ニューヨーク/マンハッタン

進化したフィリピン料理。「Flip Sigi」の手軽でおいしい新感覚のB級グルメ

世界中の人々が集まるニューヨークでは、世界中の食文化が混ざりあって、次々と新しい料理が生まれています。今回、訪れたFlip Sigiは、そんなニューヨークだからこそ味わえる料理があるレストラン。Flip Sigiのフィリピン料理をベースにしたフードはどれもユニークファーストフード感覚で一人でもふらっと寄れる手軽さで、新しもの好きのニューヨーカーに大人気。私たちも早速トライしに行って来ました。

ロンガニサ・プーティン(Longanisa Poutine)
カナダで食べられるプーティンは、フライドポテトにグレイビーソースと、とろけるチーズが乗ったジャンクフード。Flip Sigiバージョンは、ロンガニサとチーズが乗っています。大きなひき肉みたいなのがロンガニサで、フィリピンでよく食べられているスペイン発祥のソーセージ。これが甘辛でおしいんです。とても量が多いので、前菜というよりは、これだけでお腹いっぱいになりそうです。お好みで、自家製のホットソースをつけて食べます。どのテーブルにも2番と3番だけ。1番はどこにいったのでしょう?2番は、Sukaというとっても酸っぱいソースでした。3番は、Bird's Eye Chiliというタイの唐辛子のとても辛いソース。そして、料理と一緒に1番が登場。トマトとハラペーニョの要冷蔵のホットソース。さっぱりしていて、3種類の中で、一番好きだったのがこのソース。

fb

img_2

カリ・ブリトー(Cali Burrito)
お店の一番人気は、このブリトー。アメリカのブリトーはとにかく巨大です。ここのブリトーの特徴は、アドボというフィリピンの鶏肉の煮込みと、カリカリの豚バラが入っていること。サワークリーム、アボカドとフライドポテトが、一緒に巻かれていて、ずっしり、お腹いっぱいになります。

img_3

シニガン・フィリップ・ボウル(Sinigang Flip Bowl)
ガーリックチャーハンの上に、牛肉のショートリブ、トマトと人参、青ネギ、青梗菜がのっているビビンバ風のどんぶり。あっさりと煮てあるショートリブと青梗菜が日本人の口によくあう味だと思いました。

img_4

汁なし担々麺(Dan Dan Noodles)
半熟の目玉焼きは、オプションで追加しました。乾麺の縮れ麺で、B級グルメ感が倍増しています。濃厚で風味のある唐辛子のソースに絡めてある麺は、激辛でした。シェアするつもりで注文しましたが、私には、辛すぎて、ほとんど食べてもらうことに。。。

img_5 img_6

今回試した中では、ロンガニサ・プーティンが特におすすめです。ニューヨークだからこそ生まれたB級グルメ、ぜひ試してみてください。お店は、地下鉄1番線のクリストファーストリートの駅から徒歩4、5分。マンハッタンとニュージャージーをつなぐパストレインのクリストファーストリート駅からすぐです。このウエストビレッジ店の他に、アッパーイーストサイドにもお店があります。

img_7

img_8

by ya

Flip Sigi(フィリップ・シギ)
525 Hudson St,
New York, NY10014
https://www.flipsigi.com/

 

【関連記事】
ニューヨークのベーコン専門店「Bar Bacon」でこだわりのベーコンづくし料理 - Bar Bacon NYC -
通いたくなる味、ロウアー・イースト・サイドの東南アジア料理ピッグ&カオ〜Pig and Khao
いつもと違うピザを堪能。シカゴ生まれの極厚ディープ・ディッシュ・ピザ〜Emmett's
チェルシーのCooper's Craft & Kitchenで月曜日は絶品フィッシュタコスが1ドル!
人気のパティスリー「ラデュレ」ソーホー店の中庭でランチが気持ちいい
ロウアーイーストサイドの小さな路地裏にある隠れ家レストラン「FREEMANS」
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.