ニューヨーク

全米オープンテニスが開幕しました ~!  ニューヨークの夏の終わりの風物詩 ~

毎年8月の最終月曜日に始まるテニスの全米オープンは、ニューヨークの夏の終わりの風物詩。

USopen_01_1

日曜日、ひと足先に、会場のFlushing Meadowsで行われた公開練習に行ってきました。大会の開幕前の週、選手たちの練習風景を無料で見ることができるのです。リラックスしてのぞむ選手、本番さながらの壮絶な打ち合いなど、コートによって様々。

USopen_02_2

全く宣伝されてないのに、朝10時前には熱心なテニスファンが大勢つめかけていて、日本人の姿も多くてびっくり。

憧れの選手のプレーを間近で見たりサインをもらったりできるお得なイベント、皆さんよくご存知なのですね。

USopen_03_1

会場に入って、まずは奥のほうにあるコートP1とP2 へ。

USopen_04_1

有名選手が練習中です。リターンの練習では、パワフルな男性のサーブをパワフルに打ち返していました。

USopen_06_1

続いてコート17へ移動。

白髪混じりの叔父さんが現れ、皆が一斉に写真を撮り始めました。

USopen_08_1

この方は有名選手の叔父で名コーチ。終始笑顔でファンとの記念撮影に応じたり、ファンをとても大切にしている感じでした。

そして15分後に「待たせたな」という感じで、誰もが知るあの選手が登場。

USopen_09_1

初めは軽く流している感じでしたが、だんだん力がはいってきます。TVで見るよりずっと大きくたくましく見えました。かっこよかった。

 

全米オープンテニスが行われるのは、マンハッタンの川を渡って東北にあるクィーンズのフラッシング地区コロナパークの中に会場があります地下鉄7番線で約30分のMets-Willett駅につくと、北側に大リーグ ニューヨークメッツの本拠地シティフィールド、南側に会場があります。会場にはメインのアーサーアッシュスタジアムビリージーンキングスタジアムなど主要な試合が行われる立派なコートから、平面にある17面のコートで熱戦が繰り広げられています。ぜひ、ニューヨークの夏の風物詩、お見逃しなく!!

 

☆観戦チケットの手配はこちらから↓☆
【観戦チケット手配】全米オープンテニス観戦チケット

 

PS. 会場にはフードコートやカフェがあって、食べ物の種類もインターナショナルに充実しています。テニスラケットのような名物ワッフルポテト、ご賞味ください。

USopen_12_1

USopen_13_1

by Ray

Flushing Meadows Corona Park
https://www.nycgovparks.org/parks/flushing-meadows-corona-park

 

【関連記事】
アボカドトースト「Bluestone Lane Collective Cafe」でおいしい朝食を!
・ダウンタウンとハドソンリバーを一望できるルーフトップバー「Le Bain」
・ロウアーマンハッタンの新スポット フレンチフードマーケット「Le District」
・日曜日はマンハッタンの風に吹かれながらブランチクルーズはいかが?
・マンハッタンのど真ん中 意外に楽しめる観光スポット ニューヨーク図書館
・ニューヨーク 911 Memorial Museum 「911メモリアルミュージアム」
・ホイットニー美術館がお引越ししました!Whitney Museum of American Art
・「ニューヨーク夜景三昧」マンハッタンの極めつけの夜景を楽しむ!
【ニューヨーク観光名所人気ランキング】はこちら!

looktour
Follow me

looktour

ルックアメリカンツアーのニューヨーク在住スタッフ。ニューヨークの旬ネタやグルメレポートなど「ニューヨークの今」をお届けいたします。旅のお役立ち情報も満載。
looktour
Follow me

Comments are closed.