旅のエスプリ

アメリカ人は日本人の倍以上「お花」を買う。 チューリップの球根1つが$25,000もしたお花のバブルの時代があった?

目からウロコのトラベル・コラム「旅のエスプリ」

アメリカ人はお花が好き。日本人の2倍もお花を買う。

東西を問わず、花は生活に潤いを与えてくれる必需品とも言えます。アメリカ人が一番花を買う時期は、クリスマス、母の日、バレンタインズデー、イースター、サンクスギビング、父の日の順番で、1年間に花に使う額も日本人の2倍の$100以上(1人あたり)です。いかに花が生活に溶け込んでいるのかがわかりますね。

さて、ロサンゼルスから車で南に1時間半ドライブすると、サンディエゴの少し手前にカールスバッドというビーチ沿いの裕福な街があります。最近、名古屋にもできて話題になっているレゴランドもこの町のアトラクションの1つですが、春先になるとラナンキュラスという花が一斉に咲き誇る「フラワー・フィールド」という花畑も有名です。

カールスバッドにあるフラワーフィールド

カールスバッドにあるフラワーフィールド

50エーカーの広大な土地に色とりどりの花が帯状に植えられていて、遠くから見ると原色の絵の具で塗り潰したような壮大な眺めが楽しめます。 3月から5月の上旬までが見ごろで、毎年10万人から20万人もの来園者が訪れ、クラフトフェア、ライブミュージック、フラワーデザインワークショップなど様々なイベントで賑わいます。

太平洋を臨む広大な土地に咲き誇るラナンキュラ

色とりどりのラナンキュラスが咲き誇る

太平洋を望む広大な土地

太平洋を望む広大な土地

元々はラナンキュラスの球根を栽培し全国に出荷するための花畑ですが、太平洋を臨むリゾートホテルも隣接し、レストランやプレミアムアウトレットもあり、近くのシーワールドと並ぶ、観光地にもなっています。

お花をバックに写真撮影をする人も多い

お花をバックに写真撮影をする人も多い

1か月で30万人が訪れるワシントン州のスカジーバレー・チューリップフェスティバル

花をテーマに町おこしに成功したのは、カールスバッドだけではありません。花と言えばチューリップですが、オランダ移民の多いバージニア州、ミシガン州、ワシントン州などにはチューリップ栽培の農家が多くフェスティバルが毎年催されています。

キャロル・ローソン農園のチューリップ

スカジーバレーにあるキャロル・ローソン農園のチューリップ

一番有名なのがシアトルとバンクーバーの真ん中に位置するマウントバーノンという町のスカジーバレー・チューリップ・フェスティバル。1984年に町の商工会議所の有志で3日間のイベントとして細々と始めたのが始まりで、毎年訪問者が増え続け、今ではアート&クラフトショー、コンサート、ローカルの漁師を訪ねるシーフードツアー、チューリップ畑を駆け抜ける10kマラソン等々、様々なイベントありで、なんと30日間で30万人以上の観光客が訪れるまでになりました。

アダル・パチャンサンガンスリ農園

アダル・パチャンサンガンスリ農園

最近の目玉は地元の特産、キワニスサーモン・バーベキューで合計で12,000食を売り上げてブランドになっているそうです。イベントもさて置き、やはり300エーカー(約40万坪)もの広さのチューリップ畑に1,000万株以上のチューリップが咲き誇る景観は、やはり一見の価値ありです。

毎年、写真コンテストが開かれている。

毎年、写真コンテストが開かれている

500年前にあったチューリップバブル。球根1つがなんと$25,000にまで急騰。

ここで、話を中世のヨーロッパに移しましょう。チューリップがヨーロッパに伝播されたのは、1554年に神聖ローマ皇帝フエルディナント1世がオスマン帝国のスルターンのもとに派遣した大使、オージェ・ギスラン・ブスベックがウィーンに球根と種子を初めて送った事によります。 直ちにアムステルダムに広まり人気を博し、栽培が本格的に開始されます。当時、オランダ東インド会社はポルトガル、スペインに替わって香辛料の貿易で黄金時代を迎えつつあり、富を蓄えたアムステルダムの商品にとって、今までの花に無い鮮明な色合いをもつチューリップは、成功者のステータスシンボルとして、高値で取引されるようになります。

高値で取引されたチューリップ

高値で取引されたチューリップ

栽培家は、新品種に高貴な名前を付け、当時最も評価の高い品種は「Admirael  van der Eijck (フォン・デル・アイク提督)」という名前がつけられました。 誰もが欲しがった品種は、複雑な線や形の縞模様の色が混ざり合ったチューリップでしたが、今ではこれらはウィルス感染によるモザイク病という事がわかっていて当時の新品種のほとんどは絶滅しています。 オランダだけでなくフランスでもチューリップの人気が高まり、価格は上がり続け投資家が先物取引をするようにまでなります。要するに、現物取引でなく将来の売買の権利を買うという一種のデリバティブ、オプション取引の市場が形成されていきます。 いわゆるチューリップバブルという時期です。

チューリップバブルはもう起きないだろうが、バブルは繰り返す!?

チューリップバブルはもう起きないだろうが、バブルは繰り返す!?

