ニューヨーク/クイーンズ

小龍包の名店出身の点心の職人が腕をふるうフォレストヒルズのMemories Of Shanghai

ニューヨークタイムズで紹介されていた小籠包のお店Memories Of Shanghaiに行ってきました。Memories Of Shanghaiは、ニューヨークの有名小籠包店ジョーズ シャンハイや、Nan Xiang Xiao Long Bao(南翔小籠包)で小籠包を作っていた、点心の職人が、クイーンズのフォレストヒルズのはずれにオープンした、とっても小さなレストラン。フォレストヒルズの商店街オースチンストリートに沿って西の方へ6、7分歩き、だんだん人やお店が途切れた頃に、このMemories Of Shanghaiの旗と看板が見えてきました。この路地を入り、左奥がお店の入り口です。

img_1

ドアを開けてびっくり。狭いっ!カウンターが5席、4人掛けのテーブルが1つと、2人掛けのテーブルが1つ、外にに4人がけのテーブルが2つあるのみです。セルフサービスのお店で、カウンターで注文をして、お会計を済ますと、番号の書かれたレシートをもらいます。レシート番号を呼ばれたら取りに行きます。

img_2

Scallion Noodle(ネギ油まぜそば)
日本の油そばのような汁なしの麺で、ネギ油と醤油ベースのタレを混ぜて食べるシンプルな料理。香ばしいネギとお醤油味って、なんて合うんでしょう。

img_3

Pan Fried Noodle with Beef(牛肉のあんかけ焼きそば)
野菜がたっぷり入った牛肉のあんかけ焼そば。あんがよく絡みやすい細麺が使われています。

img_4 img_5

Chive Pancake(ニラのパンケーキ)
パンケーキと書いてありましたが、ニラのパイといった方がイメージが近いかも。薄皮で、さっくりとした皮の中に、たっぷりのニラと干しエビと卵が入っています。

img_6

Pan Fried Pork Buns(焼き豚まん)
肉まんを焼いた、焼き豚まん。日本では、蒸した豚まんが一般的ですが、底がこんがりきつね色に焼かれていてる焼き豚まん、一口サイズで、スナック感覚で、おやつにぴったりです。

img_7

Shanghai Steamed Soup Dumplings(豚肉入りの小籠包)
そして、噂の小籠包。トングがついくるので、そーっと持ち上げて、レンゲの上に乗せます。もちもちの皮の中には、熱々のスープがたっぷり入っています。生姜入りの黒酢ベースのタレがついてきますが、小籠包にしっかり味がついているので、そのまま食べてもいいと思います。

img_8

Steamed Soup Dumplings with Crab Meat(カニ入りの小籠包)
もちろん蟹肉入りの小龍包も注文しました。オレンジ色のスープがほんのり透けて見えますが、こちらも熱々のスープがたっぷり。どちらかというと蟹肉入りの方が味が濃厚で、私は好きかも。でも、どちらも、噂通りの絶品で、また行ったら蟹肉入り、豚肉入りの両方注文すると思います。。。

img_9

決しておしゃれなお店ではありません。優雅に、ゆっくり食事を楽しみたいという方にはオススメできませんが、小籠包好きなら、是非、足を運んでいただきたいお店です。今回食べたメニュー以外にも、様々な点心があったので、また、食べに行こうと思います。

by ya

Memories Of Shanghai(メモリーズ・オブ・シャンハイ)
68-60 Austin St #10A,
Forest Hills, NY 11375
http://www.memoriesshanghai.com/

 

【関連記事】
メニューは一品のみ!究極のカオマンガイ(海南鶏飯)専門店Eim Khao Mun Kai
全米オープンテニスが開幕しました 〜! ニューヨークの夏の終わりの風物詩
ニューヨーク クイーンズ地区の注目ナイトスポット
世界で1番安いミシュランレストラン「添好運 Tim Ho Wan」 New York
通いたくなる味、ロウアー・イースト・サイドの東南アジア料理〜Pig and Khao
ヌードルが人気のオシャレな中華料理店『Hao Noodle』Chelsea

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.