ワシントンD.C.

ワシントンDCの最新ダイニング・エリア14thストリートで大人気のPearl Dive Oyster Palace

ワシントンDCで多数のレストランが急速にオープンしている最新の人気のダイニングエリア14thストリート。その中でも、1、2を争う人気店、Pearl Dive Oyster Palaceに行ってきました。お店の前の立ち飲みのバースペースに、人が溢れかえっていましたが、私たちは予約していたので、待たずにすんなり案内してもらえました。。。

img_1

メニューは、オイスターとルイジアナ料理が中心。オイスターバーなので、まずは、生牡蠣。6個から注文できます。その日の牡蠣のリストから選びます。お店にお任せすることもできます。私たちは、西海岸から一種類、東海岸のもの二種類(近所とメインのもの)選びました。バージニア州のワー・ショワ・オイスター(War Shore Oyster, VA)2個、ワシントン州のフラップジャック産(Flapjack Point, WA)2個、メイン州のファライング・ポイント産(Flying Point. MA)2個。ソースは、赤い方がカクテルソース、もう一つは、オニオンのみじん切りが入ったビネガーでした。

img_3

チャピトゥーラス(Tchoupitoulas)
ニューオーリンズの通りの名前がついた温かい牡蠣の料理。牡蠣のコンフィの上に、ブルークラブ、ルイジアナ州のタッソハムとコーンのグリルが乗っていました。

img_4

牡蠣のグリル(Wood Grilled East Coast Oysters)
温かい牡蠣料理をもう一品頼みました。ニンニクの風味が良く、ピリ辛でした。写真手前は、暖かいバターたっぷりのロールパンとコーンミールブレッド。

img_5

img_6

Lobster Rangoon(ロブスター・ラングーン)
ロブスターのすり身とクリームチーズが入った、ワンタンの包み揚げ。カニのすり身が入っているのが一般的ですが、ロブスターは初めて。贅沢な味です。ソースがものすごく辛いので、辛いものが苦手の方は、やめておいたほうがいいと思います。

img_7

Shrimp Po’Boy(シュリンプ・ポーボーイ)
ポーボーイは、ニューオーリンズの名物サンドイッチ。特にエビフライの入ったシュリンプ・ポーボーイが大好きなわたしは、メニューにあるとつい頼んでしまう料理。ちょっぴり辛いアイオリソースがエビフライによくあいました。

img_8

リコッタのベニエ(Ricotta Beignets)
揚ドーナッツベニエ。ラズベリーピュレ、ピーナッツバター&バニラシロップ、ブラウンシュガーチーズケーキのディップ。そのまま食べるのも美味しいですが、ニューオリーンズ風に、コーヒーやカフェオレに浸して食べても美味しいですよ。

img_9

雰囲気も、味もよくて、人気なのが納得。どの料理もとても美味しかったのですが、おすすめなのは、やはり牡蠣です。特に、温かいオイスター料理は絶品でした。こんなお店がニューヨークにもあったらなーと思いました。

img_10

by ya

Pearl Dive Oyster Palace(パール・ダイブ・オイスター・パレス)
1612 14th St NW,
Washington, DC 20009
http://www.pearldivedc.com/

 

【関連記事】
ワシントンDCの絵になる街ジョージタウン散歩の旅
フォトジェニックなスポットもたくさん!アメリカの首都ワシントンDCへ行こう!
海と歴史とグルメを満喫 !メリーランド州の州都アナポリスは週末も大人気!
アメリカ国歌「星条旗」の歌詞が生まれた場所、ボルチモアに行ってみよう!
「国立航空宇宙博物館」別館『スティーブン・F・ウドヴァーヘイジー・センター』
スミソニアン航空宇宙博物館 〜ワシントンで2番人気の必見の博物館〜
独立記念日 〜ニューヨークからバージニアのウイリアムズバーグへ〜
アムトラック/アメリカ東海岸回廊を旅する〜ワシントン-ニューヨーク-ボストン〜
アムトラックで行く首都ワシントン1日観光 体験記 その①
不気味でノスタルジックな、ウエストバージニアの旧トランス・アレゲーニー精神病院

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.