ヴァンダービルト博物館・美術館 ロングアイランドの豪邸を訪ねて

今から200年前の1794年に生まれ、蒸気船や鉄道の一大帝国を築いた大富豪、コーネリアス・ヴァンダービルトの長男、ウィリアム・バンダービルトのそのまた長男の次男、ウィリアムス・キサム・バンダービルト2世が建てたのがこの「サマー・レジデンス」です。 1902年にグランドセントラル駅を設計したウェットモア建築事務所の設計のスパニッシュ風の素晴らしい建物です。マンハッタンから1時間弱、ロングアイランドのロイドハーバーという所にあります。

この写真は中庭から、ボートハウスに続く入口です。 向こうにロングアイランド湾が眺望できますが、さて、そのまた向こうの対岸には何が見えるのでしょう??

e8a872c31a96d45e4a53-L

望遠鏡で覗くと見えるかも知れない、この邸宅。これは実は今年の1月にブラッド・ピットが購入したロングアイランドの別荘です。チューダー建築のこれまた豪邸ですね!

5cc2bc19cf20e83a9e70-L

ブラッド・ピットの別荘もロングアイランド湾に面してるので、こんな景色が見えるんでしょうね。うらやましい~!。

f4ee305a3a5cd6d53220-L

ヴァンダービルト邸の入口です。マンハッタンからの1時間弱ですが知る人ぞ知る、隠れた見どころスポットです。このロイドハーバー付近は、いわゆるオールドマネーの金持ちが住むところで、地味で趣味のいい家が沢山あります。

eea7944e19d9de32e88e-L

石畳も凝ってます。ニューポートにあるやはりヴァンダービルトが建てたマーブルハウスも豪勢極まりありませんが、湯水のごとく有り余るお金を使って建てられたことが良くわかります。

1f3bf33361c6c8edad56-L

入口から丘を下り、橋を渡って邸宅に入りますが中世のお城のような門があります。ここまで凝るか?っと思うくらい豪勢に出来ています。

70b9d9c932fbb4ed41f4-L

中庭はスペインにある邸宅のようですが、住宅部分と美術館があり、いずれも入場料が必要です。敷地内にプラネタリウムもありますが(これは最近になって増設された)、まずはこちらで入場券を購入して邸宅に向かいます。

06952eda4fc008eb965c-L

邸宅には30もの部屋がありますが、Mansion Tour(大人$5)に参加して見学します。

40bc6e8bcea540f2641a-L

美術館は大人$7の入場料で見学できます。

d4b0bd7ad2844cb51daf-L

バンダービルト一族の礎を築いたコーネリアス・ヴァンダービルトは歴代の資産家の総額ランキングでは第5位で1690億ドルの資産があったのだそうです。 (約17兆円です!) ちなみに1位はジョン・D・ロックフェラー2位はウィリアムス・ヘンリー・ヴァンダービルト3位はアンドリュー・メロン(ガルフ石油の創設者)、4位がヘンリー・フォード、そして6位がジョン・D・ロックフェラー、Jr、7位がサム・ウォルトン(ウォルマート創始者)だそうです。 マイクロソフトのビルゲイツはズーッと落ちて20位です。

関連記事】
ワイナリーと果物狩り、シーフードとニューヨーク・ロングアイランドのワイナリー
アメリカ最古の居酒屋 「ホワイトホース・タバーン」White Horse Tavern
フランクリン.D.ルーズベルト邸を訪ねて
「オイスター・バー」 NYCグランド・セントラル駅の元祖 ”Oyster Bar”
ロックフェラーの邸宅「カイカット」を訪ねて 「NY郊外にあ富豪の豪邸」
ユニオン教会を訪ねて 「マチスとシャガールの奇跡のステンドグラス」
ニューヨークの美しい夜景も楽しめるお勧めのレストラン8選
ニューヨーク郊外ナッソーカウンティー美術館とアインシュタイン
テディ・ルーズベルト邸とバンダービルト邸を訪ねて
NY郊外のクリスマスデコレーション リンドハースト

 

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.