この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

~お客様体験談~ 『化石採集体験記』 - Ulrich’s Fossil Gallery

2012年の夏、ルックアメリカンのツアーにご参加いただいたお客様が、素敵な体験記を書いて弊社へ送っていただきました。ご家族との素敵な夏の思い出の一場面をご紹介いたします。

イエローストーン、マウントラッシュモア、グランドティトンと化石採集5日間
ご参加日: 2012年8月13日
お客様: YOKOTA様 ご家族
投稿者: YOKOTA KONOKA様 (9歳)

========================================================

私は、六千万年前の魚の化石をワイオミング州のUlrich’s Fossil Galleryでほりました。

この魚は、恐竜がぜつめつした後の時代に、に住んでいたそうです。最初に、化石をほる場所へ特別なトラックに乗って出発しました。私と友達のKちゃんが一しょに前の一つの席にすわって、シートベルトをしました。きゅうくつだったけど、ローラーコースターみたいで、楽しかったです。窓を開けていると砂 ぼこりが中に入ってきて、ゴホゴホしたので、運転手の人があわてて閉めてくれました。

トラックは、でこぼこで、急な、砂まみれの道を通って、山を登って行 きました。Yさんご夫妻とKちゃんのお父さんとお母さんはすぐ後ろのざ席で、父と母は、一番後ろで化石をほる道具と一しょにすわっていました。化石をほる場所に着くと、砂ばくみたいに強い風がふいていました。化石の見つけ方は、まず、太い板状の岩を切り出し、かなづちとブレード(かたい物差しのよ うなもの)でたたいて、割れ目を作ります。

その次に、割れ目の中にブレードを差し込んで、割れ目を大きくします。そのブレードのとなりに、もうひとつ別の ブレードをさし、岩が平たく割れるまで続け、割れた面に魚の化石があるかどうかを見るのです。

そのやり方で魚を探していると、すごく疲れるので、すでに割 れた岩や岩くずの中から魚の化石を拾うことにしました。その方が、もっと簡単に化石を見つけることが出来ました。岩の中には、たくさんの魚の化石があって、まるで魚の学校のようでした。小さい魚や大きい魚、真っ黒なものや、骨だけのものもありました。

ガイドのほりさんが、「これは、魚のうんちの化石だよ。うんちが見つかったら、魚の化石も近くにあるんだよ。」と教えてくれました。最後に、最初、トラックに乗った場所(ギャラリー)に戻ってきて、見つけた化石をきれいな長方形に切ってもらいました。それから、塩水で手を洗って、エアプレッシャーで砂ぼこりを落としました。

私は、「化石ほり」というすごい体験をしました。またいつか化石ほりをして、今度は、恐竜を見つけてみたいです。

 

[geo_mashup_map]

 

【関連ツアー】
国立公園内に宿泊! イエローストーンとグランドティトン 3日間
イエローストーン国立公園、マウントラッシュモア、グランドティトン5日間
【セルフドライブ・ホテルパッケージ】国立公園イエローストーン”を制覇 4日間
【セルフドライブ・ホテルパッケージ】マウントラッシュモアとイエローストーン 5日間

【関連記事】

世界遺産イエローストーン国立公園のホテルオールド・フェイスフル・イン
イエローストーン、グランドティトン完全制覇5日間に行ってきました!
世界遺産イエローストーン国立公園/キャニオンカントリー 
世界遺産イエローストーン国立公園/マンモスカントリー 
イエローストーン国立公園ガイザーカントリー 「オールドフェイスフル」
~お客様体験談~ 『グランド・ティートン国立公園体験記』 

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.