファローコーナーに行くとバッファローの大きな実物大マネキンにお出迎えしていただきました。マネキンの部位のあちらこちらに扉があり、そこをあけるとアメリカネイティブインディアン達がどのように活用したのかを教えてくれます。彼らは一頭バッファローを倒すとすべての部位を使ったといわれています。

おしり_1

さらに奥に進むとアメリカで有数のスキー場を保持するコロラド州としてノルディックスキージャンプ体験ができます。中央にあるのがジャンプ体験ができる機械↓

museum内

その他炭鉱爆破体験など、親子で楽しめる英語わからなくっても楽しめる遊びがたくさん~!  ここはまた来たいです。デンバーは意外とおしゃれで楽しい街です。

【関連記事】
コロラドの温泉リゾート パゴサ・スプリング・リゾート&スパ
コロラドの温泉 地元の人に人気の「オアシス・スプリングス」
アメリカ最古の温泉「オホ・カリエンテ」 ニューメキシコ秘境の湯
アメリカの異郷ニューメキシコ州 ~太古スピリッツが息づく土地~
コロラド山岳鉄道「デュランゴ・シルバートン狭軌鉄道の旅」
コロラド・アスペンのセレブご用達のラグジュアリーホテル
神々の庭ガーデン・オブ・ザ・ゴッドとパイクス・ピーク・コグ・トレイン
世界遺産メサベルデ国立公園バルコニー・ハウス断崖の岩窟住居 
カールスバッド洞穴群国立公園「ビッグルーム 想像を超えた神秘さ」

【関連ツアー】
フライ&ドライブ、コロラドロッキー大自然に温泉を満喫 4日間
コロラドエクスプレス 3日間 ”シルバートンから狭軌鉄道を楽しむ”
コロラドハイライト 4日間 ”世界遺産メサベルデ国立公園とコロラド登山列車
 ロッキーマウンテン 3日間 世界遺産メサベルデ国立公園、コロラド温泉満喫

 by くっしー

 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.