ニューヨーク/マンハッタン 2019年1月11日

ニューヨーク:平成最後のカウントダウン2019 @タイムズスクエア

みなさま、改めまして新年あけましておめでとうございます。
ここニューヨークでも華々しく2019年が幕を明けました。
ニューヨークカウントダウンといえば誰もが一度はテレビで見たことがある、世界最大ニューイヤーイベントです。
毎年世界各地から約100万人が集まり、その様子は世界中へ向けてライブ中継され、10億人を超える人々が視聴するといわれています。
人生に一度は行ってみたい!と思われる方も多いのではないでしょうか。
私も随分前からやりたいことリストに入れていたのですが、ようやく今回実現することができました。
なんといっても冬のニューヨーク・・・
寒さは?持ち物は?予約はいるの?
最新の2019年度版・カウントダウン@NYタイムズスクエアの情報を共有したいと思います。

◎出発~制限区域に入るまで
《11:00am》
いざ、出陣。East 42nd ストリート から西に向かってタイムズスクエアを目指します。
7th アベニュー を右折して北上を試みましたが既に大量の警官とパトカーで封鎖されていました。

countdown_1

countdown_2
6th アベニュー まで引き返し、北上。47th ストリートで左折。そのまま7th アベニューへ直進。
人はたくさんいるけれど、並んでいるのか?いないのか?セキュリティーチェックは?

countdown_3
と思っているうちに人ごみから列ができて流れ始め、たどり着いた先がセキュリティーチェックでした。

countdown_4
金属探知機でボディ&手荷物チェック。
荷物の大きさに厳密な規定はなさそうでしたが、荷物の一部を捨てさせられている人もいらっしゃいました。
バックパック(リュック)はNG
アメリカは日本と違って外での飲酒が禁止されているので、もちろんアルコールもNGです。
セキュリティチェックを抜けると、0.5ブロックほど前に進むことができました。

countdown_5
ようやく制限エリア内に入ることができ、ほっと一息つこうとしたところでまた人の波が動き始め、さらに0.5ブロックほど前進することができました。
みんな場所を確保してほっとしたのか、座っておやつを食べたり、スピーカーで大音量で音楽をかけたりし始めました。
いやぁ、元気な状態で座れる瞬間がくるとは思わなかった・・・。
(その後すぐ、どこからともなく警察官が現れて、立たされてしまいましたが。。)

ちなみに、ボールドロップはタイムズスクエアの南側となるので、南側から人が詰められていきます。(早く並んだ人ほど前で見ることができます。)制限区域はいくつかのブロックに分けられており、ひとつのブロックが規定数に達すると、そのブロックは封鎖されます。並び始めが遅くなるほどビューポイントが北側になり、ボールからは離れることになります。

◎ただひたすらにそのときを待つ
午後になり、一気に雲行きが怪しくなってきました。
ポツ。ポツ・・ポツ・・・・次第に激しくなっていきます。
気温9℃という表示でしたが、体感はかなり寒かったです。

countdown_6

《5:00pm》
なにやらグッズを配っている様子!!!
一気に人の波が制限区域の両端に移動します。物凄い争奪戦。ちなみに配っていたのは赤いマフラーでした。

《5:59pm》
いきなりカウントダウンが始まって騒然。
3..2..1..... 表示されたのは
『6 HOURS TO GO!』(年明けまであと6時間)
6時間って・・・!
方々からツッコミの声が聞えてきました。

《6:00pm》
またもやグッズを配り始めました。今度は帽子手袋
ボールドロップのボールも準備完了。

countdown_7

《10:00pm》
またまたグッズ・・・今度は風船
甲子園みたいに曲に合わせて飛ばすのかな?と一瞬関西人の血が騒ぎましたが、この風船は飛ばないタイプでした(笑)
あまりの大雨で、しばらくするとみんな風船を持つ余裕もなくなり、このざま。。

countdown_8

《10:59pm》
ついに1時間前。ここからの1時間はなんだかあっという間でした。
15分前・・10分前・・5分前・・と小刻みにカウントダウンをするのかなと思いきや、直前までBebe RexhaLIVE
(全く触れていませんでしたが、有名アーティストの生ライブが目の前で見られることもタイムズスクエアのカウントダウンの醍醐味のひとつです!)

