ニューヨーク/マンハッタン

20万人以上を動員するポップカルチャーの祭典NYコミコン〜NYCC2019

4日間で、20万人以上を動員するオタクの祭典、ニューヨークのジェイコブ・ジャビッツ・コンベンションセンターで開催されたニューヨーク・コミコン(NYCC)に行ってきました。前回紹介した、サンディエゴ・コミコンと同様に、アニメや映画、漫画などのエンタメ、ポップカルチャーの祭典で、セレブリティをゲスト出演したパネル・ディスカッションや、サイン会、写真撮影会、限定商品などを目当てに、世界中からファンが集まります。今年は、マーベルのアントマン役ポール・ラッドや、デットポールのライアン・レイノルズなど数多くのセレブリティもゲスト出演し、メディアに取り上げたれていました。70~80年代にゲームセンターで流行したゲーム、インベーダーやパックマンを家庭用卓上機として復刻した「Arcade1Up」のブース。キャラクターものの展示販売もあって、コミコン限定の人気はフィギャア等は、初日で売り切れてしまうものもあるそうです。オタクの祭典ならではの商品も扱っています。こちらは、アメリカのアニメ、レン&スティンピーのソープディスペンサー。頭を押すと、鼻からソープが出てくるようになってます。。こちらの、スターウォーズのチューイーとヒューイルイス&ザ・ニュースをミックスさせたこの商品は、このコミコン限定で、20個のみの限定生産だそうです。日本からの企業や、日本のアニメや漫画を扱う企業も多く出店していました。こちらのブースでは、日本の浮世絵にインスパイアしたプリントを販売していました。オモチャやコミックの販売や展示だけでなく、ブロードウェイミュージカルも出ていました。ハリーポッターと呪いの子のブースでは、チケットの販売の他に、クィディッチの観客席で、グリフィンドールなど好きな応援旗と共に写真が撮れるコーナーがあったり、このステージ模型が展示れれていました。Lightning Thief(盗まれた雷撃)のミュージカルの出演者達のパネルも行われたそう。コミコンといえば、コスプレを見るのも、楽しみの一つ。とにかくみんなクリエイティブです。映画「ジョーカー」が公開になったばかりと言うもあってか、今年は、バッドマンからののキャラクターのコスプレが目立ちました。ホワキン・フェニックスのジョーカーには出会いませんでしたが、ヒース・レジャーのジョーカーは、根強い人気があるようです。このペンギンのコスプレ、かなり完成度高いです。他には、スパイダーマンやキャプテンアメリカなどのスーパーヒーローや、ドラゴンボール、中には、セーラームーンのコスチュームを着たフレディ・マーキュリーと、捻り加えたコスプレをした人もいて、注目を集めていました。 ニューヨーク・コミコン、来年は、10月8日から11日まで開催予定です。チケットの購入方法等は、コミコンのWebサイトでチェックしてください。

by ya

New York Comic Con
https://www.newyorkcomiccon.com/

【関連記事】
世界最大のオタクの祭典、サンディエゴ・コミコン〜SDCC2018
北米最大のカメラと写真の展示会とヴァーチャル・リアリティー・エクスポ 
1960年代にタイムスリップ。JFK空港にオープンしたとっても素敵なTWAホテル
ノーホーの写真映えスポットいっぱいの新型デパート〜Showfields
話題のコンセプトストア Roman and Williams Guild の「La Mercerie Cafe」
夜景ざんまい『ゴールド』〜ディナーと夜景とエンパイアを満喫〜
・エンパイア・ステート・ビルは冬の透きとおる夜が一番!
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.