この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

家族連れからカップル、車好きのおじさんも楽しめる「ピーターソン自動車博物館」"Petersen Automotive Museum"

車社会のロサンゼルスらしく、自動車博物館は充実しています。サンフェルナンドバレーにある知る人ぞ知るクラッシックカーの殿堂ネザーカット博物館も凄いですが、こちらも見ごたえがあります。

博物館というより、ちょっとした自動車テーマパークのようになっているので家族連れ、デートスポットとしても人気です。

1954 Kaiser Darrin KD161

おちょぼ口のようなグリルと、前後にスライドするドアがユニーク435台しか造られてないが、ファイバーグラスで作られているためいまでに良いコンディションでそのほとんどが現存するそうです。

1956 Jaguar xkss

直列6気筒 3,442cc 4速MT1957年の工場火災で生産中止となってしまったためたった16台しか生産されなかったそうです。

1940 BMW 328 MM Kamm Couope
空気抵抗を極力抑えたボディーライン、キドニーグリルもそのままです。

1937 Delage D-8 Coupe Aerosport

プジョーのエンジニアだったLouse Delageが作った車戦争のため12台しか生産されなかったそうです。

1961 TOYOTA Toyopet

日本のトヨタ・クラウンですが、度デカイ60年代のアメリカ車と並ぶと小型車に見えます。愛車がトヨタだからでしょうか?アメリカ人にも人気の展示車のようです。

1963 Chrysler Turbine
ガスタービンエンジンを備えた世界でただ1つの車。全部で55台生産され、現在は9台が博物館などに残っているそうです。(後ろには、Nissanのハイドロジン・エンジンの車が展示されていました)

1928 Martin Aerodynamic
交通渋滞とパーキングの問題を解決するために航空機メーカーで作られた車。今見ても未来形で、近代美術館に展示されていてもおかしくなくデザイン。

1956 Cosmic Concept Mystery Car

テールラップの飛行機のようなフィンのデザインが際立っていた時代の車。

1956 Lone Star

色といいデザインといい1950年代の夢と希望に満ちたアメリカを象徴するような車というより宇宙船のようなボートです。

1階は車という生活の道具を通じてアメリカ社会の移り変わりを展示したテーマパークのような設定、2階は車という工業製品を通じて技術の発展をテーマにした展示になっていますが、車好きにもそれなりに楽しめる博物館、是非足を運ばれてみてください。

[geo_mashup_map]

【参照サイト】
Petersen Automotive Museum
6060 Wilshire Blvd
Los Angeles, CA 90036
http://petersen.org/

【関連サービス・ツアー】
・朝から晩まで思いっきり遊ぶ!サンタモニカ1日観光
グリフィス天文台の夜景とローリーズの極上プライムリブのディナー
カリフォルニア・ワイナリー見学とテメキュラ・ツアー
サンタバーバラ・ワイナリー日帰りツアー
ロサンゼルス1日観光(映画ロケ地つき)
ハリウッドスター豪邸めぐりツアー
グランドキャニオン1日観光(ロサンゼルス発)
国境越えメキシコ・ティファナとカリフォルニア・サンディエゴ観光

【関連記事】
グリフィス天文台 ロサンゼルスの夜景は必見”オレンジ色に輝く絨毯を見よう” 
人気上昇中!「テメキュラ・ワイナリー」 ロサンゼルスからプチ・バカンス 
ジョシュア・ツリー国立公園 砂漠と奇岩とジョシュア・ツリーの宇宙的な光景
名門校UCLAを訪ねて カリフォルニア大学ロサンゼルス校
サンタモニカとマリブビーチそぞろ歩き ロサンゼルスの見どころ
アメリカ、カナダで1番人気のプチ・リゾートホテル”San Ysidro Ranch”
カリファル二アのリビエラ「サンタ・バーバラのワイナリー巡り」
ミレニアム・ビルトモア・ホテル 数々の映画、TVのシーンに登場したホテル 
ローリーズ(Lawry’s) 世界一のプライム・リブステーキ!

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.