この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

アンデス山脈の麓、ウルバンバ川の恵みに育まれた谷「聖なる谷」インカ帝国の首都を守った要塞でもあった「オリャンタイタンボ」

「オリャンタイタンボ」(Ollantaytambo)はスコから北西97キロメートル、ウルバンバ川の支流パタカンチャ川が流れ込む谷間の町。谷間といっても標高は2,792メートルもある。

Ollantaytambo, Peru Rail (14)
インカ時代は要塞として利用されていたとも言われ、この場所から聖なる谷を支配していたとされる。「タンボ」とはケチュア語で「宿泊施設」という意味があるように防壁に囲まれたこの遺跡内は宿泊所としても利用されていた。

Ollantaytambo, Peru Rail (39)

インカの末裔が今も昔と何一つ生活をおくっている片鱗が街の至るところに見ることができる。インカ時代の石組みも、何度となく訪れた地震にも寸分の狂い生じることなく整然としている。

Ollantaytambo, Peru Rail (30)

インカ時代に造られた水路は、今でも生活用水として十分に使うことができる水が滔々と流れている。そしてマチュピチュ行きの登山列車が出発するオリャンタイタンボは観光地としても人気。

Ollantaytambo, Peru Rail (17)

オリャンタイタンボの街に入ると急に道がインカ時代からの石畳の狭い道になりまるでインカの時代にタイムスリップしてしまったかのよう。

6ef62232ea0e1fd66a3d-M 852a804f40f442333a15-M

段々畑が広がる坂を登ると広場にでるが、かつての太陽神殿だったとも言われる高さ4メートル、幅10メートルにも及ぶ巨石の建造物が残っている。この建造物が何であったのかは解明されていない。

68e302adb013cab44ebb-L

acd8456f011de75c143f-M e3e19f73ba150418ca48-M

オリャンタという村の山の急斜面にできた遺跡で、段々畑(テラス)のような形が特徴。

4d2051b1166493eced72-L

宗教的、政治的、軍事のための場所、そして高貴なインカの休息場所でもあったこの遺跡は神殿、天体観測場、儀式のための広場、水汲み場、地下水路、防壁、段々畑、そして食料貯蔵庫などの働きを持っていた場所といわれている。

6d63a4353b2eae32c568-L

頂上には太陽の神殿の巨大城壁があり、かつてこの場所が聖なる神を崇拝する為であったことが伺えます。車輪を持たなかったインカの人々がどうやってこの巨大な石を山の頂上まで運んだのかは今なお謎です。オリャンタイタンボは世界遺産マチュピチュに行く登山列車の出発地。ここからマチュピチュの麓のアグアスカリエンテス村までは1時間30分の列車の旅だ。

Ollantaytambo, Peru Rail (63)

晴れた日には、オリャンタイタンボ駅から霊峰ベロニカを眺望することもできる。

Ollantaytambo, Peru Rail (72)

列車の出発までの間、駅前の屋台で売っている、茹でたてのとびきり大粒のトウモロコシとちょっと塩気の効いたチーズと一緒に召し上がれ!

Ollantaytambo, Peru Rail (68)

ここからアグアスカリエンテス駅まで約1時間30分。山あり、谷あり、川あり、渓谷あり、遺跡ありの絶景の旅の始まりです。

Ollantaytambo, Peru Rail (59)

【関連ツアー】
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(日本語)
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(英語)
・マチュピチュペルー・ハイライト7日間 (日本語ガイド/デラックスホテル利用)
・マチュピチュインカ帝国 ペルー秘境の旅8日間 (日本語ガイド/デラックスホテル) 
・マチュピチュナスカの地上絵とマチュピチュ 8日間(英語ガイド/スぺリアホテル)

【関連記事】
これは地上に描いた星座?超弩級の不思議な世界遺産「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカの秘密都市?
孤高の古代空中都市そしてインカ帝国の最後の聖地「マチュピチュ」
クスコの夜は「ドン・アントニオ」の民族音楽と舞踏ショー
リマでは見逃せない「ラファエル・ラルコ・エレーラ博物館」
かつてのインカ帝国の首都「クスコ」 インカ文明の遺物
かつてのインカ帝国の首都クスコ周辺「聖なる谷」の遺跡ケンコー
世界遺産マチュピチュへの玄関口「アグアスカリエンテス」(マチュピチュ村)
・マチュピチュ行きの鉄道/Peru Rail
・インカの都「クスコ」とピサック村の市場(ペルー)

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.