そして・・・・・ついに・・・・・・・最後の60秒が・・・・・・・・・・!

countdown_9

countdown_10

countdown_11
この瞬間だけのために朝から13時間も待ちに待ち続けました。
滝のような雨に打たれ、心身ともにぼろぼろになりながら(笑)

悪天のため例年よりも参加者、そして残念ながら途中で離脱された方も多かったかもしれませんが、晴れてタイムズスクエアで年越しを迎えられた人々の表情は輝きと清々しさに溢れ、この景色もまたタイムズスクエアでのカウントダウンの魅力のひとつだろうと思いました。
私自身も身体は完全に力尽きていましたが、心はなんとも言い表しがたい達成感でいっぱいでした。大人になってからこんな気持ち味わったことあるかな・・・。

countdown_12

countdown_13

countdown_14

ちなみにNYの大晦日のカウントダウンで雨が降ったのは24年ぶりのことだったそうです。

 

◎まとめ
• 予約やチケットの購入は不要。(お金をかけずにただひたすら待つ場合)
• ホテル、バーなどが販売しているチケットを買うという手もある。(但しボールドロップのライブビューが確約されていないものもありますので十分ご確認ください)
• 当日は午前4時からタイムズスクエアへの車両の進入が全面禁止されているため、滞在地からの移動は地下鉄または徒歩にて。
午前中にタイムズスクエアに入れば良い場所が確保できる可能性が高い。(早い人は朝9時ごろから並んでいる)
• 一度制限エリア内に入るとカウントダウンが終わるまで出ることができない。(一度出てしまうと元の場所には戻れない)
• 制限エリア内にお手洗いはないので事前に済ませておくこと。大人用おむつの装着がおすすめ。(多少防寒にもなる)一部情報サイトなどで携帯トイレを推奨されている方もいらっしゃいましたが、あの雑踏の中で携帯トイレを使用するのは至難の業だと思いました。
• 雨が降っても傘はさすことができないため、防水のウエア(上下)を着るか、カッパを持参。
• 折りたたみの椅子の持参は禁止されているが、折りたたみの小さいステップスツール(踏み台)を持参している人はちらほら見かけました。
カイロ(貼るタイプ、手持ちタイプ、靴下用)、手袋ニット帽最低限の食糧(トイレができないとはいえ、飲まず食わずではNYの寒さはしのげません!)、ビニール袋(ゴミ袋として使ったり、雨が降ったときに靴のカバーにしたり、あると重宝します)、モバイルバッテリーなどは持って行きましょう。
• 今回はペットボトルの水を持って行ったのですが、温かい飲み物を用意して行けばよかったなと思いました。保温できる水筒に沸かしたお湯やお茶を入れていかれると、随分寒さがしのげると思います。

◎おまけ
11月下旬から12月下旬までタイムズスクエアに『NYE WISHING WALL』という壁が出現し、誰でも小さな紙片に思い思いの願い事や新年の抱負・目標を書いて貼り付けることができます。その願いは年明けとともに美しくタイムズスクエアの夜空を舞います!オンラインからでも願い事の登録はできますが、ぜひカウントダウンまでにタイムズスクエアを訪れて、新年の願い事をしたためてからカウントダウンに臨んでくださいね♪

countdown_15

あえてNYタイムズスクエアで年越しをする魅力とは?
それは行かないと分からないかもしれませんが、きっと一生忘れらない光景が待っています。
次の年末はタイムズスクエアでカウントダウン・・・も、ぜひぜひ候補に入れてみてください★

by Miu

【関連記事】
マンハッタンのど真ん中、意外に楽しめる観光スポット的な空間
夜景ざんまい『ゴールド』~ディナーと夜景とエンパイアを満喫~
ホイットニー美術館がお引越ししました!~ Whitney Museum of American Art
チェルシーのCooper's Craft & Kitchenで月曜日は絶品フィッシュタコスが1ドル!
朝食やランチに、チェルシー地区にあるオーストラリアスタイル カフェ「Citizens of Chelsea」
ヌードルが人気のオシャレな中華料理店『Hao Noodle』Chelsea
セレブシェフのデイビッド・チャンが手がけるイタリアンフュージョン「Momofuku Nishi」
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.