この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

マウントラッシュモア/アメリカのもう1つの象徴

みなさんはアメリカのシンボル的存在と言ったら何を想像するでしょう?  まず誰もが思いつくのはニューヨークにある「自由の女神」ではないでしょうか?名前の通りアメリカの「自由」のシンボルとして毎年たくさんの観光客が訪れる、誰もが知っている有名な場所ですよね。  

そしてもう1つのシンボルはと言うと、サウスダコタ州にある「マウントラッシュモア国立メモリアル」。この名前を聞いてもピンとくる方は少ないかもしれませんが、アメリカを代表する4人の大統領が岩山に彫られていると言うと、わかる方も多いのではないでしょうか。  

03f52e445b07741def38-L

4人は左から初代大統領ジョージ・ワシントン、3代大統領トーマス・ジェファーソン、26代大統領セオドア・ルーズベルト、一番右が16代大統領アブラハム・リンカーンですが、ではなぜこの4人が選ばれたのでしょう?  この4人の大統領はアメリカの基礎を築いたと言われています。  

R1084978-500x375

ワシントンは「アメリカ建国の父」と呼ばれ、アメリカの独立を導き、民主主義の国へと変えていきました。ジェファーソンは独立当時は狭かったアメリカの領土をヨーロッパ諸国から買収をし、広大な国土を持つ国にしました。ルーズベルトは若くして大統領に就任しましたが、パナマ運河の建設によりアメリカ経済の発展に大きく貢献したと言われています。そして最後のリンカーンは「奴隷解放」が最も有名ですが、民主主義の源である「基本的人権」を法律で定めました。  「自由」の象徴「自由の女神」、アメリカの原則と理念の象徴「マウントラッシュモア」、どちらもアメリカ国民にとっては誇り高い場所になっています。  

753a72d7de85b92bb0a5-L

ビジターセンターではマウントラッシュモアに関するたくさんの展示物があり、どのように岩山が彫られたか歴史を知ることができます。岩を爆破するためのスイッチを入れる疑似体験もできるのでとてもおもしろいです。 

08a37b315f333508f631-L

そしてもう1つ、完成すれば世界最大級の彫刻、アメリカン・インディアンの象徴とも言えるスー族の英雄「クレージーホース」の巨大な岩山彫刻もすぐそばです。1948年に始まったこの巨大彫刻はまだ顔の部分しかできていませんが、クレージーホース像は完成すると高さ169m、幅192mになるそうです。  


【参照サイト】
・マウントラシュモア国立記念公園の見どころ・楽しみ方
マウントラシュモア国立記念公園」世界中から300万人が訪れる 
マウント・ラシュモア~クレージーホースからニードルアイ・ハイウェイー
サウスダコタ ラピッド・シティー!歴代大統領の銅像がいたる所にある街

クレイジーホース記念碑「コルチャック家族の自費プロジェクト」 

【関連ツアー】
イエローストーン、マウントラッシュモア、グランドティトンと5日間
フライ&ドライブ、マウントラッシュモアとイエローストーン 5日間
フライ&ドライブ、マウントラッシュモアとデビルズタワー 5日間
 行ってみたい国立公園・モニュメントから簡単に選べるツアー一覧表はこちら! 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.