この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ハーバード大学周辺を散策しよう ~スイーツ発見!~ =Harvard Square Part 1=

今回は、伝統も教育水準もアメリカ最高峰を誇るハーバード大学の街、ケンブリッジ市にやってきました。大学の横には、学生やボストン市民でにぎわう “ハーバードスクエア” と呼ばれる一角があります。生協などの大学グッズがありますが、おしゃれなお店も並んでいます。

photo

スイーツのお店が結構多いので、何軒か入ってみました。まずは、ボストン市民にも人気のハンドメイドチョコレート屋さん、L.A. Burdick」です。1970年代に、Mr.Larry Burdick氏がニューヨークで設立したのが始まり。ボストンにはこのお店とニューベリーの2店舗で、アメリカ東海岸だけに店舗があります。日本には未上陸。 ここでしか味わえないので、是非、一度行ってみる価値あり。

ADDL CHOLATE #2

店内はおしゃれで、落ち着いた雰囲気になってます。

photo (2) (2)

バレンタインズデーのときのチョコレートを紹介。翌月3月には、セントパトレリックデー用のおしゃれなチョコレートで埋め尽くされます。

photo (66) (2)

photo (67) (1)

さて、続いては、通りにあるちょっとした小モール。 ここにもスイーツのお店が立ち並んでいます。

photo (50) (1)

そして、このモールを出てすぐのところに、今度はティーで地元学生さんに人気のお店、「TEALUXE」です。世界中のお茶が優に100種類ほどはそろえてあり、大学生や地元市民で一杯です。

photo (10) (1)

店内はおしゃれな雰囲気で、音楽もセンスよく落ち着いたものが流れており、居心地満点。大学生の方が多く、店内では本など読んでいる姿をよく見かけます。混み合い始めると、席に空きがないようですので、今回は忙しくなる時間帯を避けて立ち寄ってみました

photo (8) (1)

『一番人気くださ~い。』 というと、店員の方が、アールグレーを出してくれ、沢山ミルクをいれて飲むことをお薦めされました。とても上品。 ティー派の友人に言わせれば、繊細なお味だそうです。

photo (11) (1)

さて、続いては街角で有名なケーキ屋さんfinale」。一口サイズでおいしそうなケーキが店頭にならんでいました。タルト、パイ、カップケーキ、クッキー、などなど。 是非、ここも試してみたい人気スイーツ店です。

photo (12) (1)

photo (13) (1)

数ブロック歩くと、また有名なティーのお店、「DADO TEA」。 ここは、既に混雑していました。

photo (14) (1)

その他、アイスクリーム屋カップケーキ屋ホットチョコレートホームメイドアイスクリームのカフェが立ち並びます。

photo (15) (1)

photo (16) (1)

photo (57) (1)

“ハーバードスクエアのスイーツ食べ歩き”結構おしゃれなお店も多く大満足でした。

(Part 2 に続く‥)

 =by タケ in Boston=

ボストンへ行ってみたくなったでしょうか?

icon_tourinfo_5

 

 【参照サイト】
L.A. Burdick
52 Brattle Street
Cambridge, MA
Tel.617-491-4340
http://www.burdickchocolate.com/chocolateshop-cafe-cambridge.aspx

 【関連記事】
アメリカ最古の居酒屋「ホワイトホース・タバーン」White Horse Tavern
バーモントの美しい街「ウッドストック」とバーモント州唯一の国立公園
「プリマス」 サンクスギビング感謝祭発祥の地 
アメリカ最古のレストラン「ユニオン・オイスター・ハウス」
ジョン・F・ケネディーの生家。今もアメリカ人の心に生き続ける大統領
テディ・ルーズベルト邸とバンダービルト邸を訪ねて(旅行記①)
ユニオン教会を訪ねて 「マチスとシャガールの奇跡のステンドグラス

 

【関連ツアー】
ボストン半日観光 ボストン1日観光
世界有数のボストン美術館をめぐる
ボストンナイト ロブスターディナーツアー
ボストン空港発ボストン1日観光
J・F・ケネディ大統領の故郷を訪ねて
ジョン万次郎のフェアヘブンとニューベッドフォードを訪ねて

Comments are closed.