この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

「世界遺産」~天空の都市マチュピチュ(ペルー)

朝日に輝き始めるマチュピチュ

南米ペルーの世界遺産『マチュピチュ』です。この古代インカの遺跡は標高約2000メートルの高い山の尾根にあり、山の裾から専用のマイクロバスで登って行くのですが、下からは全然見えません。ほんとに隠された場所にあるんですねぇ。( ̄0 ̄;ノ

ペルー_4419158_世界遺産 マチュピチュ(1)

聖なる空中都市『マチュピチュ』はアメリカの歴史学者で探検家でもあったハイラム・ビンガム(1875-1956)により1911年に発見されたそうです。当時はスペイン人征服者たちから逃れたインカ軍が作った伝説の町『ビルカバンバ』の発見かと思われたが実際は違ったみたいですね。

マチュピチュ

黄金伝説を捜し求めていたハイラム・ビンガムがこの遺跡を発見した際には金などの財宝はすでに荒らされてしまっていたようです。なんかロマンを感じますね。

ペルー_4419153_世界遺産 マチュピチュ(6)

周辺から多くのミイラや銅のナイフ、陶器、生活に使用されていたと思われる石や木で作られた道具なども多数発見されています。遺跡の中は農耕地区、居住区域、神聖な広場(神殿などがある場所)、王族の集落、牢獄の集落、工業地区などで1つの町が形成されているみたいですね。

ペルー_4419156_世界遺産 マチュピチュ(5)

これはマチュピチュ遺跡の市街地では一番高いところにある『インティワタナ(intihuatana)』という日時計のようなもの。インカの人々は太陽信仰があったとされるが、ここはその祈りの場所だったのだろうか? 石の角が東西南北を向いているのも・・・

ペルー_4419157_世界遺産 マチュピチュ(5)

マチュピチュは標高2000メートルの山の上にあることから天気が良いと日中は陽射しが強いです。冬はとっても暖かいアルパカ製品でお馴染みのアルパカちゃんもこの通り。まったりとお昼寝しています。世界遺産でお昼寝なんて贅沢ですねぇ。

若い峰という意味のワイナピチュを望む

ツアー参加のお客様から高山病について良く聞かれますが、ルックツアーのパッケージにご参加いただくと徐々に上がって行くコース設定なのでとっても安心。ちょっとでも体調が良くない時は慣れた現地スタッフが対応します。

ペルー_4419911_世界遺産 マチュピチュ(8)

これは『コンドルの石』。このすぐそばには牢獄のようなものがあり、犯罪を犯した者に罰を与えていた場所と考えられている。怖~~い。

ペルー_4419912_世界遺産 マチュピチュ(7)

そんな魅力いっぱいのマチュピチュですが、この他にもいろいろ見所があるんです。さらに奥へ進みワイナピチュという山を登ると月の神殿に行く事ができるんです。また、インカトレイル(インカ道)も有名ですよね。古代インカの人々が通った同じ道をトレッキングするのもいいかもしれません。[by Su-Z]

【関連ツアー】
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(日本語)
・マチュピチュ村滞在&ワイナピチュに登る!ペルー7日間(英語)
・マチュピチュペルー・ハイライト7日間 (日本語ガイド/デラックスホテル利用)
・マチュピチュインカ帝国 ペルー秘境の旅8日間 (日本語ガイド/デラックスホテル) 
・マチュピチュナスカの地上絵とマチュピチュ 8日間(英語ガイド/スぺリアホテル)

【関連記事】
これは地上に描いた星座?超弩級の不思議な世界遺産「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカの秘密都市?
孤高の古代空中都市そしてインカ帝国の最後の聖地「マチュピチュ」
クスコの夜は「ドン・アントニオ」の民族音楽と舞踏ショー
リマでは見逃せない「ラファエル・ラルコ・エレーラ博物館」
かつてのインカ帝国の首都「クスコ」 インカ文明の遺物
かつてのインカ帝国の首都クスコ周辺「聖なる谷」の遺跡ケンコー
世界遺産マチュピチュへの玄関口「アグアスカリエンテス」(マチュピチュ村)
・マチュピチュ行きの鉄道/Peru Rail
・インカの都「クスコ」とピサック村の市場(ペルー)

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.