記録によると1個の球根が2,500ギルダーで購入されたともありますが、当時の1ギルダーは約10ユーロだといわれているので、球根1つが$25,000もした事になります。好景気に沸くオランダでは、市民は元より農民、猟師、煙突掃除人、洗濯婦までがチューリップに投資していたそうです。しかしこのバブルは高値で買う相手が居なくなってしまった事から1637年をピークに暴落し、投機バブルは瞬く間に弾けてしまいました。

船乗りの小話としては、ある商人のチューリップ球根をタマネギと間違えて食べるために持って行ったという逸話があります。商人とその家族は船乗りを直ぐに追いかけたが、見つけたときには「自分の船の船乗り全員に一年間大盤振る舞いできるほど」高価な朝食を食べている最中であったとの事。その船乗りは球根を食べた咎により投獄されたそうですが、実際には、チューリップの球根は毒があるそうなので、真意の程はわかりません。 日本では1986年から1991年のバブル景気が記憶に新しいですが、チューリップバブルは他人事ではありませんね。

ちなみに、日本でのチューリップの球根の生産量は新潟県と富山県で98%を占めているそうです。新潟の胎内市、五泉市、富山の栃波市などでチューリップ祭りが催されていますが、いずれも趣向を凝らしたイベントが目白押し。春の訪れをチューリップやラナンキュラス鑑賞で満喫されてみてはいかがでしょうか?

Carlsbad Flower Field
http://www.theflowerfields.com/

Skagit Valley Tulip Festival
http://www.tulipfestival.org/

 

【関連記事:旅のエスプリ】
大富豪J・P・モルガンの私邸ミュージアム、ジキル島での秘密会議とは?
硫黄島の激戦で活躍したナバホインディアンのコードトーカーとは?
アメリカにたった1軒しかない、ウェスタンシャツの本家本元とは?
今年はアメリカ国立公園の100歳の誕生日。もっとも訪問者の多いのはどこ?
今はまさに訪日ブーム では100年前の訪日はどんなだったのでしょう?
1964年の東京オリンピックの前年の実験衛星中継の成功 その映像が映し出したもの?
ボストンで是非訪れてみたいイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館
世界中のコンサートピアニストに愛用されるスタインウェーのルーツはキッチン
ニューヨークタイムズ誌が選んだ日本の秘境とは!
ポンコツ車に魅せられた化粧品会社の経営者 クラシックカーの殿堂
ガイジンの日本訪問記から読み解く、昔の日本人は?そして今との違い
90年前に日米友好の願い託された青い目の人形と市松人形の交換
メキシコ大使館はなぜ東京の一等地に? 強い絆で結ばれた日墨関係のルーツを探る
ハワイ王族末裔との約束の結晶 リゾートの理想郷、ハワイのマウナラニが持つ意味
繁盛している旅館を突然廃業、そして10室しかない宿にしてしまったのは何故?
米国本土を爆撃した唯一の日本兵がレーガン大統領から星条旗を寄贈された理由
クレージーホースに魅せられたケビン・コスナー ダンス・ウィズ・ウルブスを製作
ロダンの誘いを断った彫塑家、川村吾蔵とは?
ルーズベルト大統領はアメリカ人で初の柔術茶帯取得者だった
神の化身に征服されたアステカのチョコレート王
砂漠のカジノタウン「ラスベガス」に君臨した3人の帝王とは?
これは地上に描いた星座なのだろうか?超弩級の不思議「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市?
全盛時、数十の媒体を傘下に収めた新聞王ハーストの夢の城とは?
孫の身代金を値切った石油王とは? ギネスブック認定「世界で最も裕福な人」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
日本人移民一世は正義と権利獲得のために闘っていた!
19世紀後期に中世の城ノイシュヴァンシュタインを建設 騎士伝説とワーグナー
チョコとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本とは?
国交樹立150周年 日本とスイスの意外な共通点とは?
黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本
杉原千畝の命のビザ ユダヤ難民の日本経由欧州脱出劇 その陰にJTBの尽力
国際的日本料理シェフ、松久信幸と彼から巣立った成功者たち"NOBU HOTEL"
イランに取り残された絶対絶命の日本人216名を救出したのは、トルコの恩返し!
駐日大使だけじゃない、ケネディ家と日本の縁 昨日の敵は今日の友
リンカーン大統領に会った唯一の日本人 アメリカ人として幕末の日本に帰国
911の標的、WTCは日系人がつくった? 人種差別と闘いながら夢叶える
観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
アメリカ人に愛された日本人金メダリスト”硫黄島で投降を呼びかけられるも戦死
カリフォルニアのワイン王は薩摩の侍? 13歳で海を渡り、偽名のまま生涯を過ごす
本物のロンドンブリッジはどこにある? 世界最大の骨董品、コロラド川へ
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
策士・マッカーサーとミズーリ号艦上の降伏文書調印式 マイクロマネージメント
NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢
CIA, KGBも興味を示した古代インカの情報システム?遺跡に魅せられた日本人
レオナルド・ダ・ビンチはナポリタンを食べたのか トマトのルーツはペルーだった
ブルックリン・ブリッジ建設の陰に日本のプリンス?ラトガースに学んだ幕末の獅子
ペリー提督の末裔のワイナリーは? カリフォルニアワインと「パリスの審判」
150年前米女性を熱狂させた日本人男性アイドル?「侍を一目見よう」NYで大歓迎
日本人留学生第一号はやはり、あの人!そしてその人はフリーメイソンだったのか?
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
サムライ達がメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点でキリスト教徒に
日本とスペインの縁をつないだのが独眼流!「日西交流の歴史今年で400周年」

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.