この記事は1年以上前に掲載されたものです。現在は内容が異なる場合がありますのでご容赦ください。

旅のエスプリ

繁盛している旅館をある日突然廃業そして10室しかないお宿にしてしまったのは何故? 山中温泉かよう亭

目からウロコのトラベル・コラム「旅のエスプリ」

旅のエスプリ Vol. 39

繁盛している旅館をある日突然廃業、そして10室しかないお宿にしてしまったのは何故? 山中温泉かよう亭

日本には大小合わせて約45,000軒の旅館があるそうです。その中でたった10部屋しかなく、また一度も宣伝をせずに何時の間にか日本一の朝食と評判になり、アメリカのガイドブックで「Japan’s 4 Best Ryokan」と紹介されました。国内ばかりでなく海外からの客足も絶えないこのお宿は、松尾芭蕉が愛した事で知られる石川県山中温泉の「かよう亭」です。ではどうしてそれ程に評判となったのでしょう。

山中温泉 かよう亭

山中温泉 かよう亭

理由は今から40年前に遡ります。先代の創った旅館は経済成長の波に乗り増築を繰り返し50室あまりの旅館となっていました。1973年、現社長の上口昌徳さんはその温泉旅館を先代の留守中に唐突に休業、廃業という無謀な計画を断行します。父との激しい争いの後、諦めた父から実権を渡され4年後に水のせせらぎと緑いっぱいの山間に10室の「かよう亭」を造り上げます。当然、銀行からは時代逆行と見放され以後10年間苦難な道を歩みます。

敢えてこの苦難な道を選んだ所以は何だったのでしょう?

それは「風景」「風土」という言葉の意味の深さと大切を知った事が総てですと、そして理論家でも無い私がその大切さを伝えようとすれば、身をもって体験し続けてきたことを通して伝える以外になかった。だから「自然」「風景」「風土」に限りなく畏敬の念をもって造り上げた小さな「かよう亭」物語から始めたのです、、と。83才になられる上口さんは教えてくれます。上口さんは今でもラウンジでお客様と語らい、そしてどんなに朝早くてもお客様のお見送りをされています。

かよう亭 ラウンジ古今サロン

かよう亭 ラウンジ古今サロン

日本の「風景」「風土」の大切さをドイツの建築家に教えられる

上口さんはどんなきっかけで「風景」「風土」という言葉の意味と、大切さを知ったのでしょう? 東京での学業を終え古里に戻り、父の旅館の増築に従事していた中で手にした1冊の本で目覚めたのだそうです。それはドイツの建築家ブルーノ・タウト「日本の美の再発見」という本でした。桂離宮、伊勢神宮や飛騨白川郷の農家の日本建築に「最大の単純の中の最大の芸術」の典型を見出し、日本の伝統建築を通じで日本文化の深奥を綴ったものです。

四季の移ろいがあまりにも鮮やかな日本では自然を愛し、限りなく畏敬の念を抱かればこそ「風景」という一語は生き続ける。「風」を冠した「風情」「風格」「風物詩」等々、不思議に耳に心地よく心和ませてくれる言葉、それは自然を愛でる心の強い日本であることの証だろう、そして多くの人達から与えられた「風景」「風土」への畏敬の念の啓示によって今日の心身の充実した日々があるのです、と。

かよう亭 お部屋のベランダの露天風呂

かよう亭 お部屋のベランダの露天風呂

このコンセプトだけでも世界中から訪れる理由がわかりますね。でも「かよう亭」の魅力はそれだけではありません。上口さんは当時の旅館の常識だったあまりにも空しい全国一律の似非懐石料理に決別します。可能な限り地場の素材を使い、自分達が選んだ地の器に盛って、一品一品を温かく、あるいは冷たいまま、朝は好きな時間に起きていただき、熱いだしまき卵、地の岩海苔、野の幸、山の幸を召し上がっていただきたいと。

そしてその思いがさらに進化し、日本一の朝食と言われるまでになったのです。他界された料理長、石政進氏との共著である「日本の宿 かよう亭の料理」という本は絶版になってしまいましたが、今でも料理人の間では貴重な調理本として珍重されています。

上口昌徳さんと料理長だった石政進さん共著の「かよう亭の料理」

上口昌徳さんと料理長だった
石政進さん共著の「かよう亭の料理」

旅館は地元の伝統、工芸のショーケースであるべきというコンセプト

かよう亭の夜の一時を演出する和風ラウンジには、黄金色に鈍い光を放つワイングラスが置かれています。まるで箸のように軽いこのワイングラスは、地元の著名な木地師、佐竹康宏さんがろくろで欅の木で造り上げたものです。その得も知れぬ美しい木目、唇が触れた時の感触、ワインの香りをふわっと包み込む形は、千年の歴史と伝統を持つ職人芸のなせる技です。

佐竹康宏さんのギャラリーに展示されたワイングラス

佐竹康宏さんのギャラリーに展示されたワイングラス

佐竹康宏さんの工房やご自宅にあるギャラリーには「かよう亭」に宿泊すると訪問する事ができます。外国のお客様の中には1日中ギャラリーで過ごされた方もいらしたとか。これは「旅館というものは、その土地の職人が代々綿々と受け継いだ伝統のショーケースでなくてはならない」という上口さんのコンセプトを表しています。

