コロラド 2018年11月30日

コロラドの天然温泉で露天風呂体験!〜アイアンマウンテン・ホットスプリングス

コロラド州のロッキー山脈の谷間の街、グレンウッド・スプリングスにある、アイアンマウンテン・ホットスプリングス(Iron Mountain Hot Springs)に行ってきました。この街グレンウッド・スプリングスは、"Most Fun Town in America(アメリカで最も楽しい町)"に選ばれたこともある温泉街で、かつてセオドア・ルーズベルト大統領も度々訪れた人気のリゾート地です。街に近づくと硫黄の匂いがしてきて、温泉に来たなぁという感じがしてきます。今回訪れた、アイアンマウンテン・ホットスプリングスは、そのグレンウッド・スプリングスに2015年にオープンした、日帰り利用専用の新しい温泉です。16の露天風呂の他に、家族プールとジャグジーがあり、朝9時から夜10時までで、料金は$20(繁盛期は$25)です。img_1

アメリカの温泉というと、大きな温水スイミング・プールのようなところが多いのですが、このアイアンマウンテン・ホットスプリングスは、小さな露天風呂がたくさんあって、ちょっと日本の温泉を思い出します。日本の温泉と大きく違うのは、男女混浴で、水着を着て入ることろ。露天風呂の入り口にあるボードに、それぞれの露天風呂の温度が書かれています。華氏107度(41.5度)から98(36.5度)までありました。各露天風呂の脇にもプレートがあって、そこに温度が書かれています。ここの温泉、鉄分や塩分など14種類のミネラルが含まれていて摂氏49度の温泉が、毎分約1500リットル出ているそうです。源泉掛け流しなので、湯の花が浮いてる湯つぼもありました。塩分が強いみたいで、入っていると体が少し浮いくるような感じがして、ふわふわゆらゆら、とてもリラックスできます。

img_2 img_3 img_4

アイアンマウンテン・ホットスプリングスは、景色も最高です。温泉の目の前に流れているのは、あのグランドキャニオンの谷間を流れるコロラド川の上流です。裸で入る日本の温泉と違い、水着を着て入るこちらの温泉は、お風呂の周りに目隠しの囲いがないので、こんな感じで景色が一望できます。雪のかぶったコロラドの山々とコロラド川を見ながら入る温泉、癒されます。

img_5 img_6

飲食物の持ち込みは禁止なのですが、水着のまま利用できるカフェ/売店があって、ピザやサンドイッチなども買えます。冬場は、暖房の効いたテーブル席もありますが、夏場なら外のテーブル席で食べるの気持ち良さそうでした。

img_7 img_8

この温泉、ビールを飲みつつ温泉に入ることもできるんです。売店には、コロラド産の地ビールの品揃えが充実していました。私たちが選んだのは、モーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」に出てくる怪獣のような絵柄がかわいいCrazy Mountain Breweryのクレイジーマウンテン・アンバーエールと(右)と、アスペンにあるAspen Brewing CompanyのAJAX ピルスナー(左)。熱いお湯に浸かりながら、青空の下、飲む冷たいビール、最高です。 img_9

アイアンマウンテン・ホットスプリングスは、どちらかというと、大人の人たちが、ゆっくり静かに過ごすのに向いている温泉だと思います。16の露店風呂の方は、静かに過ごしたい人だけのQuiet Zone(クワイエットゾーン)と、なっています。5歳から13歳のお子様は、大人の付き添いがあれば、露天風呂にも入浴できるそうですが、5歳未満のお子様は、この家族プールのみの利用になるそうです。

img_10

私たちが訪れた日は、氷点下の寒い日の平日で、とても空いていました。16も露天風呂があるので、みんなそれぞれ、他の人が入ってないところを選んで入浴していて、どの露天風呂も、ほぼ二人きりの貸切状態でした。たまたま一緒になった人たちは、アメリカ人の方ばかりで、みんなとてもフレンドリーでした。冬場は、温泉に浸かっている間はポカポカ快適ですが、上がった時、かなり寒いので、バスローブを持って行くといいかもしれません。2015年にオープンしたばかりということで、ロッカーやシャワーも新しくきれいでした。風量はちょっと弱めでしたが、ヘアドライヤーもありました。タオルは、持ち込みも可ですが、$3でレンタルもできます。温泉のwebサイトによると、温泉に含まれるミネラルで、水着が色落ちすることもあるそうなので、気になる方は、着古したものを持っていくといいと思います。

img_11

グレンウッド・スプリングスまでは、デンバーから車で約2時間30分で、日帰りも可能です。私たちが行ったのは、11月の初旬でしたが、途中、雪が降り、シャーベット状の雪が道路にあるところがありました。途中の山道を走るI-70の高速は、街灯がないところが多く、日没後は、かなり真っ暗になります。デンバーからアムトラックを利用して電車で行くこともできます。アイアンマウンテン・ホットスプリングスがある、グレンウッド・スプリングスは、小さい温泉町ながら、レストランやバーも充実しているので、今度、行くときは、2、3泊して、ゆっくり街を楽しみたいと思いました。いやー、久々の温泉、めっちゃリラックスできました

img_12 img_13

by ya

Iron Mountain Hot Springs(アイアンマウンテン・ホットスプリングス)
281 Centennial St,
Glenwood Springs, CO 81601
https://www.ironmountainhotsprings.com/

【関連記事】

コロラドの温泉「グレンウッド・スプリングス」とテディーベアが誕生したホテル「コロラド・ホテル」
コロラドの温泉 地元の人に人気の「オアシス・スプリングス」と「ホット・サルファー・スプリングス」
アメリカにたった1軒しかない、ウェスタンシャツの本家本元とは?!
セオドア・ルーズベルト大統領はアメリカ人で初の柔術茶帯取得者だった。忠臣蔵と武士道を愛読?
コロラド州デンバーはとってもおしゃれな街だった。
デンバーの名所『アンフィシアター』赤い岩でできた円形劇場には意外とたくさんの有名人がやってきていた

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.