この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

麗しのイタリア8日間周遊記 その②  「青の洞窟とカプリ島を訪ねる」 

<前の記事(バチカン市国・ローマ編)を読む>

ヨーロッパの中で1番人気のコース「麗しのイタリア8日間」3日目の自由行動の日は、ローマでショッピングをするのもいいですが、オプショナルツアー青の洞窟とカプリ島へ行かれるのは如何でしょうか?

青の洞窟は、ローマから南に位置するカプリ島という小さな島にあります。(カプリ島へはナポリが最寄の都市になります) 実はこの青の洞窟、行けば必ず見れるというものではないんです。入り口が大変小さく、風が強かったり波が高いと入ることが出来ません。実際に入る時も座った状態では頭を打ってしまいますので、船底に体を伏せて入ります。その日に洞窟に入れるかどうかは、実際カプリ島に渡ってみないとわからないのです。

統計的には天候の安定する8月が最も入れる確立が高いとされており、逆に冬場は風が強くなる為に確立が低いと言われています。ただ、こればっかりは運ですので何ともいえません。私自身はというと、3回目のトライでやっと入れました・・・。肝心の洞窟内はというとテレビ等で見るよりも内部は広く、入り口から神秘的な青い光が差して いてその美しさには息を呑みます。これはもう、ご自身のでその美しさを確かめて頂くしかありません。地球温暖化の影響で水位が上がると、入り口が完全にふさがれてしまい入れなくなるのではと危惧されています。入れなくなる前に是非、見ておいて下さい!


では、運悪く入れなかった場合はどうするのか?その場合はカプリ島内の観光となります。色とりどりの建物がかわいい島で高級リゾート地としても良く知られています。 カプリ島をぐるっと一周する小型ボートを出す現地の方もいるので、数人で貸しきって島をクルーズというのも天気がよければとても気持ちがいいものです。

お土産屋さん巡りもお勧めです。レモンやオレンジなどの柑橘類が特産で、特にレモンを使ったリキュール「リモンチェッロ」が有名です 。リモンチェッロはレモンの皮とお砂糖を煮詰めてつくる、甘いお酒でお店では試飲も出来ます。飲み方はというとイタリア人たちは食後酒として小さなショットグラスに入れて一気に飲み干します。但し、アルコール度数が高いので飲みすぎないよう要注意です!

その他にレモンやオレンジを使ったお菓子や石鹸香水なども売っていてお土産には困りません。お勧めはレモン味のチョコレート。こちらも試食が出来ますので試してみて下さいね。

また、非常に波が高い場合にはカプリ島自体に渡れない場合もありますがその際も代替観光が用意されていますのでご安心を。(ご案内する代替観光地は場合により異なります。)

次回はローマからフェレンツェに向かう途中の中世の都市シエナサンジミニャーノについて。こちらもお楽しみに。
<次の記事を読む>

【関連ツアー】
麗しのイタリア8日間~イタリアの世界遺産をたっぷり観光する人気コース~
ミラノから人気の4都市めぐり イタリア満喫 7日間
アマルフィ海岸も訪れる ときめきのイタリアハイライト7日間

【関連記事】
運慶とミケランジェロの意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
チョコレートとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本
麗しのイタリア8日間周遊記 その① 「永遠の都 ローマを訪ねる」
麗しのイタリア8日間周遊記 その②  「青の洞窟とカプリ島を訪ねる」 
麗しのイタリア周遊記 「中世の町シエナとサンジミニャーノを訪ねる」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.