この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

シアトルの美味しいドーナツ屋さん「トップ ポット ドーナツ」をご紹介!=Top Pot Doughnuts=

今回ご紹介するお店は、あのオバマ大統領も訪れたことがあり、熟練の職人さんが昔ながらの手法で、ひとつひとつのドーナツにも誇りを持って手作りしている、地元、シアトルで有名な「トップ ポット ドーナツ」です。さらに、私が心惹かれたのは、ここのドーナツはどれも悪玉コレステロールの素になる

“トランス脂肪酸有量がなんと!『0グラム』というじゃないですか。ということは、気兼ねすることなく、沢山食べれるということなんです。(笑)やはり、食べすぎは駄目か、、、。このお店のドーナツは市内のスーパーマーケットでも販売されていますが、折角なら!と、フラッグシップ店に行ってきました。さすが、おしゃれな建物です。 なんだか、高級ドーナツ屋さんを想像してしまいます。

Top Pot ブログ-003-s

住所は、2124 5th Avenue。 目印としては、Westin Seattle HotelからLake Unionに向き、モノレールに沿って5分ほど歩いたところ、

Top Pot ブログ-001-s

Hotel FIVEを過ぎたら1分ってところでしょうか。

Top Pot ブログ-002-s

目の前に看板がみえました。早速、お店に入ると両側には天井まで届くぐらいの本棚があり、

Top Pot ブログ-004-s

そこには本やT-シャツ、マグカップなどオリジナル・グッズが置かれてます。

Top Pot ブログ-006-s

Top Pot ブログ-007-s

ん~、なんだかプチ図書館のようです。 2階もあります。

Top Pot ブログ-009-s

本を読んだり、パソコンしたり、落ち着いて自由な時間を過ごせる空間を感じます。

Top Pot ブログ-010-s

のんびり過ごせる雰囲気がいいですね。 もちろん、店内では無料でWiFiが使えます。お店に入って正面のところにあるカウンターで注文します。

Top Pot ブログ-011-s

たくさんの種類のドーナツが並んでいます。

Top Pot ブログ-012-s

その横には、おいしそうなアイスクリームもありました。

Top Pot ブログ-013-s

何をオーダーしようかな? あれっ、値段が書いていない。まさか、この雰囲気から、1個$$$なんてことないですよね。「すいません、あのぉ、、、一番安いのは・・・?」と聞いてみると、$1.09~ですって。「では、一番高いのは・・・?」と聞くと$2.73でした。これは、本日の品揃えの中での値段ですからね。 ということで、少し安心して、「金に糸目はつけないので、店員さんのお勧めのものから、6個ほど見繕ってくれる?」なんて、一人でこんなに食べれもしないのに注文してしまいました。

Top Pot ブログ-015-s

 お店の方が選んでくれた中身はというと・・・この6種類で~す。根拠については深く追求しないでください。(笑)まずは、「Plain Cake」です。選ばれた理由は、見てのとおり、シンプルかつ一番安値ということでした。

Top Pot ブログ-016-s

次に、「Glazed Old Fashioned」です。 ここのお店の一番人気だそうです。

Top Pot ブログ-017-s

「Bavarian Crème Fined」中にはカスタード・クリームがタップリと入っていて、本日陳列されている中で、一番高額商品とのことでした。

Top Pot ブログ-018-s

 「Apple Fiter」 アップルにシナモンを加えたものです。実は、これも高額商品だったんです。

Top Pot ブログ-019-s

「Double Trouble」 これは、私の独断で選んだものです。

Top Pot ブログ-020-s

誰にも文句は言わせません。 ただ、チョコレートで包まれた美しさに心が惹かれただけです。 大トリは、やはりドーナツ界のカリスマ的存在 「Grazed Raised Ring」です。

Top Pot ブログ-021-s

さてと、肝心なドーナツのお味はというと、見た目はこってりアメリカン風の甘さと思えるのですが、口に入れると、まろやかに広がるやさしい甘さなんです。また、硬く見えるものも中の生地はフワッと柔らかく、想像を絶するほどのドーナツ美学です。褒めすぎかな?! でも、本当においしいです。店内にあるドーナツ工房です。 ガラス張りになっているので、外から見学ができます。

Top Pot ブログ-022-s

カウンターの中を覗いてみました。

Top Pot ブログ-024-s

コーヒーを買ったら、ここでお好みの味に仕立ててください。

Top Pot ブログ-025-s

お店を出る前に、レジの横に絵葉書が置いてあるので、無料で貰えます。

Top Pot ブログ-026-s

ここで、何か気付きませんか?そうです “12TH MAN” を掲げているんです。これの意味については、別のブログで取り上げてますので、まだご覧になられていない方は、確認してみてください。(SEATTLE SEAHAWKS スーパーボール優勝おめでとう! お疲れ様 “12th Man”)ワシントン州内に16店舗あり、ダラス州テキサスにも進出するそうです。

Top Pot ブログ-027-s

 シアトルへお越しの際は、是非、お試しください。

<<By Seattle J-Boy>>

シアトルへ行ってみたくなったでしょうか?

icon_tourinfo_5

【参照
DOWNTOWN SEATTLE FLAGSHIP CAFÉ
2124 5th Ave.
Seattle, WA 98121
206-728-1966
www.toppotdoughnuts.com
(サイト内の下の日本国旗をクリックすると日本語でも紹介してます。)

関連ツアー】
シアトル半日市内観光
シアトル・マリナーズ観戦ツアー (1階席)
セーフコ・フィールドツアー
ボーイング工場見学と航空博物館ツアー
シアトル 食べ歩きツアー
エレガントディナーと夜景ツアー
オリンピック国立公園観光
【シアトル発】バンクーバー1日観光
シアトルシティーパス ~6つ主要アトラクションに行けて9日間有効~

【関連記事】
1927年から続く日本庭園クボタ・ガーデン憩いの場所 Kubota Garden
世界遺産にも指定されたオリンピック国立公園の
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?国際人
シアトル『 The Crab Pot 』でワイルドな食べ方を楽しもう!

Comments are closed.