ニューヨーク/マンハッタン

チェルシーマーケットで、モダン韓国料理〜Mokbar

ニューヨークの話題のお店が集まる人気のチェルシーマーケット、いつ行っても、どのお店で、食べようか、迷ってしまします。まだ食べたことなかった、モダン韓国料理のMokbar(モックバー)で、ランチをすることにしました。Beer Slushy(フローズン・ビール)
ビールのソフトクリーム見たいに見えて、インスタ映えしそうな、フローズン・ビール。しゃりしゃりしてるのは、上部の白い泡の部分だけで、下は、冷えたビールでした。ストローをさしてくれましたが、ビールをストローで飲むと苦く感じがするのはなぜ何でしょうね。K-town fries(Kタウン・フライ)
キムチ、のり、ねぎ、とろけるチーズと、ピリ辛のコチジャンソース乗ったフレンチフライ。細くてさっくりしたフレンチフライは、ビールを飲みつつ、ついつい手が出てしまいます。Kalbi Dumplings(カルビ餃子)
外がパリパリのこの焼き餃子、よくさらしてある、シャキシャキの青ネギと一緒に、ゴマの風味のする酢醤油で食べます。中には、たっぷりとスープが入っていて、小籠包のよう。
Curry Chicken Katsu(チキンカツカレー)
カツカレーも、ご飯か麺を選べます。カレーまぜ麺も美味しそうですが、こちらは、定番のご飯をチョイス。カリッと揚がったチキンカツの下にはじゃがいもがゴロゴロ入った濃厚カレーがたっぷりかかっています。でも、日本のカレーとは、ちょっと違う感じでした。Bibimbap(ビビンバ)
ビビンバは、ご飯か麺を選べます。麺のビビンバを食べたことがなかったので、麺にしてみました。メインの具はポーク、チキン、豆腐から選びます。カクテキや椎茸、青ネギ、刻んだタクワンなど、具沢山。別添えのコチジャンをあえていただきます。モックバーでは、このコチジャンにこだわっていて、モックバーのためだけの特注のコチジャンで、ローカルの材料を使った18ヶ月熟成させたものなのだそうです。腰のある縮れ麺は、アメリカの大手製麺会社サンヌードルのものを使用しているそう。麺とビビンバって、良く合うんですねー。びっくり。家でもやってみようと思いました。 季節の旬の素材を使用することを心がけているモックバーでは、その材料によって、メニューも変わってくそうです。また、季節が変わった頃にまた寄ってみようかと思います。ブルックリンのパークスロープにもお店があります。

by ya

Mokbar(モックバー)
Chelsea Market
75 9th Ave, New York, NY 10011
https://www.mokbar.com/

【関連記事】
辛いけれど病み付きになる美味しさ。手打ち麺の「Very Fresh Noodles」
ミシュラン星を獲得したニューヨーク初の韓国ステーキハウスCote
シェフが食べに行くKang Ho Dong Baekjeongの韓国料理
ヌードルが人気のオシャレな中華料理店『Hao Noodle』Chelsea
通いたくなる味、ロウアー・イースト・サイドの東南アジア料理〜Pig and Khao
ニューヨークで一番美味しいフォーが食べられると評判のMadame Voのベトナム料理!
ニューヨークに横浜家系ラーメン E.A.K Ramen が初上陸!
世界で1番安いミシュランレストラン 〜「添好運 Tim Ho Wan」 New York

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.