この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

イタリア歴史都市 ~美しい海と白い石造りの建物が並ぶ街、シチリア島 ~

Panoramic view of Taormina's beach from the theatre

~ タオルミーナ ~ 世界中から観光客が訪れる高級リゾート地、タオルミーナ。映画『グラン・ブルー』の舞台になったことで知っている人も多いはず。美しい海と白い石造りの建物が並ぶ街は、映画の雰囲気そのもの!シチリア島の東岸にたたずむ小さな街で、イタリアンリゾートを満喫しましょう。

カターニャから電車で約1時間。青く輝く地中海に、噴煙たなびくエトナ山が見晴らせます。標高200メートルの切り立った山の中腹に広がる街は、徒歩でのんびり観光するのにちょうどいい大きさです。街の両側にあるメッシーナ門とカターニャ門の間は約800メートル。間をつなぐメーンストリートのウンベルト通りには、おしゃれなカフェや新鮮な魚介料理を提供するレストランが並んでいます。

Taormina Of Sicily View of the small town Taormina of Sicily

メッシーナ門の右手にあるのは、中世の貴族の館、コルヴァーヤ宮殿。ウンベルト通りの中心にある4月9日広場からは、イオニア海の壮大なパノラマが臨めます。1860年4月9日、イタリア統一に貢献した軍事家ジュゼッペ・ガリバルディーのシチリア上陸の報を受けて 、喜ぶ人々で広場があふれたことから名付けられました。ゴシック様式のサン・アゴスティーノ教会、バロック様式のサン・ジュセッペ教会、要塞のような大聖堂(ドゥオーモ)など、威風ある建築物の見事さにも圧倒されます。映画『グラン・ブルー』の撮影でも使われたサン・ドメニコ修道院は内部が豪華に改装され、現在は高級ホテルとなっています。

bigstock-Ruins-Of-The-Greek-Theater-Ta-46576525
~ギリシャ劇場とエトナ山~  
そして、タオルミーナ観光では外せないスポット、ギリシャ劇場。紀元前3世紀、ギリシャ植民都市時代に建設された、シチリア島第2の規模を誇る古代劇場です。古代ローマ時代の紀元2世紀にロ ーマ風に改装されました。半円形の劇場で客席から舞台を見下ろすと、背景に広がるのはナクソスの港町。現在でも、夏には映画祭、コンサート、オペラなどが開催されています。治安がいいのもタオルミーナの魅力の一つ。バカンスに訪れるのはヨーロッパ人が中心で、観光客を狙った犯罪は少なく、夜も安全です。哲学者のニーチェ、詩人のゲーテやワイルドなど、著名人に愛さ れた屈指の景勝地で、ゆったりと時を過ごしてみてはいかが。 

 

~ 世界遺産アグリジェントの神殿の谷 ~  世界遺産アグリジェントの神殿の谷は、紀元前6世紀、ギリシャ植民都市として建設された古代遺跡。20以上の神殿が地中海の青い空に映える、シチリア観光のハイライトの一つです。パレルモからバスで約2時間半。「神殿の谷」 と呼ばれてはいますが実際は谷ではなく、地中海を一望する丘の中腹に、石造りのドーリア式神殿が見えてきます。この美しい都市に、最盛期には 30万人が住んでいたのだそうです。

Ancient greek Temple of Juno Agrigento Sicily Italy
~ユーノー・ラチニア(ヘラ)神殿~  
まずは、東端の高台にあるユーノー・ラチニア(ヘラ)神殿へ。ギリシャ最高神ゼウスの妻、ヘラに捧げられたとされる神殿です。基底部には、紀元前460年頃の建造当時に塗られていた白色のしっくい が残っています。

bigstock-Ancient-Greek-Temple-Of-Concor-39977671
~コンコルディア神殿~
  
コンコルディア神殿は、最も保存状態が良く、ほぼ完全な姿を留めています。平和や調和の女神、コンコルディアにちなんで名付けられました。中世以降は柱の間に壁を配し、教会として利用されて いたため、地震などで崩れることなく素晴らしい状態で残っています。夜になってライトアップされるその姿は一見の価値あり。思わず古代にタイムスリップしてしまいそうな美しさです。

bigstock-Remains-Of-An-Ancient-Greek-Te-39979414
~ヘラクレス神殿~ 
ヘラクレス神殿はこの谷で最も古く、紀元前520年頃の建造。シチリアの英雄ヘラクレスの名を冠し、8本の円柱が力強くたたずんでいます。ゼウス神殿は駐車場から入ってすぐに広がっている遺跡群。紀元前480頃に建造が始まりましたが、紀元前406年カルタゴの侵攻で破壊されてしまいました。現在は柱の一部だけが残り、神殿の 中央には男性像テラモーネのレプリカが置かれています。

本物は谷の付近にある考古学博物館に展示されています。西の端に建つカストルポリュデウケス(ディオスクリ)神殿。堂々たる4本の柱は、市の紋章にもなっているとか。崩壊が進んでしまったウルカヌス神殿、少し離れた場所にあるアスクレピオス神殿、以上七つの神殿をもって、アグリジェント神殿の谷は形成されています。この谷は、桜に似たアーモンドの花が咲くことでも有名。毎年2月上旬にはアーモンドの花祭りが開かれ、旧市街の広場で民族衣装を身にまとった人々が踊りながらパレードを繰り広げます。  by ST

【関連ツアー】
南イタリア周遊紀行7日間 ~南イタリアとシチリアの世界遺産を訪ねて~
【2015年5月13日発】南イタリアとシチリア周遊10日間

【関連記事】
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
チョコレートとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本
麗しのイタリア8日間周遊記 その① 「永遠の都 ローマを訪ねる」
麗しのイタリア8日間周遊記 その②  「青の洞窟とカプリ島を訪ねる」 
麗しのイタリア周遊記 その③ 「中世の町シエナとサンジミニャーノを訪ねる」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
南イタリアの世界遺産メルヘン調のアルベロベッロ

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.