この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

ニューヨーク/マンハッタン

世界一の銀行家 ピアモント・モルガンの残したコレクションが見もの! モーガン・ライブラリー "The Mogan Library & Museum"

5番街の1本東のマジソン街の36丁目と37丁目の間にある、知る人ぞ知るという美術館モーガン・ライブラリー & ミュージアム地味なマディソン街の住宅街の一角にあって、これまた地味な入り口なので通り過ぎてしまいそうです。

DSC_1301

全米、いたる所にあるチェイス銀行の親会社である、J. P. モルガン・チェイス & カンパニーの創設者でもある、J.P.モルガン・ジュニアーが父親のピアモント・モルガンのライブラリーを1924年に一般公開したのが、このあモーガン・ライブラリです。

DSC_1308

ピアモント・モルガンは銀行家、投資家としてアンドリュー・カーネギーを買収してUSスティールを創設また、多くの鉄道会社を経営、統合して、19世紀末には世界一の行家、そしてアメリカ最大の財閥の1つになったのだそうです。

DSC_1386

当時は各地に鉄道会社が乱立していて、激しい価格競争から経営不振に陥る会社も多くピアモント・モルガンは潤沢な資金力でこれらの会社を再建、統廃合を行って利益が出せるようにしました。

DSC_1315

陸上を鉄道で輸送された西部からの貨物は、東海岸の港からイギリスの海運会社でヨーロッパに運ばれていた訳ですが、やはり海運業界も価格競争が激しく業界が疲弊した中で、ピアモント・モルガンは海運業界の統廃合も行ったのだそうです。

DSC_1319

1902年にモンテズン・ラインやイギリスの海運会社を買収し、国際海運商事(IMM)を設立しますが、このIMM社は、タイタニック号を建造・就航させたホワイト・スター・ライン社の親会社だったとの事。

DSC_1332

また、ピアモント・モルガンは製鉄業界も統合してUSスティールを設立しましたが、カーネギー・スティールの買収は4億8700万ドルという巨額の取引だったにもかかわらず、契約書もなく弁護士も介在しなかったのだそうです。

DSC_1335

36丁目のマジソン街の自宅は個人の家として初めて電化住宅として電灯が灯った家だったそうですが、ピアモント・モルガンは、エジソン・ゼネラル・エレクトリック社とトムソン・ヒューストン・エレクトリック社の合弁を実現させて、後のゼネラル・エレクトリック(GE)をも創設しました。

DSC_1336

( ↑ ラベルの自筆の譜面 La valse-piano solo version 1919-1929)

DSC_1378

彼は芸術品の収集家としても有名で、レアな本をはじめ、絵画、楽譜、印刷物などなどありとあらゆるコレクションを誇ったそうで、メトロポリタン美術館や生家のあるコネティカット州のワズワース図書館などに、膨大な芸術品を寄贈しています。

DSC_1331

またメトロポリタン美術館の設立に深く関わり、館長を務めた時期もあったとの事。また芸術品のコレクションの価値は当時で5,000万ドルといわれています。

DSC_1374

現在のモーガン・ライブラリーは、ニューヨークの市庁舎やニューヨーク図書館を設計した著名な建築家のチャールズ・マッキムのデザインだそうで、彼の代表的な作品にもなっているそうです。

DSC_1372

現在のモーガン・ライブラリーに展示されているコレクションは当時の膨大な収集品のほんの一部ですが、アメリカの激動の時代を生きたピアモント・モルガンの生き様と重ね合わせて楽しむ事ができる点では、訪れてみる価値ありだと思います。

DSC_1433

ニューヨークには美術館、博物館が目白押しですが、このモーガン・ライブラリーは一味違った充実した時間を過ごせること間違いなし。時間があれば、是非訪れてみてください。

【参照サイト】
The Morgan Library and Museum
225 Madison Ave, NYC NY 10016
www.themorgan.rog

【関連記事】
おすすめブランチ特集4:NYナンバー1(!?)ほわほわのパンケーキ
おすすめブランチ特集1:”good enough to eat” ホワッホワ!」のパンケーキ
ニューヨークのハンバーガー「元祖」バーガーショップ-BURGER JOINT-
ニューヨークのチーズケーキ☆人気ランキング【第1位】
ニューヨークのベーグル☆人気ランキング【第1位】
おしゃれビル内のタイムワーナーのオススメcafe BOUCHON BAKERY
小さいけれど、おいしいカフェ☆FALAI PANETTERIA☆
マンハッタンとニューヨーク郊外の情報満載の【NY特集サイト】はこちら!

【関連ツアー】
ニューヨーク1日市内観光 ~マンハッタンストーリー・デラックス~
夜景ざんまいツアー ~マンハッタンの夜景を満喫します~
ニューヨーク発ナイアガラ1日観光 ~往復航空機利用、昼食付き~
「鉄道の旅」アムトラックで行く首都ワシントン1日観光
メトロポリタン美術館 「美術専門ガイドによる解説ツアー」

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.