この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ボストンに行ったら訪れてみたい「ジョン・F・ケネディー・ライブラリー」 "John F. Kennedy Presidential Library & Museum"

今もなお格別の響きを持って語られている、第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディー。そのカリスマ性と波乱万丈の半生を展示してしているのが、JFK Presidential Libaryです。

ボストンの南、ドーチェスター湾に面したコロンビア・ポイントに1977年に設立され、有名な建築家I.M.ペイの白と黒をコントラストをモチーフにした建築でも有名ですね。

1階には受付とシアター、ギフトショップがあって、主な展示は地下1階にあります。白物の電化製品が各家庭に普及し始めた50年代、60年代、アメリカの最も豊かだった時代の様子を知ることが出来る展示なども充実しています。

やっとテレビが各家庭に普及し始めた当時、始めてのテレビ中継されたディベートのスタジオセットの再現されていて、実際に放映された映像も見ることができます。

自信に満ちて、常に上向きの目線で力強く演説するケネディー上院議員に反してやや下向きの目線で、キョロキョロと目線が泳いでしまう自信の無さそうなニクソン副大統領の 対照的な姿は、テレビを通じて万人の知るところとなってしまい、その後の勝敗に決定的な影響を及ぼしました。

ホワイトハウスの廊下を再現した広い通路の両脇には、短い任期ながらもケネディー大統領の残した功績と波乱万丈の人生にまつわる展示がされています。

ハーバード大学在学中に父親が在イギリスアメリカ大使に任命された事から二度ヨーロッパを旅行し見聞を広めたケネディーは、生来の文才を活かして「イギリスは何故眠ったか?」という本を出版し、8万部も売れるベストセラーとなりました。そして印税をドイツ空軍の爆撃の被害を受けたプリマス市に寄付をしたのだそうです。

ケネディーはその後海軍に入隊し、中尉として魚雷艇PT-109を率いることとなった。昭和18年8月2日、ソロモン諸島近くで日本海軍の駆逐艦「天霧」(1680トン)と接触し、木製だったPT-109は真っ二つに引き裂かれてしまう。ケネディーは負傷した部下を命綱で括り付けて6キロを泳いで小島に辿りつき、6日後に救出された。救出のきっかけとなったメッセージを書いたココナッツはずっと執務室に置かれてあったそうです。

 ケネディーの就任式の有名な演説もビデオで観ることができます。歴代の大統領のスピーチの中で4番目に短く(14分)、初めてテレビで放映されたスピーチだそうですがリンカーン大統領のゲティースバーグのスピーチと並んで、1,2位を争うほどの名演説に並び賞されているそうです。

全ての展示を見終えると、ドーチェスター湾を望むオープン・スペースに大きな星条旗が天井から吊り下げられた巨大な空間に出てきます。あの暗殺のシーンの展示が一切無いことに、アレッっと思いますが、誰もが知っているあのシーンを敢えて展示しなかった意図は、それなりに納得がいくものでした。何故ならケネディー大統領の最期の日を展示した、ダラスのSix Floor Museumに行けばその最期の日は、いやというほど見ることができるのですから・・・・・。

[geo_mashup_map]

【参照サイト】
JOHN F.KENNEDY Presidential Library and Museum
Columbia Point, Boston, MA 02125
617-514-1600
www.jfklibrary.orl

--------------------BOSTON-----------
【関連記事】
アメリカ最古の居酒屋「ホワイトホース・タバーン」White Horse Tavern
バーモントの美しい街「ウッドストック」とバーモント州唯一の国立公園
「プリマス」 サンクスギビング感謝祭発祥の地 
アメリカ最古のレストラン「ユニオン・オイスター・ハウス」
ジョン・F・ケネディーの生家。今もアメリカ人の心に生き続ける大統領
テディ・ルーズベルト邸とバンダービルト邸を訪ねて(旅行記①)
ユニオン教会を訪ねて 「マチスとシャガールの奇跡のステンドグラス

【関連ツアー】
BOS発 豪華マンションを訪ねる ニューポート 1日観光
NYC発 「鉄道の旅」アムトラックで行くボストン1日観光
NYC発 「鉄道の旅」アムトラックで行くボストン1泊2日
BOS発 ボストン1日観光
BOS発 ボストンシティーパス ~BOSTONの6つ主要アトラクション
BOS発 まちかど ボストン3日間市内観光付 (ヒルトン ボストン バックベイ泊)
BOS発 【お得なホテルプラン】シェラトン ボストン 2泊3日

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.