この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

映画「トップガン」の舞台になったカリフォルニア第二の都市”サンディエゴ” メキシコ情緒とハイテクが融合したハイセンスの街

サンディエゴと言えばトム・クルーズのヒット映画「トップガン」を思い浮かべる方も多いでしょう。北のロサンゼルス2時間強、南のメキシコのティファナまで1時間弱というロケーションでカリフォルニア第二の都市です。

空港がダウンタウンの直ぐ近くという事もあって、手を伸ばせは届きそうなところを着陸態勢に入っていく飛行機を見ることができます。これもサンディエゴ風物詩ですね。

ニューヨークではセントラルパークが人々の憩いの場所ですが、ここサンディエゴにはセントラルパークにも負けないどころか、全米最大の都市公園「バルボアパークがあります。敷地はセントラルパークの1.4倍の1200エーカーで、15も博物館、美術館があります。

抜けるような青い空と椰子の木、緩やかの丘に立つメキシコ情緒のある家々、近代建機美溢れるダウンタウンの建物などなど、洗練された街でもあります。

ダウンタウンの北にあるサンディエゴ発祥の地と言われるオールドタウン。1769年にスペインからの移民が最初に住み着いた所で、カリフォルニアが誕生した街とも言われているそうです。

サンディエゴで一番若者に人気の賑やかなエリア、ガスランプ・クォーター。19世紀の町並みがハイセンスなブティックやレストランに生まれ変わっています。

サンディエゴのもう1つの風物詩といえる赤い路面電車。MTS(Metropolitan Transit System)が運営するSan Diego Trollyで、メキシコ国境のSan Ysidroや オールド・タウンにも行けます。

Amtrak も街の中を走ります。 やっぱり街のなかに鉄道が溶け込んでいるという風景は日本で馴染みがあるせいか、車が無くてもどこにでも行けるんだという安心感からか非常に親しみがわきますね。

ダウンタウンには一人暮らし用だったのか、小さな家がたくさんあってブティックや、カフェになっています。

そして、サンディエゴは太平洋艦隊の主要な母港でもあって海軍基地ミラマー海軍航空基地もあります。エリートパイロット養成校であったトップガンはミラマー海軍航空基地にありました。ワシントンのアーリントン墓地に匹敵する規模の戦没者の墓地もあります。1846年のメキシコ戦争の戦没者も埋葬されている歴史のある墓地でもあります。

サンディエゴは、素晴らしいビーチ、メキシコ情緒のあるオールドタウン、起伏に富んだ地形に建つ風情のある家並み、そして市民の憩いの場バルボアパークなどなど2,3日は存分に楽しめる街ですね! 是非一度訪れてみてください。

【関連ツアー】
サンディエゴ半日観光
サンディエゴ1日観光(ランチ付き)
バルボアパーク&博物館ツアー
ティファナ半日観光
サンディエゴとティファナ1日観光
シーワールド1日観光
ワイルド・アニマル・パーク1日観光
レゴランド&アウトレット・ツアー1日観光
サンディエゴ ディナー・クルーズ
ハーバー・クルーズ
ミドウェイ博物館・見学ツアー

【関連記事】
70機もの展示バルボア・パークの『サンディエゴ・エアー・スペース博物館』
サンディエゴ海事博物館 San Diego Maritime Museum
カリフォルニア・ミッションで最も古い『ミッション・サンディエゴ・デ・アルカラ』
サンディエゴのバルボアパークにある知られざる美術館『サンディエゴ美術館』 
サンディエゴの観光スポット 航空母艦ミッドウェイー博物館
サンディエゴの若者の集まるトレンディ・スポット「ガスランプ・クォーター」
映画「トップガン」の舞台になったカリフォルニア第二の都市”サンディエゴ”
サンディエゴで行列のできる、いつも1番人気のハンバーガー・ジョイント ”

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.