ロングアイランド

オイスター祭りで旬の牡蠣を堪能〜Oyster Festival


ニューヨークの郊外ロングアイランドの海辺の小さな町オイスターベイで開催されたOyster Festival(オイスターフェスティバル)で、旬の牡蠣を堪能してきました。東海岸で最大の海辺のフェステバルで、毎年15万人が来場するそうです。オイスターベイは、セオドア・ルーズベルト大統領のお膝元で、1983年にルーズベルト大統領の生誕125周年を記念して行われたパレードが元となって、このオイスター祭が生まれました。今年で、36周年を迎える、オイスターフェスティバルは、ロングアイランドの秋の風物詩の一つとなっています。メインの会場は、セオドア・ルーズベルト・メモリアル・パークで、コンサートや、フードコート、アート&クラフトの展示販売などのエリアになっています。

Oysters(生牡蠣)
お祭りの主役は、やっぱり生牡蠣。目の前で剥いた新鮮なオイスターは、5つで$12。まずは、5個ずつ買って、味見をしてみることに。カクテルソースとレモンを乗せてくれます。ホースラディシュやポン酢、スパイシーソース等も用意されていました。ミルキーで甘みのあるオイスターで、一人5個なんて、あっという間に、食べてしまいました。6万個の牡蠣が消費されるそうです。Fried Oysters(牡蠣フライ)
カキフライもあります。日本のカキフライに比べると衣が薄いカキフライ。衣がフニャッしていたのがちょっと残念でしたが、衣に胡椒が効いた味がついていて、そのまま何も付けずに食べても美味しかったです。Seared Sea Scallops(ホタテ焼き)
オイスター以外にも、いろんなシーフードのお店が出ていました。色々食べてみて、美味しかったのが、このホタテ焼き。プリプリの身で、塩加減も絶妙で、テーブルを探す間も無く、立ち食いであっという間に完食してしまいました。他にも、蒸しあさりや、クラムチャウダー、ムール貝のワイン蒸し、ロブスター、フィッシュ&チップス、エビフライなどなど、シーフードの売店がずらりと並んでいて、私たちはシーフードばかり食べていましたが、ハンバーガーや、ステーキサンドイッチ、焼とうもろこしやパスタなど、シーフード以外の売店もありました。

私の好きな、ロングアイランドの地ビールBlue Point Brewing Coのビアガーデンもありました。フードコートのあるこのあエリアで、アルコールが飲めるのは、ここだけで、21歳未満は入場不可だそうです。このフェスティバルのスペシャルビールOyster Fest IPAをゲットしました。苦くてスッキリしたビールは、シーフードを食べた後にぴったり。秋の味、パンプキンエールもありました。メニューはビールだけなので、フードコートで食べ物を買って、ビアガーデンに持ち込んでビールとともに食べてるいる人も。私たちもそーすればよかったです。

オイスターベイのダウンタウンは、ストリートフェアのエリアになっています。ステージでは、地元の学生達のスクール・オブ・ロックがライブをしていました。友達や家族が応援に来ていて、地元密着な感じも、ほのぼのとして良い感じでした。ストリートフェア沿いのレストラン2 Springの裏庭でオイスターを食べつつ外飲みできるエリアを見つけたので、ここでもオイスター食べることにしました。さすがレストラン。氷でできたの器にキレイに剥かれた牡蠣が盛られていて、フェスティバル会場の牡蠣よりだいぶおしゃれに見えます。会場で食べた牡蠣よりぷっくりしていて、磯の香りが強いオイスターでした。 このビーチの先は、キッズ向けのエリア。今年は、クリストファー・コロンブスが、初の大西洋横断航海のときに使ったの帆船のレプリカ、サンタ・マリア号が停泊されていて見学ができたり、家族連れで楽しめるアクティビティがあったそうです。移動遊園地のカーニバルエリアもあって、絶叫系のライドや観覧車など、ここも家族連れで賑わっていました。雨が降りそうだったので、早めに切り上げて来てしまいましたが、美味しいシーフードをガッツリ食べて、とても楽しかったです。また、来年も行きたいなーと思います。オイスターフェスティバルの会場には、駐車場はありませんが、無料の駐車場が、付近に用意されていて、そこから無料のシャトルバス(映画やテレビでよく見る、あの黄色いスクールバス)が出ています。ロングアイランド鉄道のオイスターベイ駅が会場のすぐ近くなので、マンハッタンから電車を利用するのも便利です。

by ya

Oyster Festival(オイスターフェスティバル)
https://www.theoysterfestival.org/

【関連記事】
ロングアイランドのBlue Point Brewing Co.でビール・テイスティング
セオドアー・ルーズベルト邸 サマー・ホワイトハウス サガモアヒル
ロングアイランドの行列ができるキュートなブランチ専門店Hatch
ヴァンダービルト博物館・美術館 ロングアイランドの豪邸を訪ねて
ニューヨーク郊外ナッソーカウンティー美術館とアインシュタインの言葉
19世紀にタイムスリップ。遊んで学べる歴史ミュージアムOld Bethpage Village Restorationの秋祭り
ワインのある美しい風景〜日帰りで行く、ロングアイランドのワイナリー巡り
足を運ぶ価値あり、ブランチ専門店「ブルース アンド サン」 〜 ロングアイランド グリーンポート
10年後にはナパ バレーを超える!? ロングアイランドワイナリーツアー!
牡蠣剥き体験もできる海辺のオイスター小屋で新鮮シーフード〜Little Creek Oyster Farm & Market

Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.