ニューヨーク/マンハッタン 2017年11月3日

秋でもまだ楽しめる?! サマータイムのポップアップ、ルーフトップ・バー、ティキ・タブー(TIKI TABU)


例年の秋よりはるかに暖かい今年の秋、通常なら夏季限定の野外のお店が、10月でも、まだ営業してるところをたくさん見かけます。ニューヨーカーは、とにかく外でお酒を飲んだり食べたりするのが大好きです。ニューヨークでは外での飲酒は禁止されてることもあって、暖かい日はレストランやバーなどの野外のスペースはいつも大賑わいです。今回私たちが寄ったのは、ニューヨークのトレンディー・スポット、ロウアーイーストサイドのルーフトップ・バー ティキ・タブー(TIKI TABU)。ここは、シックスティ エル・イー・エス ホテル(SIXTY LES Hotel)の7階にありあます。1階には、人気の寿司グループ、ブルーリボン寿司 居酒屋(Blue Ribbon Sushi Izakaya)が入っていて、おしゃれなニューヨーカで賑わっていました。

rooftopbar1

海辺をイメージする。ガラスの浮き玉のライトや貝殻のインテリアがすごく可愛かったです。

rooftopbar2

反対側からの店内の眺め。屋根付きのスペースがあるので、雨の日も安心です。

rooftopba3

ビール好きの私たちは、ニューヨーク、ロングアイランドの地ビール、モントーク・ブリュワリー(Montauk Brewing Company)のビールをチョイス。左の薄ムラサキの方が、ウェイブ チェーサー アイ・ピー・エー(WAVE CHASER IPA)、琥珀色のインディア・ペールエール。ホップの香り豊かなビールでした。右の黄色い方が、ドリフトウッド エール(DRIFTWOOD ALE)、茶褐色のペールエール・ビール。苦味の効いた、味の濃いビールでした。

rooftopbar4
バーカウンターにおいてある、おしゃれなジャーに入ったセルフ・サービスのお水の後ろの壁紙は、パイナップルのパターン。そこにかけられている写真や木彫りの彫刻は、ポリネシアっぽい感じで、南国のイメージで統一されています。

rooftopbar5

ここの売りは、なんといってもこの眺めでしょう。

rooftopbar6

北側からは、エンパイアステート・ビルディングと遠くにクライスラー・ビルディングが見えました。

rooftopbar7

これは、ホテルの前のアレン・ストリートグラフィティなどのストリート・アートがたくさん見られることで知られる、ロウアーイーストサイドだけあり、このルーフトップからもいくつか見ることができました。

rooftopbar8
店の南側からは、ワン・ワールド・トレードセンターが見えます。

rooftopbar9
ニューヨークには、他にも野外のルーフ・トップのバーがたくさんあります。色々回って、自分のお気に入りの眺めやドリンクのあるバーを見つるけるのも楽しいかもしれません。冬場は閉まってしまうお店もありますので、行かれる前に確認してから行ってくださいね。

by ya

Tiki Tabu(SIXTY LES HOTEL)
Address: 190 Allen St,
New York, NY 10002
https://www.sixtyhotels.com/lower-east-side/eat-drink/

 

【関連記事】
抹茶が大流行!ニューヨークで“MATCHA”を飲む。『MATCHABAR』
ニューヨーク夜の「人気スポット」ルーフ・トップ・バー”230 FIFTH”
ホテル・バーの新しいかたち「エース・ホテル・ロビー・バー」
夜景ざんまい『ゴールド』~ディナーと夜景とエンパイアを満喫~
マンハッタンのど真ん中、意外に楽しめる観光スポット的な空間
・ダウンタウンとハドソンリバーを一望できるルーフトップバー「Le Bain」
・ホイットニー美術館がお引越ししました!Whitney Museum of American Art
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.