かよう亭ではの至るところに地元の職人達の作品がさりげなく展示され、また毎日使用されているのです。もちろん地元の食材もふんだんに使われています。合鴨農法による無農薬の米、地鶏の卵、白山の清流水で作る豆腐、アルカリ水と地元の粉で作る和菓子、4代目が醸造する醤油、240年続く14代目が醸造するお酒等々が食卓を飾ってくれます。

「日本の宿はその地の文化紹介の場であるべきです。ホッと、人間としての我が身に甦って明日に生きる活力に溢れる、そんな宿でありたいのです。また、宿は人々の心の交わりの場でなくてはならないはず。旅人とおもてなしをする者の温かくて真摯な心が交わって知恵が深まる場でもあるのです。そして人々が無くしつつある自然と人との共存を願う良心の場でもありたい」

と、上口さんは著書の中で述べられています。

日本一の朝食と評されている、かよう亭の朝食

日本一の朝食と評されている、かよう亭の朝食

かよう亭を後にする時、自分の中の何かが変化したことを感じるはずです。かよう亭が五感をリフレッシュさせてくれたのでしょう。「夢は夢と思う人には、夢は夢」と、上口さんは見送ってくれました。北陸新幹線の開通でより身近になった北陸地方、出かけてみてはいかがですか?

【関連記事:旅のエスプリ】
米国本土を爆撃した唯一の日本兵がレーガン大統領から星条旗を寄贈された理由
クレージーホースに魅せられたケビン・コスナー ダンス・ウィズ・ウルブスを製作
ロダンの誘いを断った彫塑家、川村吾蔵とは?
ルーズベルト大統領はアメリカ人で初の柔術茶帯取得者だった
神の化身に征服されたアステカのチョコレート王
砂漠のカジノタウン「ラスベガス」に君臨した3人の帝王とは?
これは地上に描いた星座なのだろうか?超弩級の不思議「ナスカの地上絵」
マチュピチュの朝日を見る前に死ぬわけにはいかない。インカ帝国の秘密都市?
全盛時、数十の媒体を傘下に収めた新聞王ハーストの夢の城とは?
孫の身代金を値切った石油王とは? ギネスブック認定「世界で最も裕福な人」
古代ローマ都市ポンペイ 遺跡に残されたメッセージとは?
日本人移民一世は正義と権利獲得のために闘っていた!
19世紀後期に中世の城ノイシュヴァンシュタインを建設 騎士伝説とワーグナー
チョコとお蚕がつないだ日伊の縁 イタリア使節が見た幕末の日本とは?
国交樹立150周年 日本とスイスの意外な共通点とは?
黒船来航の目的は捕鯨のための開国?アメリカのアラスカ購入の陰に日本
杉原千畝の命のビザ ユダヤ難民の日本経由欧州脱出劇 その陰にJTBの尽力
国際的日本料理シェフ、松久信幸と彼から巣立った成功者たち"NOBU HOTEL"
イランに取り残された絶対絶命の日本人216名を救出したのは、トルコの恩返し!
駐日大使だけじゃない、ケネディ家と日本の縁 昨日の敵は今日の友
リンカーン大統領に会った唯一の日本人 アメリカ人として幕末の日本に帰国
911の標的、WTCは日系人がつくった? 人種差別と闘いながら夢叶える
観光だけじゃない、ハワイと日本の深い縁 ハワイ王室と日本皇室の政略結婚?
アメリカ人に愛された日本人金メダリスト”硫黄島で投降を呼びかけられるも戦死
カリフォルニアのワイン王は薩摩の侍? 13歳で海を渡り、偽名のまま生涯を過ごす
本物のロンドンブリッジはどこにある? 世界最大の骨董品、コロラド川へ
運慶とミケランジェロ、その意外な共通点 「大理石の中の天使を自由にする」
策士・マッカーサーとミズーリ号艦上の降伏文書調印式 マイクロマネージメント
NYセントパトリック教会に響いた君が代は誰のため? 日本人化学者と南部令嬢
CIA, KGBも興味を示した古代インカの情報システム?遺跡に魅せられた日本人
レオナルド・ダ・ビンチはナポリタンを食べたのか トマトのルーツはペルーだった
ブルックリン・ブリッジ建設の陰に日本のプリンス?ラトガースに学んだ幕末の獅子
ペリー提督の末裔のワイナリーは? カリフォルニアワインと「パリスの審判」
150年前米女性を熱狂させた日本人男性アイドル?「侍を一目見よう」NYで大歓迎
日本人留学生第一号はやはり、あの人!そしてその人はフリーメイソンだったのか?
アメリカとイギリスに上陸した日本人第一号とは?万次郎の先を行っていた国際人
サムライ達がメキシコで集団洗礼を受けた?ヨーロッパへの中継点でキリスト教徒に
日本とスペインの縁をつないだのが独眼流!「日西交流の歴史今年で400周年」

関 克久

関 克久

Sales & Marketing Div., GM at JTB USA Inc.,
旅行のプロデュースに携わって30年。趣味は写真。「百聞は一旅に如かず」旅に出て初めてわかるのは、実は故郷の良さなのかも知れません。旅は百薬の長がモットーです。
関 克久

Comments are closed.