スプリングフィールド

イリノイ州:リンカーンの第二の故郷・スプリングフィールドを訪ねて

アメリカにはスプリングフィールドと名のつく町がたくさんあります。その中でも、アメリカを語る上で欠かせないのは、イリノイ州スプリングフィールドではないでしょうか。
イリノイ州と言えばオバマ前大統領の地元・シカゴを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、州都は実はスプリングフィールド。リンカーンが大統領になるまでの約四半世紀を過ごした町として、リンカーンの第二の故郷ともいわれています。
そんな、リンカーンの街ともいえるスプリングフィールドは、街自体はコンパクトながら、リンカーンゆかりの歴史的建造物が多数残されていますので、今回はその一部をご紹介します。

springfield_1

 

Lincoln Home National Historic Site
リンカーンが実際に家族と暮らしていた家(写真)のほか、結婚式を挙げた建物や、周辺の家も残されています。

springfield_2
豊かな自然に囲まれた、とてものどかな場所です。

まずはビジターセンターに行きましょう。
リンカーンの家に入るにはこのビジターセンターで予約をする必要があります。(無料)

こちらがそのリンカーンの家

springfield_3
想像していたよりも小さめですが、当時使われていた家具なども一部残っています。
大統領選の際には街中大騒ぎで、多くの人々がこの自宅に集まったそう。

ツアーは英語での案内となりますが、ビジターセンターで多言語対応のiPadの貸し出しも行っているようです。

 

Old State Capitol State Historic Sitespringfield_4
旧イリノイ州議事堂は、リンカーンが大統領になるまで政治活動を行っていた場所。
大統領選への出馬表明をした場所としても有名です。
中は無料で自由に見学することができます。
本会議場に入ると、あのリンカーンハットが置いていあるのが目に入ると思います。
その席こそ、イリノイ州議員時代のリンカーンの席だったそうですよ。

ちなみに、この建物のすぐ向かい側にはリンカーンが大統領になる前に弁護士としてウィリアム・ハーンドンと共同経営していた弁護士事務所があります。
こちらも中を見学することができます。

 

Oak Ridge Cemetery
springfield_5
リンカーンの墓(白い塔)がある墓地。塔の中は観光客も入ることができ、写真撮影も可能です。

また、塔の前のリンカーンの顔の銅像の鼻を触ると幸運がもたらされるという言い伝えがあり、ご覧の通り、鼻の部分のみ金色に変色していました。

springfield_6
私も遠慮なしに、これでもか!というぐらいに触ってきました。
ご利益ありますように・・・。

 

Abraham Lincoln Presidential Library and Museum
今回はミュージアムのみ見学しました。
ケンタッキー州の丸太小屋で生まれてから大統領になるまで、そして大統領になってからその生涯を閉じるまでの二部構成になっています。
栄光と輝かしい功績ばかりが語られがちですが、その影にあったリンカーンの苦悩や批判的な世論なども、数々の展示、映像資料等々で如実に表現されており、かなり見ごたえがあります。
学校で習った“リンカーン”像とは少し違った別の側面を垣間見ることができるでしょう。

 

今回はシカゴからの日帰りでしたので、約5時間の滞在でざっとまわりましたが、他にもたくさんの見どころ・魅力があります。
リンカーンにまつわる書物では世界最大数を誇る大統領図書館、大統領就任時にワシントンDC行きの列車に乗車する前、スプリングフィールドに別れを告げた駅舎(リンカーン・デポ)、そして忘れてはならないスプリングフィールド名物のホースシューサンドイッチは、日本の食パンに似た「テキサストースト」の上に肉や野菜、フライドポテトをのせ、その上からチーズソースがたっぷりとかかった、見た目はサンドイッチ???ですが、味は絶品だそうです。

旅行はその土地の歴史・文化を学ぶ絶好の機会ですが、とりわけ今回はなるほど!!そうだったんだ!!!と、学びに満ちた訪問となりました。
今日のアメリカという大国の成り立ちに、リンカーンというひとりの人物がいかに大きな影響を与えたかということを考えると、今でもスプリングフィールドのみならず、アメリカ全体がリンカーンに対して特別な想いを抱く理由がわかります。

springfield_7

ちなみに今年はもう終わってしまいましたが、6月の初旬から8月の中旬頃まで『History Comes Alive』というプログラムが毎日実施されており、コスチュームに身を包んだパフォーマーやミュージシャンらが、街中の名所でリンカーンの一生と彼の生きた時代について教えてくれます。
あれ!?今すれ違った男性はリンカーン!?なんてこともあるかもしれませんね。

シカゴに行かれる際はぜひ1日時間を取って、スプリングフィールドにも足を伸ばしてみてください。小ぢんまりとした街ですが、大きな発見がたくさんあるはずです。

現在定期ツアーはありませんが、お手配は承っております。
ルックアメリカンツアー (212-424-0800、look@jtbusa.com) へお問い合わせください。

By Miu

【アクセス】
・シカゴ ダウンタウンから車で約3時間
・シカゴ Union StationからAmtrakで約3時間15~30分

 

【関連記事】
シカゴは建築の街 シカゴ川リバー・クルーズでシカゴ建築美を観光 
シカゴの見どころ「ジョン・ハンコック・センター」 全米第5位 
巨匠ライトの建築の世界を垣間見る。「フランク・ロイド・ライト邸」 
世界最大の室内水族館「シェッド水族館」&天文学博物館 
「モートンズ・ステーキハウス」シカゴ本店”Morton’s”
<シカゴに行ったらいかなきゃ損>ドッグハウス!?〜Portillos - Hot Dogs -

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.