現在も発掘作業が行われているワカ・プクヤーナ遺跡に隣接したレストラン"Huaca Pucllana" 「レストラン・ワカ・プクヤーナ」

大都会リマのど真ん中、ミラ・フローレス地区の市街地に今なお発掘作業が行われているワカ・プクヤーナ遺跡があります。その遺跡に隣接する高級レストラン、その名もズバリ「レストラン・ワカ・プクヤーナ」。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (7)

日干し煉瓦を縦に並べて造られた巨大なピラミッドをテラスから眺望できます。AD200年~AD700年の間に栄えたリマ文化の宗教儀式に使われたそうで2010年の10月にはピラミッドの頂上で4体のミイラが発見されています。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (12)

ミイラは1150年ほど前のワリ文化時代のもので高い身分と思われる女性1体とそのお供として生贄にされたと思われる子供3体のものだったそうです。副葬品として布地、縫い針や裁縫道具が見つかった事から、墓の主は女性なのだそうです。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (8)

遺跡と隣接という絶好のロケーションですが、メニューも凝っています。前菜のお薦めは、、 エビとアボガドとトマトの包み、コルビーナのセビーチェととうもろこし、ヤマイモの付け合せ 、チーズと豆のフレッシュサラダ。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (13)

↓ ニジマスのソテー ペルーには3000種のイモの種類があるという、ジャガイモの食べ較べも楽しめます。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (19)

↓ チキンの唐辛子ソース煮込み ペルーのカレーといった味ですが、ちゃんとライスも付いてます。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (21)

↓ 牛焼肉とフレンチフライ ペルーではチキンとポークが主流で特に炭焼きチキンはお薦めですが牛肉はペルーではあまり人気がないようです。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (24)

↓ ルクマムースのフィンガー包み ペルーの聖なる果物と呼ばれるルクマの実を使ったムース

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (26)

↓ リメーニャのスフレ 口がとろけてしまいそうに甘いけれど、病み付きになる味です。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (27)

↓ ライスプディング 日本人は”甘いお米”にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、ペルーでは定番。ニューヨークのソーホー地区にはライスプディングの専門店もあります。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (28)

リマを代表する遺跡と一体となったワカ・プクヤーナ・レストランのような設定は日本ではちょっと考えられませんね。

Huaca Pucliana Restaurant LIMA (6)

ルックアメリカンツアーのパッケージで、リマ1日観光後に夕食が含まれるコースでは、こちらのレストランを利用予定です。リマの観光は世界遺産旧市街、ラルコ美術館など見所がいっぱいですがペルーの創作料理と遺跡が同時に楽しめるワカ・プクヤーナはきっとペルーの忘れられない思い出になること請け合いです。

【関連記事】
これは地上に描いた星座?超弩級の不思議な世界遺産「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカの秘密都市?
孤高の古代空中都市そしてインカ帝国の最後の聖地「マチュピチュ」
クスコの夜は「ドン・アントニオ」の民族音楽と舞踏ショー
リマでは見逃せない「ラファエル・ラルコ・エレーラ博物館」
かつてのインカ帝国の首都「クスコ」 インカ文明の遺物
かつてのインカ帝国の首都クスコ周辺「聖なる谷」の遺跡ケンコー
世界遺産マチュピチュへの玄関口「アグアスカリエンテス」(マチュピチュ村)
・マチュピチュ行きの鉄道/Peru Rail
・インカの都「クスコ」とピサック村の市場(ペルー)

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.