ニューヨーク/マンハッタン

ニューヨーク初のうなぎ専門店「鰻屋八兵衛」がオープン

ニューヨークのミッドタウン・イーストに鰻の専門店鰻屋八兵衛がオープンしました。アメリカで、うなぎ?と思われるかもですが、何気に、うなぎは、eel(イール)と言って、結構食べるんです。お寿司屋さんでは、穴子よりウナギの方が一般的です。うなぎとエビ天、アボカドを一緒に巻いた、ドラゴン・ロールなど、アメリカ生まれの巻き寿司でよく見かけます。でも、ウナギの専門店は、ニューヨーク初。最後にうなぎの専門店に行ったのって、10年くらい前かしら?ということで、早速、ウナギを食べに行ってきました。

img_1

黒を基調にした店内は、スタイリッシュで、高級感があります。

img_2

鰻屋八兵衛では、冷凍せずに、生のまま空輸されてくる愛知県産のうなぎを使っているそうで、焼く前のうなぎを持ってきて見せてくれました。

img_3

ご飯もののメニューは、2種類。今回食べたうな重は、お吸い物、漬物、ミニサラダと、季節のデザートがついてきます。もう1つのメニューのウナギ会席は、さらに、冷奴や、鰻巻き、骨せんべい、肝焼きがなどがついています。注文を受けてから、じっくり焼く関西風で、焼きあがるまで20〜30分かかるそう。

玄米茶と和風のシソドレッシングのサラダ

玄米茶と和風のシソドレッシングのサラダ

うなぎといえば、もちろん山椒

うなぎといえば、もちろん山椒

三つ葉とゆず、お麩が入ったお吸い物は、上品な味でした。漬物にもこだわっていて、この日は、燻ったたくわんの、いぶりがっこでした。

img_6

主役のうなぎは、丸ごと1匹、重箱にぎっしりと入っています。熊本に店を構える老舗うなぎ店から受け継いだ秘伝のタレを使用しているそうで、つやつやです。タレが染み込んだご飯が下にたっぷり入っていました。私は、関東風のトロっとしたウナギの方が好みなのですが、カリッと焼かれた皮と歯ごたえのあるうなぎ、美味しかったです。関西出身の方が食べたら、どう思うのか、気になります。濃い味のたれと、身のしまったうなぎは、うな茶やひつまぶしで食べたら、合いそうな味でした。

img_7

img_8

デザートは、ゆずシャーベットか、抹茶のアイスが選べました。出された時から溶けかかっていたのが何故なのかは謎です・・・。

img_9

お客さんは、やはり、日本人が中心で、日本語と英語、どちらもOKでした。食後に、ぬるくなったお茶を熱いお茶と差し替えてくれたり、日本式のサービスが、気持ちよかったです。最寄りの駅は、EとMの53rd/6の51st stで、徒歩2、3分です。大きな看板がないので、ちょっと見つけにくです。居酒屋ラッキーキャットと北京ダックハウスの間にあるブラウンストーンの階段約10段ほどあがったところにあるこの看板が目印です。ニューヨークでうな重が恋しくなったら、訪れてみてください。
img_10

by ya

Unagi-Ya Hachibei(鰻屋八兵衛)
238E 53rd St, 2nd Fl,
New York, NY 1002
https://hachibei.nyc/

【関連記事】
高級和牛のカツサンド専門店「Don Wagyu」がウォール街にオープン
2018年冬のレストランウィーク:伝統と格式の老舗デルモニコス
世界で1番安いミシュランレストラン 〜「添好運 Tim Ho Wan」
インスタ映えする見た目もおいしい居酒屋『SakaMai』
ミッドタウンウエストにとんこつラーメンで人気の「一蘭」登場!
ニューヨークに横浜家系ラーメン E.A.K Ramen が初上陸!
ミッドタウンに鉄人のラーメン店オープン!「momosan ramen & sake」
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.