この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

Hatch Shellで無料コンサート ~ボストン夏の風物詩を体験!~ =Boston/Hatch Shell=

ボストン市民が心待ちにしている夏のイベントのひとつ、Boston Landmarks Orchestra(ボストン ランドマークス オーケストラ)の無料コンサートをご紹介いたします。 チャールズ川沿いにある野外シアターHatch Shell(ハッチシェル)では、7月下旬から8月末まで毎週水曜19時から21時まで、Boston Landmarks Orchestraが無料コンサートを開きます。湿度が低く、さわやかなボストンの夏を満喫するのにぴったりのイベントです。ボストン市民はこれを楽しみにしている人が多く、7月に入ると「今年のHatch Shellのコンサートは○○日からだね!」とよく話題にのぼります。

会場では飲食が許可されているため、ピクニックがてら音楽を鑑賞するという、とても気軽なコンサートです。Hatch Shellは、地下鉄グリーンラインArlington(アーリントン)駅が最寄り。Arlington駅からは徒歩約10分です。こちらのオレンジ色の陸橋が、Arlington駅方面からチャールズ川へ抜けるアクセスです。

DSC02753-2

18:30ごろにHatch Shellへ到着しました。陸橋を渡ると、入り口に列ができています。こちらは荷物チェックの列ですので、荷物をお持ちの方はこちらへお並びください。

DSC02752-2

荷物チェックは一人ずつ行われます。アルコールや花火など、会場に持ち込めないものがあります。詳しくはこのページの最後の持ち物リストを参考にしてください。荷物に問題がなければ、検査済みの印となる紙テープを係員がバッグに貼ってくれます。

DSC02757-2

セキュリティチェックを通り過ぎると、プログラムを配っているスタッフがいますので、ぜひプログラムをGETしてください!その日のコンサートのテーマや演奏者の名前などが掲載されているので、演奏をより理解しやすくなると思います。この日のテーマはスペイン語でFiesta sinfonica。Boston Landmarks Orchestraがラテンの曲を中心に演奏し、ボストン市内の小中学生もパフォーマンスに参加するようです。

DSC02760_RN

軽食を持参しなかった場合は、会場内の売店が利用できます。アイスクリームやレモネード、ソフトドリンク、ポップコーンなどが販売されています。

DSC02762

DSC02763

会場は、椅子などは設置されておらず、広い原っぱになっています。お好きな場所に敷物をひいて、コンサートが始まるまで、のんびりと過ごしてください。コンサートが始まるまでは、トランプをしたり、おしゃべりをしたり、みんな思い思いの時間を過ごしています。また、運が良ければ美しい夕焼け空が見られると思います。音質はやはり舞台正面が良いように感じますが、後方や左右端でも十分に音は届きます。

DSC02759-2

コンサートは、19時に始まります。オーケストラのメンバー・指揮者だけでなく、音楽を体の動きで表現する手話通訳者がステージ上に立ち、耳が不自由な方も演奏が楽しめるようになっています。白いシャツ・白いズボンで、客席の方を向いて手を挙げて立っている男性が手話通訳者です。また、赤いTシャツの子どもたちは、市内の小中学生です。演奏に参加するためステージでスタンバイしています。

DSC02771-2

コンサートが盛り上がり始めるころ、日が少しずつ暮れていきます。観客は短い夏をあますとこなく堪能しようと、家族や友人との時間を楽しんでいます。なかには、テーブル・イス・キャンドルを持ち込んで団らんの時間をすごしているグループや、寝転がって空を見ながら音楽を聴いているグループも。このように自由で気軽に良い音楽を鑑賞できるのが、このコンサートの醍醐味だと思います。

DSC02779-2

20時すぎに10分ほどの中休みをはさみ、日がどっぷり暮れたころ、ラテンミュージックに合わせてダンスパフォーマンスが始まりました。ダンスはかなり本格的で、本場仕込みのように見えます。無料コンサートでも、海外の質の高いパフォーマンスが観られるのは、移民の国アメリカならではなのかもしれません。

DSC02782-1

子どもたちのダンスも非常にエネルギッシュで、観ているだけで楽しくなります。おそらく今日のために一生懸命に練習したのでしょう。子どもたちの表情は、とても堂々と、そしてイキイキとしています。

