この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

「一流ステーキハウスのグルメ・ハンバーガー」 マーク・ジョセフ・ステーキハウス ”Mark Joseph Steak House”

サウスストリート・シーポートから2ブロック、ブルックリン橋のすぐ袂のウォーター・ストリート261番地にマーク・ジョセフ・ステーキハウス(Mark Joseph Steakhouse)があります。ウォーター通りの211番地にはサウス・ストリート・シーポート博物館もあって、この辺は19世紀初頭に建てられた歴史保存建築が多く、通りも昔のまんまの石畳です。ミッドタウンにあるような派手な飾りもなく、シックなお店が並んでいます。

ウォール街からも歩いて来れる距離なので、パワーランチをしているエグゼキュティブのグループも見かけます。

所詮ハンバーガーはハンバーガーですが、一流ステーキハウスのハンバーガーはパンも肉も一味やっぱり違いますね。肉の味を引き出すようにうまくバランスした感じです。値段も大体$15前後とこの店構えにしてはお手頃です。

 ブルーチーズ・バーガー。 塩味がピリッと効いていてハンバーガーの中では一番のお勧めのメニューです。
今までのハンバーガーのイメージが変わるかもしれません。

ステーキ・サンドウィッチ。こちらは熟成した肉を使っているため$24と少し高めですが、サンドウィッチにしてしまうにはちょっともったい無い。

 ランチでも、ディナーと同じメニューのステーキが食べられます。サーロインとフィレミ二オンがT字型の骨の左右についたポーターハウスとサーロインが人気のメニュー。ポーターハウスはピーター・ルーガーと同じで、2人前、3人前、4人前という、シンプルなメニューです。これは、約18オンスのサーロイン・ステーキ。

 ジュージューとお皿の上で音を立ててテープルに運ばれて来て、この音と肉の香りをかいだだけで、よだれが思わず出て来そうです。ウォール街、ダウンタウンエリアでは人気No.1のステーキハウスだけあって肉の味は超一流。アメリカのレストランにしては珍しく、少しレア気味に焼き上げてくれます。

ウォール街のお客さんへのサービスか、Bull and Bearのブルのブロンズ像が入り口に置いてあります。角に触ると金運がめぐって来る(?)らしく、角だけがテカテカと光ってました。マーク・ジョセフ・ステーキハウスは、19世紀の建物が並ぶ歴史地区にありながらモダンかつステーキハウスの伝統的なインテリアのレストランです。常に「TOP-10」に入る一流ステーキハウスのハンバーガーを召し上がってみてはいかがですか?

 

261 Water St, New York, NY 10038



Mark Joseph Steakhouse
261 Water St, New York, NY 10038
(212)277-0020
http://www.markjosephsteakhouse.com/

 

【関連記事】
「ストリップハウス」で絶品のニューヨーク・ストリップ・ステーキを食す
人気投票で常にトップクラス『ストリップ・ハウス』の44丁目ミッドタウン店
一度食べたら病み付きになる「ピーター・ルーガー」ステーキハウスの極めつけ
NYで最高のフィレ・ミニオンが味わえる「キーンズ・ステーキハウス」
やっぱりSPARKSが一番かな?地元ニューヨーカー一押し
ニューヨークステーキハウスの老舗ギャラガーズ、昔の風格そのままに新装開店
あのピーター・ルーガーの味が楽しめる「ウルフギャング・ステーキハウス」
地下の隠れ家的な雰囲気のステーキ・ハウス『クォリティー・ミート』
“昼にマティーニを軽く3杯”なんて旧き良き時代の面影を感じるステーキハウス
NYステーキとピアノ・ジャズが楽しめる「ニッカーボッカー・バー&グリル」

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.