この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

歴史的建造物にも指定されているロサンゼルス・ユニオン・ステーション ~空港とは違う旅の情緒が感じられる駅~《ホップオンホップオフ観光バス=37番停留所》

ロサンゼルスのダウンタウンの北東部にあるユニオン駅は、National Register of Historic Place (歴史的史跡)にも指定されています。完成したのは1939年と比較的新しいですが、1900年代には各主要都市にユニオン駅が建設されて、今でも100以上のユニオン駅が健在です。

DSC_0346

中でも有名なのはワシントンDCのユニオン駅ですが、同じく歴史的史跡で1907年に建設されています。

DSC_0263

地方都市に行くと、町の真ん中に旧くて大きな荘厳な建物を見かけますがそれがユニオン駅であったりする事も良くありますね。100以上あるユニオン駅の3割近くがやはり歴史的史跡に指定されています。

DSC_0269

ロサンゼルスのユニオン駅はアムトラックの主要なターミナル駅南はサンディエゴ行き、北はサンフランシスコシアトル東はサンアントニオシカゴ行きのアムトラックが出ています。アムトラックの他にコミューター鉄道のメトロリンクメトロレールが乗り入れています。

DSC_0275

これはサンディエゴ行きのPacific Surfliner高さ4メートル以上もある巨大なディーゼル機関車です。

DSC_0301

写真を撮っていると運転席から、"Hey, Hey!" という声が・・・・・機関手のTimothyさん、横須賀米軍基地に駐留していたのだそうで、当時の楽しみは週に1日しかない休みの日に列車に乗る事だったのだそうです。

DSC_0303

出発まであと数分というのに、「このディーゼル・エンジンは3000馬力さ!、あっちのは少しでかくて4000馬力、今はエンジンはGEからキャタピラになってしまったんだ。今度会ったら、必ず乗せてあげるから、、」と話が止らない様子でした。

DSC_0311

ワシントンDCのユニオン駅やボストンのサウス駅と較べるとかなり小ぶりでホームの廻りも日本のようにKioskも無く殺風景ですが、出発の前の風景はどこも同じです。

DSC_0289

アラメダ通りに面する正面の入り口と違って、東口の入り口はモダンな造りになっています。

DSC_0290

飛行機での旅行が当たり前になっているアメリカですが、まだまだ近郊には鉄道を利用する方は多いんですね。

DSC_0313

時間との勝負のせいか、またはこれから窮屈な席で空を飛んでいくんだという緊張感のためかなんとなくセカセカした感じのある空港とは全く違う雰囲気の待合ロビーは、旅行の情緒のある無しでいえば、駅の方が間違いなくあります。

DSC_0286

もちろん駅弁はありませんが、飛行機と違って座席もゆったりとして、家族や仲間で行けばテーブルを挟んで向かい合って座れてゲームもできる。。。 時間が許せばですが。Amtrakでぶらっと出かけて見てはいかがでしょうか?

【参照サイト】
Los Angeles Union Station
800 North Alameda St.
Los Angeles, CA 9001
http://www.amtrakcalifornia.com/

関連ツアー】
アムトラック・チケット/ロサンゼルス駅<>サンディエゴ・ダウンタウン駅(片道)
アムトラック・チケット/ロサンゼルス駅<>シアトル駅(片道)
「鉄道の旅」コーストスターライト号で行く2日間【寝台車】

【関連記事】
アムトラック格安チケット ロサンゼルス/シアトル ロサンゼルス/サンディエゴ
アムトラック・カリフォルニア・ゼファー号でロッキー山脈を越える!
アムトラックでぷらっと行く!ニューヨーク~ワシントン~ボストンは格安チケットで

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.