DSC02795

 日没後のステージの様子もまた、とても美しく幻想的です。ここが街の中だと忘れてしまいそうな空間です。今日はラテンミュージックとラテンダンスで大盛り上がりのなか、コンサートは終了となりました。

DSC02796

コンサートの後は、チャールズ川へ出てみました。対岸はケンブリッジ市。 岸に見える多くの建物がMIT(マサチューセッツ工科大学)の関連施設です。こちらには、コンサート会場から漏れ聞こえる演奏と対岸の夜景を楽しむカップルや若者たちがたくさんいました。Boston Landmarks Orchestraの無料コンサートは、観光客にはあまり紹介されていませんが、ボストン市民のリアルな生活を体験する絶好の機会だと思います。夏にボストンへいらっしゃる方には、ぜひ足を運んでいただきたいイベントです。

 

開場: 17:30 コンサート開始: 19:00 コンサート終了: 21:00 お手洗い : 会場後方に移動式トイレが設置されています。※演奏中、会場の出入りは自由で、お子様の参加もOKです。 ストローラーの持ち込みも許可されています。

【オススメの持ち物】
・敷物(新聞紙や大きめのタオルなどで良いと思います)
・軽食(スーパーで、スナックやサンドイッチを買って持って行く人が多いです)
・飲み物(ペットボトルに入っている未開封のもの)
・カメラ(夕暮れ時のHatch Shellは、非常に美しくフォトジェニックです)

【持ち込めない物】
・アルコール飲料、クーラーボックス
・缶、瓶、水筒、開封済みペットボトルに入った飲み物
・花火などの危険物

①地下鉄グリーンラインArlington(アーリントン)駅からArlington Streetをチャールズリバーへ向かって歩きます。パブリックガーデン(公園)を右手に、TAJ(タージ)ホテルを左手に歩きます。②しばらく歩くとBeacon(ビーコン)Streetがでてきます。Beacon Streetを渡るとオレンジ色の陸橋がでてきますので、その陸橋を渡ります。渡った先がHatch Shellです。

~ 2014年夏のスケジュールは下記のとおりです ~
Jul 16  Opening Night: Carmina burana
Jul 23 Fiesta Sinfonica
Jul 30 Guest Orchestra: Longwood Symphony Orchestra
Aug 06 Boston Lyric Opera
Aug 13 From the New World: The Legacy of the Spirituals
Aug 20 Rhapsody in Green
Aug 27 O'er the Land of the Free:Bicentennial of The Star-Spangled Banner

<By ナカ in Boston>

ボストンへ行ってみたくなったでしょうか?

icon_tourinfo_5

【参照】
Hatch Shell(ハッチ シェル)
http://hatchshell.com/

Boston Landmarks Orchestra(ボストンランドマーク オーケストラ)
http://www.landmarksorchestra.org/
※スケジュールはページ左側にある”Events”からご確認いただけます。

【関連記事】
アメリカ最古の居酒屋「ホワイトホース・タバーン」White Horse Tavern
バーモントの美しい街「ウッドストック」とバーモント州唯一の国立公園
「プリマス」 サンクスギビング感謝祭発祥の地 
アメリカ最古のレストラン「ユニオン・オイスター・ハウス」
ジョン・F・ケネディーの生家。今もアメリカ人の心に生き続ける大統領
テディ・ルーズベルト邸とバンダービルト邸を訪ねて(旅行記①)
ユニオン教会を訪ねて 「マチスとシャガールの奇跡のステンドグラス

【関連ツアー】
BOS発 豪華マンションを訪ねる ニューポート 1日観光
NYC発 「鉄道の旅」アムトラックで行くボストン1日観光
NYC発 「鉄道の旅」アムトラックで行くボストン1泊2日
BOS発 ボストン1日観光
BOS発 ボストンシティーパス ~BOSTONの6つ主要アトラクション
BOS発 まちかど ボストン3日間市内観光付 (ヒルトン ボストン バックベイ泊)
BOS発 【お得なホテルプラン】シェラトン ボストン 2泊3日

Comments are closed.