この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

SEATTLE SEAHAWKS スーパーボール優勝おめでとう! お疲れ様 “12th Man”

私がシアトルに赴任してきて初年度に、チーム史上初のスーパーボウル優勝を果たしました。シアトルに来るまで、アメフトに全く興味がなかった私が躍動感に駆られ、
今ではどっぷりと“12th Man”の仲間入りです。ムムッ、街中に飾られる“12”のフラッグ?チームシャツの背番号1212th Man?とは、いったい何を意味するのでしょう。

それは、シーホークスファンは12人目の選手として、“The 12th Man”と呼ばれているんです。チームはファンを12人目の選手と位置づけ、背番号12を永久欠番にしているんですね。“12”の影響は、こんなところにも現れてます。例えばJack in the boxというハンバーガー屋は12%オフにしたり、スターバックスは青色の服を身に付ければ税込み12セントでトール・サイズのコーヒーが飲めたりしました。もちろん、シアトルの店舗だけです。 勤務先ビルのロビーです。出社時、退社時には、必ず手を合わせ、優勝祈願をします。(笑)

12th Manブログ-001

 MACY’Sデパートまでが応援。

12th Manブログ-002

 ダウンタウンの中心街にあたるWest Lake Centerはもちろんのことです。

12th Manブログ-003

 負けてません、、、NORDSTROMデパートもです。

12th Manブログ-004

 West Lake Center内に急遽オープンしちゃいました。

12th Manブログ-005

 モノレールも12番目の選手として運行してます。

12th Manブログ-006

 もちろん、パイク・プレイス・マーケットもフラッグを掲げてます。

12th Manブログ-007

 こちらは、スミス・タワーといって1914年に建てられた42階建てビルで、完成時は世界4番目に高いビルだったところです。他にも画像はありませんが、至るところでビル屋上にはフラッグが掲げられているんです。もちろん、シアトルのシンボルとして知られるスペースニードルの天辺には、ひときわ目立つ大きなフラッグが掲げられています。

12th Manブログ-008

優勝時には、ここパイオニアスクエアに12th Manが集結し、盛り上がりました。

12th Manブログ-009

12th Manブログ-010

そして、シアトルシーホークスの本拠地センチュリーリンクフィールドです。
満員御礼の時は、67,000人の観衆で盛り上がります。

12th Manブログ-011

12th Manブログ-012

12th Manブログ-013

今こそシカゴに本社がありますが、長く製造工場がシアトル郊外にあるため、地元企業という位置づけで、ボーイングも12th Manです。やっぱり凄い、最新鋭機747-8型機を12th Manにしてしまいました。スーパーボールの3日前にシアトルの上空を5.5時間のフライト。フライト番号ボーイング12便、飛行ルートも12を描くほどの徹底ぶりです。

12th Manブログ-014

12th Manブログ-15

12th Manブログ-016

そして、チームが一体となる優勝パレードの日がやってきました。気温マイナス6度も感じさせない朝8時過ぎから既に熱気を感じます。

12th Manブログ-017

12th Manブログ-018

そして、優勝パレードが始まりました。約700,000人の12th Manが、ここダウンタウンに集結。チアガールを乗せたダックツアーの車がやってきました。やはり綺麗な方々です。

12th Manブログ-019

優勝に導いてくれたピート・キャロル(Pete Carroll)ヘッドコーチ、、、ありがとう!

12th Manブログ-020

選手たちもノリノリ、身近でみると皆さんかっこいいですね。

12th Manブログ-021

12th Manブログ-022

そして、選手たちがホームグランドに着いた時、空にはボーイング12便が、、、

12th Manブログ-023

今朝のフライト スケジュールには無かったのに、思いがけないサプライズで締めくくりとなりました。

by Seattle J-Boy

 

関連ツアー】
シアトル半日市内観光
シアトル・マリナーズ観戦ツアー (1階席)
セーフコ・フィールドツアー
ボーイング工場見学と航空博物館ツアー
シアトル 食べ歩きツアー
エレガントディナーと夜景ツアー
オリンピック国立公園観光
【シアトル発】バンクーバー1日観光
シアトルシティーパス ~6つ主要アトラクションに行けて9日間有効~

【関連記事】
1927年から続く日本庭園「クボタ・ガーデン」シアトルの人々の憩いの場所
世界遺産にも指定されたオリンピック国立公園のレインフォレスト
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
シアトル『 The Crab Pot 』でワイルドな食べ方を楽しもう! = Seattle The Crab Pot =

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.