ニューヨーク/マンハッタン 2018年11月5日

魚屋さんと農家のコラボレストラン「Farmer & The Fish」のハッピーアワーは生牡蠣が1個1ドル!


ユニオンスクエアのすぐ北側にある、Farmer & The Fishは、ニューヨークで魚卸業を営むオーナーとニューヨーク州のノースセーラムの農家が共同経営するレストラン。アップステートの自社農園では、海藻や使用しない魚の部位から自分たちで肥料を作ったり、雨水を再利用した水耕栽培をするなど、環境に優しい野菜作りを手がけているそう。農家直送の新鮮な採れたて野菜も、魅力的ですが、私たちの、この日の目当ては、ハッピーアワーの1ドルの生牡蠣!これだけ頼んでも$16だなんて、しあわせ〜。レモンの他に、擦ったホースラディッシュとカクテルソース、玉ねぎのみじん切りが入ったモルトビネガーがカキと一緒に添えられていました。モルトビネガーで食べるのが私のお気に入りです。この日は、東海岸コネチカット産のブルーポイントオイスター。大きめの身で、とてもさっぱりとした牡蠣で、いくらでも食べられそう。2人であっという間に食べてしまいました。

img_1

img_4

img_2

こちらは、ディナーメニューの前菜からホタテのサラダ。上の半熟の目玉焼きを崩して、フィンガリングポテト、エンダイブ、ベーコン、カラスミと混ぜで食べます。ボリュームがあって、満足感いっぱいのサラダでした。もう一品は、スライスされた芽キャベツのロースト。香ばしさがたまりせん。

img_3

野菜もシーフードも美味しくて、お店のインテリアも可愛いし、すごーくいい感じでした。今回行ったグラマーシー店の他に、アップステートのスリーピーホロウのハドソン川沿いと、パーディに支店があります。ハッピーアワーは、平日の4時から7時、金曜日終日、土曜日の夜9時から0時でしたが、メニューや時間は、念のため、お店に確認してから行ってください。ハッピーアワーのメニューは、$1オイスターの他に、生ビールが$5ドル。ワインは、赤と白がそれぞれ1種類ずつ$7ドルでした。アメリカでは、牡蠣は"R"がつく月が旬と言われているので、September(9月)からApril(4月)が旬です。今がちょうど旬の$1牡蠣オイスター、また食べに行きたいと思います。

img_5img_6

by ya

Farmer & The Fish(ファーマー&ザ・フィッシュ)
245 Park Avenue South
New York, NY 10003
https://www.farmerandthefishnyc.com/

【関連記事】
チェルシーのCooper's Craft & Kitchenで月曜日は絶品フィッシュタコスが1ドル!
バルセロナとニューヨークが見事に融合!大人気のスパニッシュタパス「ボケリア」
ザ・ビークマン・トンプソン・ホテルのお洒落で美味しいフレンチレストラン「Augustine」
一度食べれば分かる、ペルー料理の魅力。- RAYMI Peruvian Kitchen
ニューヨークのベーコン専門店「Bar Bacon」でこだわりのベーコンづくし料理 - Bar Bacon NYC -
夜景ざんまい『ゴールド』〜ディナーと夜景とエンパイアを満喫〜
・エンパイア・ステート・ビルは冬の透きとおる夜が一番!
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.