この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

サンディエゴでシーワールドの次に人気の観光スポット 航空母艦ミッドウェイー博物館 San Diego USS Midway Museum

サンディエゴと言えば、世界的に有名なシーワールドですが、2番人気の観光スポットがこのUSS Midway Museumです。USSというのは、United States Ship アメリカ海軍艦艇という意味だそうです。

空母ミッドウェイーは第二次世界大戦終戦の年1945年9月10日に就役して、1947年の第6艦隊、1958年に第7艦隊に加わり、1965年にはベトナム戦争に参戦、1980年代は横須賀を母港として1990年の湾岸戦争でも参戦しています。

1992年に退役するまで、なんと47年間という最も長い期間活躍した空母なのだそうで、いたる所にベテラン(退役軍人)の方がガイド役をされています。全長296メートル、幅は34メートルから72メートルで乗組員は4100名で、パイロット200人、シェフだけでも225人も乗船していたそうです。

ツアーは順番がちゃんと決まっていて最初にハンバーデッキセカンドデッキ、そしてフライトデッキの順番で見学できます。オーディオ・ガイドもあります。

フライトデッキから、退役軍人がガイドをしてくれる司令塔、操舵室の見学ツアーがあります。実際にミッドウェーの着艦していたパイロットだった方の説明は迫力ありますね。

艦長室の横にある会議室 天井は低いですが、艦内で唯一鉄板がむき出しになってない空間で、落ち着く部屋でした。

フライトデッキに展示されている戦闘機、ヘリコプターは 30機以上。トップガンでおなじみのF-14トムキャットももちろんあります。

コックピットに実際に座れる機種がいくつか用意されていますが、子供に「早く出て、俺にも座らせてくれ・・!」というお父さんも・・・。

STRIKE FIGHTER 360という最新のフライト・シュミレーターも楽しめます。2人乗りで1人$8、または1人乗りの場合は$16です。

空母ミッドウェー・ミュージアムは、家族連れで半日は十分に楽しめる観光スポットです。サンディエゴでは是非、訪れてみてはいかがでしょうか?

[geo_mashup_map]

【関連記事】
トップガンの撮影に使われた『カンザスシティー・バーベキュー・レストラン』
走るモデルの展示では世界一! サンディエゴ・モデル・レイルロード博物館 
サンディエゴで行列のできる、1番人気のハンバーガー・ジョイント ” Hodad’s”
サンディエゴ発祥の地『オールドタウン』 カリフォルニアで1番古いミッション

【関連ツアー】
サンディエゴ半日観光
サンディエゴ1日観光(ランチ付き)
バルボアパーク&博物館ツアー
ティファナ半日観光
サンディエゴとティファナ1日観光
シーワールド1日観光
ワイルド・アニマル・パーク1日観光
レゴランド&アウトレット・ツアー1日観光
サンディエゴ ディナー・クルーズ
ハーバー・クルーズ
ミドウェイ博物館・見学ツアー

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.